ホーム  >  トコトン楽しむ欲張り旅《タイ》  >  初めてのタイ

初めてのタイ 女子旅バンコク編 タイ エキスパート 清水千佳 が初めてのタイを訪れる女子旅をテーマに企画した魅力満載の体験スタイルツアー

清水千佳が企画する女子旅はココが違う!

観光 3大寺院観光初めてのタイの旅。絶対に外せない観光スポットを巡ります!現地プロカメラマンが同行してきれいな思い出の写真を撮影します。

王宮・エメラルド寺院(ワットプラケオ)

「ここを訪れずしてタイは語れない!」と言っても過言ではないほど、タイ観光の最重要スポット!1784年、ラーマ1世がバンコクに都を定めた現在の王朝であるラタナコシン王朝を築いた際、国王が住む王宮と国家の行事を取り行うための施設として建てられました。

王宮の敷地内、ワットプラケオという寺院の本尊に安置されている美しい仏像は、この寺院最大の見どころです。

イメージ

涅槃仏寺(ワット・ポー)イメージ

タイ古式マッサージの総本山としても知られ、
境内でマッサージを受けることもできます。

バンコク最古の歴史を持つ寺院、ワット・ポー(涅槃仏寺)。巨大な涅槃仏が横たわっていることでも有名ですが、ワット・ポーの魅力はこの涅槃仏以外にも、タイ国内でも指折りの美しく厳かな本尊の仏像も必見です。

イメージ

暁の寺(ワット・アルン)

三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台になったことで知られています。チャオプラヤー川沿いにそびえたつ寺院はバンコクを象徴する風景。チャオプラヤー川を渡し船で渡り、そんな風景の中に身をおいてみませんか?

イメージ

バンコク最新のショッピングを攻略バンコクは低価格で可愛い小物から、クオリティーの高いハイセンスなものまで、好みや予算に応じて選択肢が多く、嬉しいショッピングが楽しめます。

イメージ

セントラル・ワールド・プラザ

伊勢丹バンコク店やZENデパート、センタラグランドホテルの他、バンコクコンベンションセンターなどが併設。セントラル・ワールド前の広場では時々イベントが開催されます。

ジムトンプソンアウトレット

タイが誇る、お土産人気No,1のタイシルク。そのハイエンドブランド「ジムトンプソン」のアウトレット。あこがれのジムトンプソンのタイシルク製品をお安く購入できる、嬉しすぎるスポットです。

イメージ
イメージ

サイアムパラゴン

有名ブランドや身近なブランドまで、品揃えは日本のデパート並み!また、お土産に買いたいタイ雑貨やタイブランドショップも充実しています。

アジアティークザ・リバーフロント

今タイで一番「アツい!」と言われる話題のスポット。巨大ナイトマーケットから、老舗ニューハーフショーの「カリプソ・キャバレー」、地元タイ人にも人気のレストランの数々を、一気に堪能できるアジアティークは、訪れないと絶対損!

イメージ

バンコク最新のショッピングを攻略タイでの楽しみのひとつ、グルメ。本場タイで食べるならどこで食べたら良いものか…。そんなあなたにおススメの、とっておきタイグルメへご案内します。

タイ人ならみんな知っているあのタイスキ!

タイ国内で一番店舗数の多いタイスキチェーン店「MKゴールド」。外国人向けのタイスキ店がよく日本で紹介されていますが、ここはまさに「地元のタイ人が愛するタイスキ」。

ロイヤルレシピのグリーンカレー

「タイカレーを食べるならこの店に行っておかなければ損!」と言っても過言ではないほど、絶品カレーの食べられる名店です。元王室シェフ達が腕を振るう、丁寧な作りで独特の甘みと辛さのハーモニーが堪能できます。

イメージ

タイ人も行列を作る、シーフードレストラン

イメージ

ソートンレストランは見た目も雰囲気も庶民的でレストランというより食堂そのもの。雰囲気は高級ではありませんが、店の前で炭火で豪快に焼いてくれる海老や貝、カニは新鮮で、身もプリプリ。

イメージ

願いを叶える?!パワースポット巡り

タイのパワースポットの効果は抜群!世界各国から人が集まります。有名スポットや、
恋愛成就向けのスポットなど、タイには様々なパワースポットがあります。

タイ随一のパワースポット、霊験あらたかなエラワン祠(プーム)。タイ人のみならず、世界各国から願い事を叶えるためにやってきた参拝者たちでいつも賑わっています。

イメージ

恋愛成就の祠

プラ・トリムーラティの祠。木曜日の午後9時にバラの花輪、赤い線香とロウソクを持ってお祈りをしに行くと、恋が成就すると言われています。

イメージ

平べったい黄金の大仏

燦然と光り輝く巨大な大仏。昼もその輝きは変わりません。仏像の足下には、常に献花が絶えず、境内には瞑想用の建物があります。

イメージ
タイエキスパート
プロフィール 清水千佳

大学時代から年に数カ月はタイに滞在し、卒業後はタイで就職。その後、帰国し大学院でタイの研究を行い、今はタイの旅に関するライター、タイ語通訳、タイ語講師、雑誌やテレビの取材コーディネート、企画を行う。現在は日本とタイを行き来して、現地でのタイ人ネットワークを活かしタイの基本情報から最新情報、旅で使えるタイ語など幅広く「旬なタイ」を発信中!

※掲載写真はすべてイメージとなります。

ページトップへ