ホーム  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   観光

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Jan. 15

スミタ・タイ料理教室で、洗練された 『プー・パッポン・カリー』 を作った! byとまこ

Post on 2014年1月15日 カテゴリー: グルメ, 旅作家 とまこ, 現地情報, 観光, 食べ物

 

いや〜、タイ料理ってほんとおいしい、アロイローイ!

  (アロイ=おいしい)

こんなおいしいの、自分で作れたらしあわせですよね。

いつでも気軽にタイ気分、旅気分、シンハもってこ〜い!

あ、シンハはタイが誇る最強おいしいビールです。

わたしも大好きで、日本でもたまに買って家で飲むのですが、

タイ料理と一緒だったら最高じゃないですか。

ということで、料理教室に行くことにしました。

日本語でレッスンしてくれる、親切丁寧と噂の

 『スミタ・タイ料理教室』 です。

( http://sumitaschool.com/?page_id=19 )

 

場所はBTSプラカノン駅から徒歩1分ととっても便利。

時間は調理、試食、片付け含め10時〜1230分。

長過ぎず短すぎず集中力的にも程よく、

おなかがばっちりすいたころに試食タイムがやってくる。

午後の時間はばっちり他の観光に使えるし、

なんとも絶妙なスケジュールです。

事前に予約をして、当日手ぶらで出かけました。

 

受付を済ませると現場へ移動、

広々とした清潔感あふれるスタジオです。

ひとりひとりに用意されていたのがこちら。

エプロン、まな板、包丁、今日のレシピ。

 

 

レシピは日本語で見やすく書かれてます、写真付き。

ぱらぱらめくったら、あらまぁ、秘密の扉を開けちゃった! 

的な喜びがココロにじわじわわいてきまして〜♪

これもらえるだけでかなり価値があります。

 

それにしても、みんなで同じエプロンをするなんて

学生時代のパン屋さんバイト以来ですよ、これまたあがりますね〜♪

 

 

ではではさっそくスタート。

タイ人の先生が、流暢でやさしい口調の日本語で集合をかけます。

この日の受講者さんは在住の奥様2人、観光中のOLさん2人、

同じく観光中の男性1人とわたし、計6人。

みんなで挨拶しあって、空気が一気に和みました。

 

この日のメニューは

『カラス瓜とひき肉のスープ』、『ザボンのサラダ』、

メインはみんな大好き 『プー・パッポン・カリー(カニのカレー炒め)』!

 

プー・パッポン・カリーって、味が深くて

レシピがいかにも複雑そうじゃないですか。

まさか挑戦できるなんて思ってもみませんでした。うれしいな〜。

 

ところで、内容は毎回違うそうですよ。手を変え品を変え3種ずつ。

さっそくだけど、また来たいと思っちゃいました。w

 

先生は、タイの日常からみた、料理含めたあんなことこんなことを

話しながらレッスンを進めてくれるから、ほんと引き込まれます。

 

 

タイならではの食材、調味料、調理器具もいっぱいで

それらをいっこいっこ丁寧に解説してくれるから、

もーほんと楽しい、新しい世界へ一歩一歩踏み込んでいいく感じ♪

 






 

ひととおり話が終わると、みんなで分担して食材を切ったり炒めたり。

 



 

ピーナッツをそのものだけで炒めるって

日本ではなかなかしないけど、タイではよくやるそうで。

炒め係が簡単そうだから買って出たわたしですが

先生の手直し入りました〜。w

 



 

ちょっとした作業にも、タイならではのコツが潜んでるなんて

その場で教えていただかないと絶対わからない!

そんなことの繰り返し。ホント来てよかった〜、感心しどおしです。

フライドガーリックの作り方とかも、

ちょっとした一工夫でよりおいしくなるんですよ、魔法だ〜♪

 



 

プー・パッポン・カリーを作るのに、用意されていたカニはコチラ!

 


 

わ〜い立派♪ 食材的にレッスンには

豪華すぎるじゃないですか、カニだなんて。

出てくるまで、なんとな〜く信じてませんでした。W

 


 

初めてカニをぶったぎりましたよー!

そんなこんな、和気あいあいと調理は進み、

1時間45分で3種もできちゃいました!

 




 

さぁ、お待ちかねのごはんタイム♪

時間は12時、ちょうどランチのいい時間。

すっかり打ち解けたみなさんで、お茶でカンパイ、

いただきまーす!

 


 

3種全部が洗練された味わいでびっくり!

タイ独特のハーブとスパイスが効いたインパクトのある味なのに、

どこか上品でホテルノレストランにいるような感覚に……。

わー、まさかのクオリティに、さらに感激しちゃうのでした。

 

絶対、また参加します!

 

 

【スミタカルチャーセンター】

HPhttp://sumitaschool.com/

電話 02-714-080911

住所 1521/3 Sukhumvit Road, Prakhanong Nua, Wattana, Bangkok 10110

 

Dec. 6

タイの2大麺パッタイとカオソーイ・頂点と出会った! PART3

Post on 2012年12月6日 カテゴリー: 旅作家 とまこ, 観光

 

 

(スタンダードなパッタイ35バーツ、卵で包まれたパッタイ70バーツ)

 

 

ところで、パッタイよりも好きなのは、カオソーイ。

ココナッツの効いた濃厚なピリカラスープに、

揚げ麺とゆで麺の2種が入った北タイの味。

こちらは好きすぎて、わりと、バンコクのどのお店のでも

満足してしまうのです。

 

でも! 甘かった、、本当の「好き」は、これからでした!!

ダントツトップのお店を発見したのですー!

お店は、『カオソーイチェンマイ』。

71 Artnarong, Klongtoey, Bangkok

(08:00〜18:00、日曜定休)

常宿ロンポーマンションからは歩いて7、8分。

最寄り駅MRTシリキットコンベンションセンターからはバイタクで5分ほど。

 

 

 

庶民的な構えの食堂だと、むしろ信用しちゃうわたくし(笑)。

 

 

鶏入りのカオソーイガイを注文したらあっという間に運ばれてきました。

とたんに、ココナッツの香りがふわんと体を包み込み〜。

ほっぺたが、一気にゆるみます♪

 

ではまず……ズズッとスープを飲んでみると、はぁ。

ココナッツの味わいの奥に、だしの旨味が透き通ってみえるのです、

ぜ、絶妙!! 濃厚なのにくどくない、不思議なくらい、くどくない。

おいしすぎて、飲み干してしまいそう。

では麺と一緒に。もちもちぱりぱり、全然違う食感をもつ2種の麺が

完璧にスープと一体化。うーん、完敗です。

もう、あなたに一途、浮気なんかしません。

 

 

お好みで、ナンプラー、チリ、砂糖をどうぞ。

 

 

 

 

お母さんたちの笑顔も、最高でした♪♪

Nov. 27

今日のカオヤイ

Post on 2012年11月27日 カテゴリー: スタッフ, 現地情報, 観光

 

ショー

 

 

 

キャンプ場

 

今日のカオヤイは朝から良い天気です。冬場の乾期とはいえ、日差しが強く、30℃は越えていて暑いです。

本日は世界各国から集まった旅行会社合同で、農園視察です。

カーボーイショー、餌やり体験、牛のちちしぼり体験やバーベキューを楽しめます。

タイにいるとは思えない施設です。

Nov. 26

カオヤイ到着~

Post on 2012年11月26日 カテゴリー: スタッフ, 現地情報, 観光

 

スタッフ渡辺です

 

バンコクから2時間半ほどで、カオヤイに到着しました。

 

まずは、ワイナリーから視察。本場のフランスから技術提供を
受けただけあって、設備もすごく整っていて清潔なワイナリーです。
肝心の味も数々の国際品評会で賞を受賞する位レベル高いです。テイスティングもできるので、ワイン好きの方は是非立ち寄ってみては?

ワイナリーのぶどう畑

 

国際品評会でも受賞する質の高いワインがずらり~

 

ワインテイスティングも楽しめちゃいます♪

 

続いて国立公園です。
あいにくの雨ですが、気温も一気に5℃位下がり心地よいです。天気がよければ、野生の象や虎、熊にも出会えるそうです。

 

カオヤイ国立公園の野生の鹿

 

カオヤイ国立公園の景色

 

本日のホテルはTHE GREENERY RESORTです。まるでバリ島のリゾートの様な雰囲気が素敵なホテルです。

 

THE GREENERY RESORT

 

お子様も楽しめそうなスイミングプール

 

お部屋の一例

Nov. 26

カオヤイに向けて出発!

Post on 2012年11月26日 カテゴリー: スタッフ, ツアー情報, 現地情報, 観光

 

スタッフ渡辺です

 

コンビニ

 

カオヤイ

本日は、世界遺産カオヤイに向けて出発しました。
朝7時出発でやや眠たいですが、頑張ってレポートします♪

バンコク市内を出発し、約200キロ。3時間の道のりです。
途中のトイレ休憩。日本でいうサービスエリアです。
昔のタイのイメージとは全然違う、きれいなトイレとコンビニ、ハーゲンダッツのお店まであるんです。

Nov. 25

アユタヤ世界遺産

Post on 2012年11月25日 カテゴリー: スタッフ, 現地情報, 観光
  • スタッフ渡辺です

 

午後からはアユタヤ世界遺産の視察に向かいました。

バスに揺られる事、1時間。昨年の洪水のダメージもスカッリ消え、バッチリ観光できます。

今回はレンタサイクルを借りて遺跡巡りしました。

 

アユタヤイメージ

 

アユタヤイメージ

 

象乗り体験

自分の足でこいで巡る遺跡は非常に楽しいですよ♪

でも暑さ対策は必須です。

帽子&サングラスは是非お持ち下さい。

Nov. 21

タイに視察に行ってきます♪

Post on 2012年11月21日 カテゴリー: スタッフ, 観光

スタッフ渡辺です

 

こんにちは。WEB事業室の渡辺です。
今週11/24(土)~1週間タイに出張に行ってきます。
今回はタイ国政府観光庁様の視察で、「カオヤイ」という
国立公園を中心に視察を予定しています。

視察中も随時ブログで情報発信を予定していますので
お楽しみにお待ち下さい♪

 

カオヤイイメージ 【写真提供:タイ国政府観光庁】

 

 

 

 

 

 

 

Aug. 15

チャオプラヤ川沿いに新しくできた、ナイトマーケットプレイスの『アジアティーク・ザ・リバーフロント』

Post on 2012年8月15日 カテゴリー: グルメ, ショッピング, 現地情報, 現地特派員, 観光

バンコク特派員ズマです!

 

さて、今回は・・・
チャオプラヤ川沿いに新しくできた、ナイトマーケットプレイスの『アジアティーク・ザ・リバーフロント』のご紹介です。
こちら今年の4月に出来てから、在タイ者にも旅行者にも大人気の新名所となっています。
今までの、バンコクのマーケットは安くて品物も豊富だけど、野外のため暑く、衛生面でも食事をする場所に困ってしまう。。
というイメージを払拭した、便利で衛生的なマーケットです!

 

夕方17:00頃から賑わいを見せる

 

西暦19世紀、ヨーロッパの国々と交易を結んだ一つにチーク材を輸出する事業があり、その交易の拠点となったのがこの船着場の由来です。そんな歴史的な場所にあった旧建物を修復し現代によみがえらせたのがアジアティーク。場内は約11万7千平米、東京ドームの約2.5倍の広さで17:00頃からお店もオープンし賑わいを見せる、ナイトマーケットプレイスです。

 

リバーサイドで風通しもよく心地良い

 

場内には所々昔を語るオブジェが

 

何が今までの市場と違うかというと、
①交通が便利!BTSと船で短時間に簡単アクセス可。
②有名ニューハーフショー『カリプソ』、タイの伝統人形劇『ジョールイスシアター』が移転予定。観劇もお買物も一ヶ所で可能に。
③リバーサイドのお洒落なレストランが一杯。
④歴史景観を再現していて雰囲気が楽しめる。
⑤夜なので日焼けしない などなど、イイコト尽くめなのです♪

 

BTSサパンタクシン駅2番出口の先にサトーン船着場があります。

 

ちょっとしたリバークルーズ気分も味わえちゃう♪

 

 

まずはアクセスのご紹介です。
BTSサパンタクシン駅のサトーン船着場からアジアティーク専用シャトルボートに乗船するのが、渋滞知らずのおすすめアクセス方法です。シャトルボートは17:00~22:30の間30分間隔で運行しているので、とっても便利!初めての方でも簡単にアクセスできちゃいます。その他BTSサパンタクシンからタクシーやトゥクトゥクで約5~10分でも行けますが、渋滞にはまってしまう恐れも!

 

ショップイメージ

 

アジアティークは10個のWAREHOUSE(倉庫)に分かれていて、それぞれに特徴あるお店が入っています。

 

 

イメージ

 

チャオプラヤー川に沿って位置するアジアティーク ザ リバ-フロントの最も注目すべき人気スポットがこちらの「ウォーターフロント地区」。専用シャトルボートの船着場もここにあります。チャオプラヤー川の美しい景色を望みながら食事をすることができるレストランや軒を連ね、300m以上ある遊歩道では夕日や夜景を眺めることができます。時間や天気によって毎回違った美しさをみせてくれるチャオプラヤー川を望む景観は一度は見る価値ありの絶景ポイントです。

 

次回は注目のお店や、移転したカリプソニューハーフショーのご紹介予定です!

 

ページトップへ