ホーム  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   2013   >   1月

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Jan. 28

『都会で憩う@ bacc 』

Post on 2013年1月28日 カテゴリー: 現地情報, 現地特派員

 タイ駐妻 ことチョンプーです。

さまざまな国籍の人たちが行き交う街、バンコク。色んな言葉と音があちこちから耳に飛び込んでくる日々は賑やかで慌ただしい。

そんな中、一息つきたくてやって来るのがここ、バンコク芸術文化センター(通称 bacc )。

 

2009年頃にオープンした現代アートの美術館は、地下2階、地上9階建て。

周りの建物に比べれば広告も宣伝もないそっけない外観に、「はて、何が?」という気がしなくもないのだけれど、入って「あら!」な驚きがちらり。時おり玄関前に広がるアートに度肝を抜かれることもあって、それはその時々のお楽しみ。

 

 

一旦この空間にすっぽり入ってしまえば、思いがけないほど明るい静けさにホッとできます。

 

タイの現代アーティストの作品からベテランに限らず、多彩な展示がいくつも同時になされているので、いつ行っても何かしらに出会える仕組み。真ん中に大きく開いた吹き抜けに沿って上へ上へと登りながら、スロープの壁にも展示。途中階にショップや小さなストールや似顔絵描き。

 

どこから入っても、眺めてもアートな空間がそこらじゅうに広がる楽しさ。

現代アートはわかりづらいと言うけれど、難しいことをいちいち考えなくても、何となく気に

なったものを、ふらりと来てただ眺める。その気軽さが心地よい。

 

 

都会の真ん中で、しばし心を落ち着ける。軌道修正が済んだら、活気溢れる街へ出てゆこう。

 

Bangkok Art and Culture Centre (bacc)    http://www.bacc.or.th

939 Rama1 Rd.,    10:00~21:00(月休み) 入場無料  Tel: 02-214-6630~8 

BTSナショナルスタジアム駅からスカイウォークで直結の入り口あり(MBK向かい)

 

◇現在bacc 9Fにて「Camera in Motion: a Global Perspective」開催中(~2/3まで)。

王さまの次女シリントーン王女の写真展。公務で訪れた合間に撮影された国内外の写真の数々に

やさしいまなざし、興味、驚き、視点の面白さなどが感じられます。

Jan. 16

味キャラ・味シーン大集合! in Bangkok

Post on 2013年1月16日 カテゴリー: 旅作家 とまこ

 

バンコクをおさんぽしてると、

あっちこっちに目がとまって、なかなか前に進めません。

なんかいい、なんかヘン、なんか好き!

味なもの・味なシーンにわんさか出会えてゆかいです。

だからやめられないんです〜、バンコクうろうろグセ。

 

ココロにささった、コクのある

ものやシーンの一部をご紹介いたします♪

 

 

おなじみ、トゥクトゥクの座席。

いかにも『VIP』じゃない、おちゃらけた色使いや

書きっぷりに、ココロ魅かれます。

 

同じくトゥクトゥク。泥よけかわいー!

ナンバープレートもかわいー! コレクションしたいです。

 

 

 

床屋さんのぐるぐる看板。

レトロでやんちゃな髪型に仕上がりそうです。

 

 

 

こんな感じ? 中途半端にレトロでやんちゃです。

 

 

ファンキー! 強烈な日差しを背負って、

なんか絵になるじゃありませんか。

 

 

ATMもファンキー。ていうか、

新手のピンク商売かと思いました。

 

 

 

 

よく、わかったよ。

 

 

はまりの悪そうな鍵ですねぇ。

 

 

レスキュー隊兼任?の本屋さん。

なんでこの絵になっちゃったのでしょう。。

 

うふ。この人見たら、なんか救われました。

 

祠は、道ばたにおもむろにあります。

ゾウ、りりしいお顔で。頼もしいです。

 

 

ひどい猿です。

即買いです。

 

 

ブリキ鴨。つぶらな瞳がたまりません。

えさあげたい、待っててね。

 

 

もしゃもしゃのレトロ犬猫ねじ式おもちゃ。

電池は入ってたけど、ピクリともしませんでした。

売り物だけどね。

 

 

 

パンダはやっぱり世界の人気者〜かわいい♪

お弁当に持って行きたいです。

この際、まずくてもいいです。

 

 

にこにこドーナッツ。 暑い中持ち歩いたら、

顔がどろどろになってて、食べる気失せました。

 

 

とぼけ顔がたまりません。

味は砂糖ばっかりです。

 

 

人よさげなげな顔がたまりません。

「あなたってイイ人(クマ)だよね〜」って

言われて終わるタイプと見ました。切ないね。

 

 

「あなたってイイ人(ブタ)だよね〜」って……以下同文。

 

チューブのお豆腐。この富士山型のワッペンがほしい!

ていうか、『チェリ食品』のチェリって一体……?

 

 

豆腐はこの入れ物がデフォルトですね。

イラストがリアリティのある若奥様。なんで? 

 

 

なんで看護婦さん? 確信犯ですよね? 

ちなみに、コレ系のお豆腐の味は化学です。

 

 

リアルな微笑みカニがキャラ、、、

日本ではありえなそうです。

 

 

小麦粉袋、ぐっときます。バックに仕立てたいです。 

白い粉だから、白鳥ですよね。

 

こちらの小麦粉は、なんでタコキャラ?

なんで少女マンガ的な瞳?

 

このシーンごと、ノートのカバーにしたいです♪

かわいー!

 

 

 

「まのぶ」って意味不明だし、「

あまい」ってうれしくないです。

 

だから、「ぴょりく」ってなんですか?

 

 

あの〜、『ミツバチハッチ』さんでしょうか。

おかまちゃんっぽいのは、このお国ならではでイイですね。

 

ちくび! 仮面! 細目! ヘンなポーズー! 

意味深っぽい意味不明っぷりも、このお国らしくて?イイいですね。

 

 

そして、化学色いちごジュースと、

化学色お花スタイルの、ジュース売りのおばちゃん。

あっけらかんとしたこのお国っぽくてイイですね、好きです!

 

 

以上、バンコクの「コク」でした♪

ページトップへ