ホーム  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   2013   >   6月

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Jun. 24

『初めてのカフェ』

Post on 2013年6月24日 カテゴリー: 未分類

バンコクの駐妻チョンプーです。

 

タイのコーヒーは濃い。

 

バンコクで初めて飲んだお店のコーヒーは、「げほっっっ」と、むせるくらい濃厚だった。

 

今でこそ、某有名コーヒーチェーン店以外にもおシャレなカフェはたくさんあるけれど、

 

来タイ間もない頃は「普通の濃さのコーヒー」を探すのが至難の業。

 

今日こそは、明日こそは…と運ばれたカップを前にコーヒー色を見つめるのが常だった。

 

 

<カフェ・ド・ノラシン> タイ人経営の初めてのカフェができたのは1922年。

 

時はラーマ6世の時代。「舶来の~」という言葉がぴったりだった頃が始まり。場所を変え、

 

時を超え、一時閉店を乗り越えて復活したのが元宮殿の敷地内。

 

 

初めからカフェ狙いで行ったのに、たまたま郊外学習で来ていた大人数の学生さんに交じって

 

元宮殿パヤタイ・パレス内をひとしきり見学。

 

やっとたどり着いたカフェで、ちょこっと休憩のつもりが軽食ランチ。もともと座席数が少ない

 

から座れたらラッキー!…とばかりに長居する人もちらほら。

 

古き良き時代が香る室内で、ゆったり楽しむコーヒータイム。せっかくなら、この良心的な

 

価格のままで、もう少しおシャレメニューになってくれたら…と願うのは、単なる庶民の

 

わがままか。色、艶、肝心のコーヒーのお味はさて如何に。

 

 

 

 

 

 

Café de Norasingha@Phayathai Palace

315 Rachawithi Rd., Ratchatewi

Tel:0-2354-8376   月-金:8:30~19:00/ 土日:10:30~19:00

(行き方)

BTSビクトリーモニュメント駅より徒歩10分強(駅からのスカイウォーク+10分)。

Phramongkutkutlao病院敷地内にパヤタイ・パレスがあり、その正面玄関前がカフェ。

敷地内はかなり広いため、手前の病院側から入ってしまうとわかりにくい恐れあり。

パレスの建物を目指す方が辿りつける。

ページトップへ