ホーム  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   2013   >   1月

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Jan. 29

バンコクの注目ナイトスポット「アジアティーク ザ リバーフロント」

Post on 2013年1月29日 カテゴリー: ツアー情報, 清水千佳

サワッディー・カァ!タイ・コンシェルジュの清水千佳です。

今回は今バンコクで一番アツい!と言われているグルメ&ショッピング&エンタメスポット「アジアティーク ザ リバーフロント」のご紹介です!

ちなみに、清水千佳がプロデュースさせていただいたツアー「初めてのタイ~女子旅バンコク編」でもツアースケジュールの中にここを訪れる予定となっています!
http://etabi.nissin-trvl.jp/featured/thailand/expert/

 

一昔前(7~8年くらい前)まで”マーケットでショッピング”と言えば週末にバンコク郊外にあるウィークエンドマーケット(タイ語名:チャトゥチャック)が主流でした(もちろん今でも観光客にもタイ人にも人気スポットですが)。

 

それが数年前にルンピニ公園とルンピニボクシングスタジアムの間に「スワンルム・ナイトバザール」という巨大ナイトマーケットが出来て、週末ウィークエンドマーケットに行けなかった人も、いつでもお安く可愛いアイテムのショッピングができるようになりました。

 

バンコク観光スポットの定番となっていたスワンルムナイバザールのエリアが再開発により閉鎖→移転となり・・・。その後、移転となった新しいナイトバザールはアクセスもよくなく、イマイチ盛り上がりにかける・・・と言われ、観光客の夜のお楽しみ(健全な方ですよw)スポットが無くなってしまった状態でした。

 

そんな時にスワンルム・ナイトバザールを越える規模と楽しさ!と鳴り物入りでオープンしたのが

アジアティーク ザ リバーフロント
Asiatique The Riverfront

バンコクの中心を流れるチャオプラヤ川沿いに巨大な敷地を有し、スワンルムナイトバザールにあったような安くて可愛いアイテムが売られているショップが建ち並ぶマーケットから、伝統人形劇「ジョー・ルイス・シアター」やバンコク市内から移転してきた老舗ニューハーフキャバレーショー「カリプソ」、更に施設内には50店舗近くもの飲食店も。その前評判に勝るとも劣らない、グルメ、ショッピング、エンタメのすべてが楽しめるバンコクの超ホットスポットとなったのでした。

 

場所はチャオプラヤー川沿い。BTSサパーンタクシン駅から「アジアティーク ザ リバーフロント」専用の無料シャトルボートが出ています(運行間隔は30分に一本。所要時間はは約10分)。タクシーやトゥクトゥクでのアクセスも可能。

バンコクを訪れたなら、からなず一度はここを訪れないと損!絶対に損!と断言できるくらい「バンコクでの楽しみ」がぎゅーーーっと凝縮されたスポットです。是非、足を運んでくださいね!

【DATA】
アジアティーク ザ リバーフロント
住所:2194 Charoenkrung Rd., Wat Prayakai, Bangkoleam, Bangkok, 10120
TEL:02-108-4488
営業時間:16:00 – 24:00
http://www.asiatiquethailand.com/en/index.php

Jan. 28

『都会で憩う@ bacc 』

Post on 2013年1月28日 カテゴリー: 現地情報, 現地特派員

 タイ駐妻 ことチョンプーです。

さまざまな国籍の人たちが行き交う街、バンコク。色んな言葉と音があちこちから耳に飛び込んでくる日々は賑やかで慌ただしい。

そんな中、一息つきたくてやって来るのがここ、バンコク芸術文化センター(通称 bacc )。

 

2009年頃にオープンした現代アートの美術館は、地下2階、地上9階建て。

周りの建物に比べれば広告も宣伝もないそっけない外観に、「はて、何が?」という気がしなくもないのだけれど、入って「あら!」な驚きがちらり。時おり玄関前に広がるアートに度肝を抜かれることもあって、それはその時々のお楽しみ。

 

 

一旦この空間にすっぽり入ってしまえば、思いがけないほど明るい静けさにホッとできます。

 

タイの現代アーティストの作品からベテランに限らず、多彩な展示がいくつも同時になされているので、いつ行っても何かしらに出会える仕組み。真ん中に大きく開いた吹き抜けに沿って上へ上へと登りながら、スロープの壁にも展示。途中階にショップや小さなストールや似顔絵描き。

 

どこから入っても、眺めてもアートな空間がそこらじゅうに広がる楽しさ。

現代アートはわかりづらいと言うけれど、難しいことをいちいち考えなくても、何となく気に

なったものを、ふらりと来てただ眺める。その気軽さが心地よい。

 

 

都会の真ん中で、しばし心を落ち着ける。軌道修正が済んだら、活気溢れる街へ出てゆこう。

 

Bangkok Art and Culture Centre (bacc)    http://www.bacc.or.th

939 Rama1 Rd.,    10:00~21:00(月休み) 入場無料  Tel: 02-214-6630~8 

BTSナショナルスタジアム駅からスカイウォークで直結の入り口あり(MBK向かい)

 

◇現在bacc 9Fにて「Camera in Motion: a Global Perspective」開催中(~2/3まで)。

王さまの次女シリントーン王女の写真展。公務で訪れた合間に撮影された国内外の写真の数々に

やさしいまなざし、興味、驚き、視点の面白さなどが感じられます。

Jan. 22

いざという時に駆け込みたい!日本語の通じる病院

Post on 2013年1月22日 カテゴリー: 清水千佳

 

サワッディー・カァ!

タイ・コンシェルジュの清水千佳です。新年早々、個人的な話で恐縮なのですが…1月上旬に二人目の子どもを出産しました。

私は二人共日本で出産しているのですが、機会とタイミングがあえばタイで一度は出産してみたかったなぁというのがホンネ。

私の周りではタイ滞在中(駐在員のご家族や、仕事、結婚などでタイにいる日本人女性)に妊娠して、出産をしたという女性が多く、タイの病院での出産事情についていろいろと話を聞く機会も多いのです。

【サミテベート・スクンビット病院】
中でもバンコク在住の日本人女性の半数以上(いや、もしかして8割くらい?!)が出産をしている病院がスクンビットにある大手私立(高級)病院のサミテベート・スクンビット病院。

 

日本人が多く居住しているエリアに位置しているため日本人受診者が非常に多い総合病院。特にタイ在住日本人には産婦人科だけでなく、子どもを連れて小児科に訪れる子育て世代の人も多いのがこの病院の特徴です。

日本語の通訳も常時勤務しているので安心。しかも、電話での相談も日本語でできるのでタイ在住日本人だけでなく、日本人旅行者にとっても強い味方です。

<DATA>
■Samitivej Sukhumvit Hospital (サミテベート・スクンビット病院)
住所:133, Soi 49, Sukhumvit Road
TEL:02-711-8000(代表)、02-711-8122~4(日本語対応)

ここだけでなく、下記の2軒も日本語通訳が常勤している、施設の整った医療技術の高い病院ですので、旅行中の病気や怪我の際に駆け込む病院リストの中に入れておいてくださいね。

【バンコク病院】
日本人専用外来(Japanese Medical Service)や、救急患者のための24時間日本語電話サービス(電話:089-814- 3000)もあり救急体制も整っています。

<DATA>
■ Bangkok Hospital (バンコク病院)
住所:2 Soi Soonvijai 7, New Petchaburi Road
TEL:02-310-3000(代表)、02-310-3257(日本語対応)

【バムルンラード・インターナショナル病院】
タイで最大規模の私立病院で、院内には日本食レストランもあり、一見病院とは思えない便利さと豪華さ。もちろん日本人専用窓口もあり、日本語通訳も常勤しています。

<DATA>
■Bumrungrad International Hospital(バムルンラード・インターナショナル病院)
住所:33 Sukhumvit 3, Wattana
TEL:02-667-1000(代表)、02-667-1501(日本語対応)

Jan. 16

味キャラ・味シーン大集合! in Bangkok

Post on 2013年1月16日 カテゴリー: 旅作家 とまこ

 

バンコクをおさんぽしてると、

あっちこっちに目がとまって、なかなか前に進めません。

なんかいい、なんかヘン、なんか好き!

味なもの・味なシーンにわんさか出会えてゆかいです。

だからやめられないんです〜、バンコクうろうろグセ。

 

ココロにささった、コクのある

ものやシーンの一部をご紹介いたします♪

 

 

おなじみ、トゥクトゥクの座席。

いかにも『VIP』じゃない、おちゃらけた色使いや

書きっぷりに、ココロ魅かれます。

 

同じくトゥクトゥク。泥よけかわいー!

ナンバープレートもかわいー! コレクションしたいです。

 

 

 

床屋さんのぐるぐる看板。

レトロでやんちゃな髪型に仕上がりそうです。

 

 

 

こんな感じ? 中途半端にレトロでやんちゃです。

 

 

ファンキー! 強烈な日差しを背負って、

なんか絵になるじゃありませんか。

 

 

ATMもファンキー。ていうか、

新手のピンク商売かと思いました。

 

 

 

 

よく、わかったよ。

 

 

はまりの悪そうな鍵ですねぇ。

 

 

レスキュー隊兼任?の本屋さん。

なんでこの絵になっちゃったのでしょう。。

 

うふ。この人見たら、なんか救われました。

 

祠は、道ばたにおもむろにあります。

ゾウ、りりしいお顔で。頼もしいです。

 

 

ひどい猿です。

即買いです。

 

 

ブリキ鴨。つぶらな瞳がたまりません。

えさあげたい、待っててね。

 

 

もしゃもしゃのレトロ犬猫ねじ式おもちゃ。

電池は入ってたけど、ピクリともしませんでした。

売り物だけどね。

 

 

 

パンダはやっぱり世界の人気者〜かわいい♪

お弁当に持って行きたいです。

この際、まずくてもいいです。

 

 

にこにこドーナッツ。 暑い中持ち歩いたら、

顔がどろどろになってて、食べる気失せました。

 

 

とぼけ顔がたまりません。

味は砂糖ばっかりです。

 

 

人よさげなげな顔がたまりません。

「あなたってイイ人(クマ)だよね〜」って

言われて終わるタイプと見ました。切ないね。

 

 

「あなたってイイ人(ブタ)だよね〜」って……以下同文。

 

チューブのお豆腐。この富士山型のワッペンがほしい!

ていうか、『チェリ食品』のチェリって一体……?

 

 

豆腐はこの入れ物がデフォルトですね。

イラストがリアリティのある若奥様。なんで? 

 

 

なんで看護婦さん? 確信犯ですよね? 

ちなみに、コレ系のお豆腐の味は化学です。

 

 

リアルな微笑みカニがキャラ、、、

日本ではありえなそうです。

 

 

小麦粉袋、ぐっときます。バックに仕立てたいです。 

白い粉だから、白鳥ですよね。

 

こちらの小麦粉は、なんでタコキャラ?

なんで少女マンガ的な瞳?

 

このシーンごと、ノートのカバーにしたいです♪

かわいー!

 

 

 

「まのぶ」って意味不明だし、「

あまい」ってうれしくないです。

 

だから、「ぴょりく」ってなんですか?

 

 

あの〜、『ミツバチハッチ』さんでしょうか。

おかまちゃんっぽいのは、このお国ならではでイイですね。

 

ちくび! 仮面! 細目! ヘンなポーズー! 

意味深っぽい意味不明っぷりも、このお国らしくて?イイいですね。

 

 

そして、化学色いちごジュースと、

化学色お花スタイルの、ジュース売りのおばちゃん。

あっけらかんとしたこのお国っぽくてイイですね、好きです!

 

 

以上、バンコクの「コク」でした♪

Jan. 7

清水千佳プロデュースツアー、ここが違う!

Post on 2013年1月7日 カテゴリー: 清水千佳

 

 サワッディー・ピー・マイ・カー!(新年明けましておめでとうございます)

 皆さん、どんなお正月を過ごされましたか?

タイは一番盛り上がるいわゆる「タイ正月」が4月なので、西暦の1月のお正月はそれほど盛り上がらないんですよね・・・(泣)。

 

 さて!清水千佳がプロデュースさせていただいたツアーについてのご紹介が続いていますが、今日も 「ここが他のツアーと違う!」 というポイントをご紹介させていただきますね。

 それは・・・ フリータイムだって120%効率よく思い切り楽しめるように清水千佳オリジナル「バンコクでのフリータイム指南書」をツアー参加者だけにプレゼントさせていただく! ということ。

フリータイムで一番迷うのが「どこに行けば”外さず”絶対に楽しめるか?」ということ。ガイドさんがいなくても、女性がバンコクで楽しめるためのスパ・エステ、マッサージやショッピングスポット、レストランなどの情報が掲載された指南書をツアー参加した方だけにプレゼントさせていただいています。

 

もちろんガイドブックにもスパ、マッサージ、レストランの情報がたくさん掲載されていますが、この指南書には ・ツアー工程で組み込まれているレストランとは、また違った雰囲気のお店をご紹介(同じような雰囲気のお店ばかりではつまらないですもんね!) ・マッサージ、スパはツアーで宿泊するホテルからアクセスが良く、地元のタイ人やタイ在住の日本人からも評判が高い「自信を持っておすすめ!」と言えるスポットだけをご紹介 あとは、初めてのタイ旅行の方でもトラブルなくスムーズにバンコク市内を移動できるように、「バンコク移動攻略法」や「トラブルを避けるために」というコンテンツを掲載しています。

 

 「フリータイムも思いっきり不安なくバンコクを楽しんでほしい!!!」 という思いで作った指南書です。ツアー参加者の皆さんに活用いただけたら嬉しいです。

 清水千佳プロデュースツアーの詳細はこちら
http://etabi.nissin-trvl.jp/featured/thailand/expert/

 

ページトップへ