ホーム  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   観光

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Jul. 19

『王妃さま博物館』

Post on 2012年7月19日 カテゴリー: 現地情報, 現地特派員, 観光

チョンプー、ことバンコクの駐妻ウォッチャーです。

王宮、ワット・ポー、ワット・アルン‐バンコクの3大名所にして、

神聖な場所。

 

特に入場の際、服装規制が厳しい王宮関連施設は、「あ、そうだった」と在タイ日本人ですら襟を正す特別なスポット。その王宮内に、最近

できたのが<シリキット王妃織物博物館>。

 

現プミポン国王の妃、シリキット王妃ご愛用の衣装、支援している伝統織物に関する財団の様子や経過が常設展示されており、タイの布好きには必見!と秘かな話題になっているところ。

実物の衣装の他、諸外国への公式訪問や晩さん会などで王妃が着用されている映像も併せて見ることができ、時代の変遷、伝統様式、お好みなどを知る上でも興味深い展示となっています。

 

とりわけ、初めてのタイだから外せないっっ!と、意気込む友人・知人を王宮周辺へ案内しがてら、在タイ者が時間を過ごすにはもってこい。尚且つ、涼しくゆったり待てるとあらば、これが何度目の付き添いかとぐったりすることもなし。また、博物館は敷地内にはあるものの、手前に位置することもあり、少しだけ服装規定が緩やかなのも高ポイント。ショップの広さ、品ぞろえも豊富な分、品定めに迷う自信のある方は時間配分に特にご注意くださいますよう。

もちろん王宮観光を含めると、かなりの気力・体力要。できるだけ余力をもって見学されるのがお勧め。

 

昨年の開館予定日から過ぎること約●か月あまり。開通、開館、オープン日がフレキシブルに

変更されるタイにおいては通常のこととはいえ、いつか、いつかと待っていた甲斐がありました。

館内スタッフの制服も、真似してオーダーしたくなるほどステキなのでお見逃しなく。

 

 

 

<QUEEN SIRIKIT Museum of Textiles>

Ratsadakorn-bhibhathana Building, The Grand Palace,

9:00-16:30(最終入場15:30まで) 無休  Tel:0-2225-9420

入館料:150B(王宮入場券400Bがあれば不要)

館内パンフレット:英語&タイ語のみ  ※展示室内撮影禁止

 

 

Jul. 4

大人気!! 2大 ニューハーフショー ≪MAMBO/マンボー≫vs≪CALYPSO/カリプソ≫

Post on 2012年7月4日 カテゴリー: 現地情報, 現地特派員, 観光

サワディカ!!現地特派員のズマです。

 

今回のタイランド通信は、バンコクの大人気オプションである、2大ニューハーフショーをご紹介します!
 
タイはご存知の通りニューハーフが多く、ショーのクオリティも高いので、バンコクへ来た際には是非行って頂きたいナイトエンターテイメントのひとつです(^^)
 
バンコクで有名なニューハーフショーといえば、老舗のMAMBOとCALYPSO。さて、あなたのお気に入りはどっち!?
 
  
 
 

≪MAMBO/マンボー≫ 最寄駅:BTSチョンノシー駅からタクシーで約30分(車の渋滞状況によります)

毎日19:15~、20:30~、22:00~

 

 

 

以前はバンコク中心地にあり、日本人ツアー客で毎晩混み合っていたマンボーですが、現在は市内から車で約30分~1時間ほど離れた場所に移転しており、カリプソよりも広い劇場内&ステージですが閑古鳥が鳴いている状態です。

 

しかし、内容は濃く、ショーの構成や衣装も凝っていて、見応え抜群です。

カリプソよりも綺麗な(というと語弊がありますが)方が圧倒的に多く、そして細く、しなやかなナイスバディを前に、半ば憧れの気持ちも交じり、女性でも見とれてしまうこと間違いなし!

中でも“赤いスイートピー”をしっとりと歌い上げる『聖子ちゃん』は有名!

彼女はかなり前からマンボーで活躍していますが、未だ衰えないそのお姿、見習いたいものです 笑

 ショーの内容は、今流行のレディー・ガガなどの洋楽を始め、タイでも大流行のK-POP少女時代と続き、華やかなステージが続きます。

客層は以前の日本人よりも韓国人や中国人が多くなり、邦楽は押され気味の様子で、聖子ちゃんと、都はるみさんの“愛しちゃって馬鹿みたい”、美空ひばりさんの“川の流れのように”のみ。

 

 

 

ニューハーフショーにはつき物のお笑い担当さんの見せ場や、お客様との刺激的な絡みも満載のショーは約80分でソフトドリンク1杯付き。

同じ敷地内にはタイ古典舞踊を見ながらのタイセ料理セットディナーを楽しめる“Nopparat”レストランもあるので、ゆっくりとタイ料理のお食事をされた後に、美しいニューハーフショー鑑賞のセット販売もおすすめです♪

バンコク市内から距離があるので時間に余裕を持ってご出発を!

 

 

 

 

≪CALYPSO/カリプソ≫ 最寄駅:BTSラチャテウィー駅直結のアジアホテル内地下1階/

毎日20:15~、21:45~

 

こちらカリプソは、バンコク市内中心部のBTSサイアム駅からたった一駅の、ラチャテウィー駅に直結という、大変便利な立地です。

また、劇場内も大きすぎず、客席とステージがとても近いので、ダンサーをより間近に見ることができ、迫力は満点です◎

 

 

場末感漂う雰囲気は、マンボーよりも一層アダルトなショー内容となっています。

全体的には、お笑いあり&綺麗な衣装と派手なダンス構成の美しいショーなのですが、一部、見た目は男性のゲイの方が、女性の下着を着けて踊ったりと、お子様連れですと刺激が強すぎる場合もありますので、ご注意を!

ショーは1ステージ約80分で1ドリンク付き。

ドリンクはビールやウイスキーといったアルコールも選べます。バンコク中心部にあるので、気軽に行くにはカリプソがおすすめです♪

 

 

 

 

 

 

 

Jun. 20

現地特派員「ズマ!」登場~(^-^)/

Post on 2012年6月20日 カテゴリー: 現地特派員, 観光

現地特派員ズマ!です

サワディカ!!
タイ駐在歴10年、インテル長友選手に似ていると言われる、サッカーをこよなく愛す男。現地特派員として、長友選手のようにタイ国内を駆け回り生の情報をレポートします!!

今回は、昨年会社の慰安旅行で行った、カオヤイリゾートのツアーレポートです。カオヤイとはタイ語で“Big Mountain=大きな山”という意味の、まさに山と自然に囲まれた避暑地リゾートです。別名“タイの軽井沢”と呼ばれ、バンコクから車で約2時間半で行けるのでタイ人から外国人まで人気のスポットとなっています。カオヤイは『カオヤイ国立公園』で知られていますが、他にもタイの有名なワイナリーが集まり、イタリアの町並みを模した複合ショッピングモール“Palio-Khao-Yai”やアウトレットモール、また洋風造りの別荘が立ち並び、一瞬ここがタイだと忘れてしまいそう。日本ではなかなかお目にかかれないスリル満点なアクティビティが体験できる“Greenery Resort”もご紹介。今おすすめのホットスポットです! !

《Gran Monte Vineyard》

GRAN MONTE VINEYARD

 

ワインテイスティング

バギーの乗ってぶどう園の周遊ツアー

気温の高低差と乾燥した気候を利用した美味しいタイワインのGran Monteワイン。バギーに乗ってぶどう園を周遊するツアーや、ショップ内では随時ワインのテイスティングもやっています。カオヤイには他にもPBバレーカオヤイや、ヴィレッジファームなど、有名なワイナリーがあります。タイでは高級なワイン、是非お土産にどうぞ。

《Greenery Resort》

 

オールドアメリカンな一角

 

馬に乗って散策♪

 

そりスライダー!爽快~~!

グリーナリーリゾートは遊園地のようになっていて、チケットを購入してアクティビティを楽しめます。タイだからこそできる!?スリル満点なアクティビティを是非体験してください。子供に交じって大人も意外と楽しめます。

話題のゾーブボール

 

坂の上から転がり落ちます

女性陣が体験!グリーナリーのアクティビティの目玉!?“ゾーブボール”。巨大なプチプチの中に入り、体をしっかりと固定して、一気に坂道を下ります。想像以上に跳ねる跳ねる!スピードや上下の感覚が麻痺して体のあちこちが悲鳴を上げたころ、ようやく地上へ生還です。ボールの中から這い出てきたころには、足がガクガクしてまともに立てない状態!今までで一番怖かったぁ・・・(><)とのことでした

次号へ続く

ページトップへ