ホーム  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   2012   >   9月

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Sep. 28

バンコクのおすすめタイ古式マッサージ店【1】:日本語もOK!ワットポーのマッサージがスクンビットで受けられる店

Post on 2012年9月28日 カテゴリー: 清水千佳, 現地情報, 美容

 

サワッディー・カァ!タイ・コンシェルジュの清水千佳です。

タイに行ったら絶対に・・・絶対に!!!体験してもらいたいタイ古式マッサージと足裏マッサージ。(マッサージが苦手という人以外)

マッサージ店はタイ国内に、大げさでもなんでもなく本当に星の数ほどたくさんあります。

どの店に行っても、結局はマッサージ師さんの腕によりけりなので、一概に「あの店が絶対イイ!」ということは言えません。

ただ、私が個人的に思っているのは、

平均的にマッサージ師さんのレベルの高い(極端に下手な人が素人のような人を採用していない)、そしてサービスの教育が行き届いた店、というのは存在する、

ということ。

これから、そういった店を少しずつこのブログでも紹介していければと思っています。

まず、今回紹介するのは、BTSプロンポン駅から徒歩3分、エンポリアムデパートからも近い・・・ワットポー・マッサージスクール スクムビット校 直営サロン39


タイ古式マッサージの総本山、ワットポーの日本人向けのタイ古式マッサージスクール。

直営のマッサージ店も併設されています。

日本人が運営に関わっていることもあり、メニューも日本語で用意されており、待合室には日本語の雑誌やフリーペーパーも置かれています。
店内はローカルのマッサージ店と同じく庶民的な雰囲気。

値段もフットマッサージ1時間250バーツ(約700円)、タイ古式マッサージ2時間300バーツと嬉しいローカル価格。1つ他の店と違うことといえば、マッサージ師さんたちが施術中にぺちゃくちゃとおしゃべりをしない、という教育が徹底されていること。

 

 

これ結構大切なポイントなんですよね。

ローカルで安いお店の場合、どうしてもマッサージ師さんたちがぺちゃくちゃおしゃべりをしてその声が気になってしまう、なんてことも多々あるんです。

こちらは癒されにきているのに、おしゃべりがうるさくて「結局癒やしなんかにならなかった」なんてことも・・・。

ここは日本人が運営に関わっているだけあり、おしゃべりなど一切なくもくもくと施術だけに集中しています。

また、枕元には、タイ語が分からなくても、指差しするだけで伝えられる、「もっと強く」「痛いです」などのリクエストが書かれたタイ語と日本語の会話表も用意されています。

このように日本人にとって嬉しいサービスが受けられる上、値段も手ごろ、そして、日本人駐在員家族の居住エリアが近いことから、平日、週末問わずいつも混み合っているのです。

予約無しでももちろんOKですが、ここはいつも混んでいますし、日本語も通じるので事前に予約しておくと安心です。また、結構遅くまで営業しているので、夕食のあとにちょこっと癒されたいな、と思い立ったときにも便利。

オススメメニュー
タイ古式マッサージとフットマッサージの両方が受けられるのですが、私のオススメはフットマッサージ+角質取りのセットメニュー。

固くなった角質を丁寧にとってくれるというもの。まるで消しゴムのかすのように角質がぽろぽろと取れていく様子は見ていて気持ち悪いやら、嬉しいやら(笑)。終わったあとはカチカチだったかかとが赤ちゃんのようにつるつる! 角質を取ったあとはフットマッサージ。

角質も体の疲れも両方取れて、終わったあとは本当にすっきりした気持ちになれますよ。

フットマッサージ+角質取り:90分370バーツ

アクセス
BTSプロンポン駅3番出口を出て、スクンビット通りのSoi39と並行している細い路地(角に本屋と屋台がある路地です)を50メートルほど進んだ正面つきあたり。エンポリアムデパートからも徒歩3分程度なので、買い物で歩きつかれた後にもおすすめ。

<DATA>
■The Wat Po’s Thai Traditional Medical School Sukhumvit Campus(ワットポー・マッサージスクール スクムビット校 直営サロン39)
住所:1/54-55 Soi39, Sukhumvit Rd., Bangkok
TEL:02-261-0567
営業時間:平日9:00~24:30 、金・土・日10:30~25:00
メニューと料金:タイ古式マッサージ2時間350バーツ
アクセス:BTSプロンポン駅から徒歩3分。スクンビット、ソイ39のすぐ脇の細い路地つきあたり
予約:予約可。日本語可

Sep. 27

ケンタッキーvsマクドナルド タイのオリジナルごはんメニュー対決★

Post on 2012年9月27日 カテゴリー: グルメ, 旅作家 とまこ, 現地情報, 食べ物

 

 

サワディーカァ、とまこです♪

 

旅の本とか書いてます。

 

 

 

タイのケンタッキーとマクドナルドには、

 

オリジナルのごはんメニューがありました!

 

さっすが、お米大好きタイランド。

 

どんなシーンでも、お米がないと落ち着かないんですねぇ。

 

じゃじゃ、食べてみましょー!

 

 

 

まずはケンタッキーへ。

 

 

 

 

 

グリーンカレー(69バーツ≒186円)です。

 

お会計を済ませると、札番号をもらって席へ。

 

できたて食べるの楽しみー!

 

待つこと5分。きました、きました♪

 

 

 

 

 

フライドチキンにグリーンカレーをかけてます。

 

日本にはない、カーネルサンダース四角プレート使ってます。

 

ファーストフードっぽさがなくって、ポイントアップ♪。

 

ではでは、いっただっきま~す!

 

フォークをチキンにグサッ、、、

 

カリサクッッッ、ジュワワワン♪

 

指が、きっもちいい、小気味いい、

 

カレーソースの液体がかかっているのに、

 

どうしてこの感覚? どうしてべちゃっとしてないの??

 

期待は高まる一方です!

 

どきどきしながら口へ運ぶと♪♪♪

 

 

 

 

口の中でも、やっぱり

 

カリサクッッッ、ジュワワワン♪

 

この食感、グリーンカレーのピリカラクリーミィを

 

引き立てまくってます!

 

フライドチキンの衣、普通のより厚めかも?

 

だから、液体にも負けず、サクサクしてるのかなー。

 

 

 

ともあれ、カリサクx クリーミィ のワンダホーな関係ったら!

 

お互いがお互いの長所を知ってて、尊敬しあってる、

 

合体することでうまみ倍増、ナイッスコンビネーション!

 

お米もほどよくしっとり、おいしいし。

 

正直、おなかすいていないときの

 

興味本位ツマミ食いのつもりだったのに

 

完食してしまいました。。。あぁ、おそろし。そして、しあわせー♪

 

 

 

 

 

 

で、後日。腹ペコ時にマクドナルドへ。

 

タイのファーストフード・ごはん編は

 

どうやらすごい、みたいだし!

 

マクドナルドのオリジナルごはんメニュー、いってみよ~、

 

ナムトックライス、くっださいな~♪

 

あ、はい、お値段はケンタッキーと同じ69バーツですね。

 

お会計をすませると、マックのおねぇさんは

 

くるりと背中をむけ、すぐうしろにあった冷凍庫から

 

黒くて四角い、お、お弁当箱を!取り出し、

 

となりの電子レンジへ。

 

「チン♪」

 

彼女は、温められたお弁当のふたをとると、

 

わたしに手渡ました。

 

 

 

 

がんばれ、がんばれ、マクドナルド!

 

プライドだけは、捨てちゃいかん!!!

 

 

 

が、いくら、お弁当レンジでチンだからって

 

食べてみないとわかりません。

 

世界のマックドナルドですから!

 

気を取り直して、いっただっきまーす♪

 

 

 

 

……………。

 

チキンの衣は、べちょべちょで

 

お野菜は、しなしなで

 

お米は、ぱさぱさで。

 

すべてのプライドを捨てた味がしました♪

 

うん、そうそう、まずいならまずいで、やりきらないとね!

 

 

 

 

 

それ以降、タイのマックには行ってません。

 

 

 

 

次回は、スイーツ番長あっちこっちパトロールです♪

 

 

 

 

 

 

 

Sep. 26

ナイトバザール 『アジアティーク』 その3

Post on 2012年9月26日 カテゴリー: ショッピング, 現地情報

さてチャオプラヤ川沿いに建つのは「ウォーターフロント地区」で、ここは見るからにお洒落なダイニングが立ち並び、どこに入るか迷ってしまいます。

ワインの美味しいフレンチの「Brasserie 9」や、ピザが香ばしいイタリアンの「Capri」、水槽に泳ぐ魚介類を選んで調理してくれるシーフードタイ料理の「KO-DANG TALAY」など、その日の気分で選んで見てくださいね。


さて最後に、カリプソニューハーフショーのご案内。

こちらはまだソフトオープニング中ということで、現在はショーのみで、別途予約できるビュッフェディナーは10月からとのこと。

 

会場もアジアホテルにあった頃の3倍はありそうな程広く、入り口も真っ白で素敵。

いい意味で場末の雰囲気があった会場やショーの内容、出演者は前と変わっていませんが、よりお客様に楽しんで頂きたい!

という支配人!?の意気込みが感じられるショーでした。

 

年末には敷地内に伝統人形劇の「ジョールイスシアター」もオープン予定。これからが楽しみなアジアティーク、必見です!

Sep. 25

ナイトバザール 『アジアティーク』 その2

Post on 2012年9月25日 カテゴリー: ショッピング, 現地情報

 

雑貨などのショップのほかにもタイで有名なレストランチェーン店やファーストフード店、カフェ、アイスクリームショップ、日本の「SUKIYA(すき家)」や、リボンバッグで有名な「NaRaYa(ナラヤ)」などもあります。

 

 

また、ニューハーフキャバレーショーの「カリプソ」や伝統人形劇「ジョー・ルイス・シアター」もこちらの地区となります。

 
敷地のちょうど真ん中辺りには、手軽にお食事をされたい方におすすめのレストランが集まっている「タウンスクエア地区」(倉庫5~6)があります。

料金もお手頃で、タイ料理、日本料理、インド料理、ベトナム料理、カフェなどが密集していて、時間帯によっては混み合いますが、フードコートのような雰囲気で旅行者でも気軽にオーダーできます。

さらにチャオプラヤ川方面へ進むと、ファッション・美容関連グッズのショップが立ち並ぶ「ファクトリー地区」(倉庫7~10)へ入ります。

タイのトレンドを取り入れたグッズや、自然派スキンケア、アロマ専門店など、女性心をくすぐる可愛いお店に気分も高揚♪タイのお菓子や雑貨も豊富にあるので、お土産探しにもアジアティークは一押しです。

 

Sep. 24

【番外編】旅博での新生JALブース!

Post on 2012年9月24日 カテゴリー: スタッフ

こんにちは、e旅スタッフです

 

こんにちは!e旅スタッフの渡辺です。

 

先週末の「旅博」皆様行かれましたか?

今回はタイとは直接関係ない番外編ですが、昨日再上場した「新生JAL」の新しいビジネスクラス用フラットシート体験してきましたので、レポートさせていただきます!

 

まずは、最新鋭機ボ-イング787型機搭載のプレミアム・エコノミーのシートがお出迎え!

 

新生JALのブース

 

シェルタイプのシートで、通常のエコノミークラスシートより断然リラックスできそうです!
このタイプは一部バンコク線でも導入済です。

http://www.jal.co.jp/inflight/inter/premium_y/yp_seat/#rosen

 

その隣にいよいよ登場!「新ビジネスクラス 」コーナーです

B777搭載の新フルフラット ビジネスクラス

 

JAL初のビジネスクラス フルフラットシート
その名も「SKY SUITE」!  高級感&個室感高いです!
日本の航空会社らしく、大小の荷物収納スペースも十分できめ細かさを感じました~。

さらに、売りは、アイススケートの浅田真央ちゃんも愛用の高反発マットレス「エアウィーヴ」を導入、マットレスと枕でリラックスした機内での睡眠となるみたいです~♪
きめ細かいですね~♪

 

23インチの大画面!すいません足が写っちゃいました~

 

長距離路線でのお楽しみ!機内エンターテイメントも充実してます。
特に個人液晶モニターはクラス最大級の23インチ!!

 

今回の旅博会場でも多くの方が体験されていました。
食事は体験できませんでしたが、このきめ細やかさでしたら期待できますよね~

 

2013年1月のロンドン線からB777-300ERに搭載されるとのこと………。
早くバンコク線にも導入されるといいですね~♪

 

詳しくは

http://www.jal.co.jp/newsky/ss7/business/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sep. 24

ナイトバザール 『アジアティーク』 その1

Post on 2012年9月24日 カテゴリー: ショッピング, 現地情報

 サワディカ!!

 タイ在住者も楽しめるお洒落なレストラン、素敵なお買物のできるナイトバザール、旅行者必見のショーシアター、写真スポットも充実! バンコクの新名所『アジアティーク』をご紹介します。
<ASIATIQUE THE REVERFRONT アジアティーク・ザ・リバーフロント> BTSサパンタクシン駅下車専用ボート約10分

 
アジアティーク内には正面ゲートとシャトルボート乗り場約300mを行き来する無料トラムが走っています。

 

ちょっと歩き疲れた時に乗ってみるのもいいですね。

 アジアティーク・ザ・リバーフロントは、「チャルンクルン地区」、「ファクトリー地区」、「タウンスクエア地区」、「ウォーターフロント地区」という4つの地区に分かれています。

 

タクシーや車で訪れた方がメインゲートから最初に入るのが、お土産店や雑貨などのショップが約1,000店舗入っている「チャルンクルン地区」(倉庫1~4)です。

 

Sep. 21

Post on 2012年9月21日 カテゴリー: スタッフ

e旅スタッフの渡辺です。

今日はツアーの情報収集に東京ビッグサイトで催されている≪旅博≫ にきています。
今日は業界関係者の解放日ですので一般の方は入れませんが、ものすごい人がきています。

 
タイコーナーも大盛況♪タイ式マッサージ体験も無料でできちゃいます♪

 


明日、明後日は一般解放日なので、ご家族、友人で是非来てみて下さい~

Sep. 21

ジャックフルーツ

Post on 2012年9月21日 カテゴリー: 現地情報, 現地特派員
 
 
 特派員のwako です。日本語の教師をしてます。
 
今日はジャックフルーツについてご紹介したいと思います。
もうタイに来て、3年目になりますが、
最近、食べて美味しいと思ったフルーツです。
 木になっているとこんな感じです。
大きい実になると30キロくらいになるそうです。
 

よく、スーパーや屋台で剥かれて売られています。

 

 

値段は個数によりますが、20バーツ〜50バーツ(100円~250円位)です。
 
タイでは1月から5月が旬の時期みたいです。
 
味は甘すぎずさっぱりした感じで、とても美味しいです。
 
タイに来たらぜひ食べて見てください。
 
Sep. 20

月餅(Moon Cake)

Post on 2012年9月20日 カテゴリー: ショッピング, 現地情報, 食べ物

 駐妻ウォッチャー・チョンプーです。

 

 

今年も月餅の季節。

期間限定のお土産にもよさそう。

 

この時期、主要デパート、中華レストラン、有名ホテル&カフェなどで購入が可能です。

中秋の名月は9月30日(日)です。

 

 

Sep. 18

タイの両替事情2

Post on 2012年9月18日 カテゴリー: ツアー情報, 旅のコツ, 清水千佳, 現地情報

サワッディー・カァ!タイ・コンシェルジュの清水千佳です。

先日は

「ドルも持っていったほうがいいですか?」

「バーツは日本で両替していったほうがいいですか?」

「両替所でお金をごまかされたりしませんか?」

という両替に関する疑問いついてお答えしました。

今回は「具体的にどんなところで両替ができるのか?」

「どこで両替をすると損をするのか?」

「どこで両替をすると得をするのか?」

をご説明したいと思います。

まず・・・どんなところで両替ができるのか?ですが・・・

 

■銀行
銀行によっては両替用のカウンターを設けているところもありますが、小さな銀行の場合は他の手続きと同じカウンターに並ばなくてはならないところもあり、面倒。

銀行で両替する場合は、両替用のカウンターが設けられているところで行う方がスムーズ。

通常営業時間は午前9時30分~午後3時30分。土・日曜、祝日は休業。

デパートの1階に銀行が併設されているところも多いですよ。

■銀行の両替所
観光客や在住外国人の多いタイでは(特にバンコクなどの都市部)、街中に両替所となっている銀行の支店があります。

レートは銀行と同じ。

営業時間は午前8時30分~午後8時頃までですが、観光客の多いエリアでは深夜まで営業しているところもあります。

 

 

■私設両替所
銀行以外にも商店などが私設両替所を併設しているところがあります。

たいてい銀行のレートよりも多少良いことが多いのですが、ときどき銀行と変わらないこともあるので、事前に銀行のレートを調べて行くとよいでしょう。

■ホテル
あとは中級以上クラスのホテルでしたらレセプションでの両替も可能です。たいていのホテルは宿泊ゲストのみの対応かパスポートの提示が必要となるので、他の両替所に比べて若干面倒かも・・・。

どこで両替をすると損をするのか?

それはずばりホテル!
銀行では空港以外はすべてレートがほぼ同じなのですが、ホテルは両替専門店ではなくサービスの一環でやっているので、レートは全然よくありません。

かなりの緊急時でない限り私はホテルで両替はしないですね。

最後に・・・どこで両替をすると得をするのか?

それは商店などがやっている私設両替所。たいてい銀行のレートよりも多少良いので、金額が大きいときに利用してみてはいかがでしょう。

10000円なら銀行に比べ50~60バーツほど良いレートで換金できます。

中でもレートが銀行よりも良いことで有名な私設両替所は「スーパーリッチ」。バンコク市内に10店舗近く支店があります。

以前は伊勢丹の近くの分かりづらいソイ(小道)にしかありませんでしたが、最近は支店も増え、BTSプロンポンの駅の構内にもオープンして便利になりました。

営業時間は午前10~20時。

バンコクで1番レートが良いと言われているのが日本人駐在員の夜遊び街タニヤにある酒屋「タニヤスピリッツ」に併設している両替所です。

 

タニヤ通り沿いBTSサラデーン駅から徒歩2分、シーロム通りからタニヤ通りに入ってすぐ右手側にあります。

営業時間は午前9時30分~22時30分。他の両替所に比べて夜遅くまで開いているのも助かります。

ちなみに私はシーロムに来たら必ずタニヤの酒屋さんで両替をします。

旅行中の貴重なお金。お得に両替してくださいねー!

 

ページトップへ