ホーム  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   現地情報

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Jan. 15

スミタ・タイ料理教室で、洗練された 『プー・パッポン・カリー』 を作った! byとまこ

Post on 2014年1月15日 カテゴリー: グルメ, 旅作家 とまこ, 現地情報, 観光, 食べ物

 

いや〜、タイ料理ってほんとおいしい、アロイローイ!

  (アロイ=おいしい)

こんなおいしいの、自分で作れたらしあわせですよね。

いつでも気軽にタイ気分、旅気分、シンハもってこ〜い!

あ、シンハはタイが誇る最強おいしいビールです。

わたしも大好きで、日本でもたまに買って家で飲むのですが、

タイ料理と一緒だったら最高じゃないですか。

ということで、料理教室に行くことにしました。

日本語でレッスンしてくれる、親切丁寧と噂の

 『スミタ・タイ料理教室』 です。

( http://sumitaschool.com/?page_id=19 )

 

場所はBTSプラカノン駅から徒歩1分ととっても便利。

時間は調理、試食、片付け含め10時〜1230分。

長過ぎず短すぎず集中力的にも程よく、

おなかがばっちりすいたころに試食タイムがやってくる。

午後の時間はばっちり他の観光に使えるし、

なんとも絶妙なスケジュールです。

事前に予約をして、当日手ぶらで出かけました。

 

受付を済ませると現場へ移動、

広々とした清潔感あふれるスタジオです。

ひとりひとりに用意されていたのがこちら。

エプロン、まな板、包丁、今日のレシピ。

 

 

レシピは日本語で見やすく書かれてます、写真付き。

ぱらぱらめくったら、あらまぁ、秘密の扉を開けちゃった! 

的な喜びがココロにじわじわわいてきまして〜♪

これもらえるだけでかなり価値があります。

 

それにしても、みんなで同じエプロンをするなんて

学生時代のパン屋さんバイト以来ですよ、これまたあがりますね〜♪

 

 

ではではさっそくスタート。

タイ人の先生が、流暢でやさしい口調の日本語で集合をかけます。

この日の受講者さんは在住の奥様2人、観光中のOLさん2人、

同じく観光中の男性1人とわたし、計6人。

みんなで挨拶しあって、空気が一気に和みました。

 

この日のメニューは

『カラス瓜とひき肉のスープ』、『ザボンのサラダ』、

メインはみんな大好き 『プー・パッポン・カリー(カニのカレー炒め)』!

 

プー・パッポン・カリーって、味が深くて

レシピがいかにも複雑そうじゃないですか。

まさか挑戦できるなんて思ってもみませんでした。うれしいな〜。

 

ところで、内容は毎回違うそうですよ。手を変え品を変え3種ずつ。

さっそくだけど、また来たいと思っちゃいました。w

 

先生は、タイの日常からみた、料理含めたあんなことこんなことを

話しながらレッスンを進めてくれるから、ほんと引き込まれます。

 

 

タイならではの食材、調味料、調理器具もいっぱいで

それらをいっこいっこ丁寧に解説してくれるから、

もーほんと楽しい、新しい世界へ一歩一歩踏み込んでいいく感じ♪

 






 

ひととおり話が終わると、みんなで分担して食材を切ったり炒めたり。

 



 

ピーナッツをそのものだけで炒めるって

日本ではなかなかしないけど、タイではよくやるそうで。

炒め係が簡単そうだから買って出たわたしですが

先生の手直し入りました〜。w

 



 

ちょっとした作業にも、タイならではのコツが潜んでるなんて

その場で教えていただかないと絶対わからない!

そんなことの繰り返し。ホント来てよかった〜、感心しどおしです。

フライドガーリックの作り方とかも、

ちょっとした一工夫でよりおいしくなるんですよ、魔法だ〜♪

 



 

プー・パッポン・カリーを作るのに、用意されていたカニはコチラ!

 


 

わ〜い立派♪ 食材的にレッスンには

豪華すぎるじゃないですか、カニだなんて。

出てくるまで、なんとな〜く信じてませんでした。W

 


 

初めてカニをぶったぎりましたよー!

そんなこんな、和気あいあいと調理は進み、

1時間45分で3種もできちゃいました!

 




 

さぁ、お待ちかねのごはんタイム♪

時間は12時、ちょうどランチのいい時間。

すっかり打ち解けたみなさんで、お茶でカンパイ、

いただきまーす!

 


 

3種全部が洗練された味わいでびっくり!

タイ独特のハーブとスパイスが効いたインパクトのある味なのに、

どこか上品でホテルノレストランにいるような感覚に……。

わー、まさかのクオリティに、さらに感激しちゃうのでした。

 

絶対、また参加します!

 

 

【スミタカルチャーセンター】

HPhttp://sumitaschool.com/

電話 02-714-080911

住所 1521/3 Sukhumvit Road, Prakhanong Nua, Wattana, Bangkok 10110

 

Jul. 9

海辺でおしゃれにシーフード 海を眺めながら美味しいシーフ-ドを食べたい!!

Post on 2013年7月9日 カテゴリー: グルメ, 旅作家 とまこ, 未分類, 現地情報

   こんにちは 旅作家のとまこです!

 

★店舗情報
『ラヴィエング・タレー rabiengtale』
1/71 soi banbu 72,old-sukhnmvit rd. tabann samutprakan
http://www.rabiengta-le.com/

 

 

 

Apr. 15

バンコクの夜はファンタジー

Post on 2013年4月15日 カテゴリー: 旅作家 とまこ, 現地情報

Apr. 12

『お花で巡るタイの文化』 お花の文化博物館

Post on 2013年4月12日 カテゴリー: 文化, 現地情報, 現地特派員

 バンコクの駐妻 チョンプーです!!

 

タイの街角で見かける色鮮やかなもの。フルーツ屋台や洋服、タクシー、お花もまたその1つ。

南国特有の華やかな色あいは、見るだけで自然と気分を高揚させてくれる。

 

 

 

そんなお花たちの視点から、タイの文化や歴史に触れられるのが『花の文化博物館』(The Museumof Floral Culture)。昨年の8月に開館したばかり。

 

 

ふだん目にするタクシーや祠の先にあるプアン・マライ(花輪)やプーム・ドックマイ(花飾り)と

呼ばれる昔ながらの伝統的なものの成り立ちや、作り方。

タイのフラワーアレンジメントの走りは…?なんていう謎解きを、ガイドさんの案内で辿る歴史のプチ旅行。その流れに乗って、世界(バリ、インド、ラオス、チベットなど)の花遣いまで広がってゆくところが面白い。もちろん日本の華道も忘れずに!

 

 

 

コロニアル調の室内でとりどりの世界を楽しんだ後は、お庭で徐々にクールダウン。

 

 

敷地内の植物を見渡せば、年中暑いし季節がない~~と感じがちな目にも南国なりのゆったりした季節の移り変わりがあることを思い出せさてくれる。

 

 

よく見る~たまに見るけど知らない植物の名前をガイドさんに聞いて驚いたり喜んだり。

珍しい木や植物の実をじっくり眺めたり。気がつけばあっという間に流れる時間…。

 

 

 

さらに心地よさを満喫するには、併設のカフェで一休み。ここでもまたプチトリップへと誘って

くれるお茶とお菓子。至れり尽せり、なのにゆるやか。ゴージャスではないけれど、ぜいたくに

流れる時間を過ごすには、ちょっと足を延ばすのもアリかも。

 

 

訪れたのはちょうどタイ桜(ターベーブーヤー、和名:ノウゼンカツラ)の季節。

日本の桜とは違うけれど、散り敷くピンクにハッとしたのも久しぶり。

暑季―、タイはこれからゴールデンシャワーの季節です。

 

 

 

 

 

The Museum of Floral Culture(お花の文化博物館)

315 Samsen RoadSoi28, Yaek Soi Ongkarak 13, Dusit,Bangkok10300

Tel:02-669-3633~4  10:00~18:00(月休み) 入館料:150バーツ(お茶菓子付きセット券もあり)

ガイドツアーにて見学:英語、タイ語。※日本語は毎週水曜日10:00~と13:00~の約45分

(ただし、2013年3月20日は日本語ガイドツアーがお休みになります。英語・タイ語あり)

室内は撮影禁止。 www.FLORALMUSEUM.COM

 

(行き方)BTSアーリー駅3番出口下車からタクシーが便利。約15~20分で片道約80バーツ程度。

(渋滞状況により変動)。場所が少々わかりにくいため、上記サイトから地図のご用意を。

Apr. 8

『地元にふれる水上マーケット』

Post on 2013年4月8日 カテゴリー: ツアー情報, 現地情報, 現地特派員

 バンコクの駐妻 チョンプーです

 

春休み、冬休み、年末年始は一般的に観光客が増えるシーズン。

加えて「海外に知り合いが住んでいる」ともなれば、家族・親戚・友人なども次々に遊びにやって

くるのが常。そんな時、在タイ者は臨時添乗員ばりに張り切ってしまうのもお決まりのこと。

 

 

先日、久しぶりの海外!&初めてのタイ!!という友だちが来タイ。

日本は南国とは違う時間が流れているので、滞在中の日程はほぼこちらに一任。

あれこれ考えて、彼女の希望も加えてチョイス。

定番のワット・ポー、ワット・アルン、アユタヤ半日観光(ゾウ乗りも)にタイ料理。

フット・マッサージ、ニューハーフショー、お買いものと王道をまっしぐら。

これにちょっとヒネリを入れて、国立博物館、ジム・トンプソンハウス見学をプラス。

最後は「地元っぽいところを見たい!」との希望に応えて、線路市場とタリンチャン水上マーケット。

 

メークロンの線路市場(http://etabi.nissin-trvl.jp/featured/thailand/tetsuko/ )は今回3度目。

一方、タリンチャンは実は初めて。ボート・ツアーに乗るつもりで時間節約。タクシーで現地まで

行ってきょろきょろ。

 

水上マーケット入口

 

ツアー窓口を見つけてその場で申し込めばOK。

 

ボートツアーチケット売り場

 

ただしこのマーケット自体土日しか開いていないところなのでご注意を。時間帯、曜日によってツアー内容が多少変わるとの噂。参加したのは、朝10時半から約2時間のツアー(大人ひとり99B≒約300円)。

 

ツアーのボート

 

なまずの餌やり、蘭ファーム訪問、カオ・ラム(蒸したもち米に小豆の入ったおやつ)売り場、お寺を1,2か所廻って元の船着き場へ。

 

なまずの餌やり

 

途中停泊した先で買い食い(乗船前にしっかり調達済…笑)&散歩も楽しめて、水辺で生活する人や、すれちがう他のボートのお客さんと手を振りあうのも多生の縁。強いて言うなら、ボートの座席の板が長時間座るとお尻がちょっと痛くなるのだけが玉にキズ。

 

下船後は、お待ちかねのランチタイム。船の上で調理してくれる様子を眺めた上で好みのモノを注文できる水上食堂。時おりゆるっと吹く川風を感じながらかぶりつく炭火焼のエビの美味しさ。

 

お寺の前に停泊中の売り子さん

 

「あ~~、お休みの昼下がり気分♪」が一気に高まってしまうのでした。

 

タリンチャン水上マーケット

324,Chakphra Rd., Talingchan,Bangkok   8:00~17:00(※土日のみ)

市内からタクシーで約40分から1時間(混雑状況により料金150B~200Bくらい)。

自力でバス、タクシーを利用する際は、マーケットの名前、住所をタイ文字で書いてあるものを

用意した方が確実です。

Jan. 28

『都会で憩う@ bacc 』

Post on 2013年1月28日 カテゴリー: 現地情報, 現地特派員

 タイ駐妻 ことチョンプーです。

さまざまな国籍の人たちが行き交う街、バンコク。色んな言葉と音があちこちから耳に飛び込んでくる日々は賑やかで慌ただしい。

そんな中、一息つきたくてやって来るのがここ、バンコク芸術文化センター(通称 bacc )。

 

2009年頃にオープンした現代アートの美術館は、地下2階、地上9階建て。

周りの建物に比べれば広告も宣伝もないそっけない外観に、「はて、何が?」という気がしなくもないのだけれど、入って「あら!」な驚きがちらり。時おり玄関前に広がるアートに度肝を抜かれることもあって、それはその時々のお楽しみ。

 

 

一旦この空間にすっぽり入ってしまえば、思いがけないほど明るい静けさにホッとできます。

 

タイの現代アーティストの作品からベテランに限らず、多彩な展示がいくつも同時になされているので、いつ行っても何かしらに出会える仕組み。真ん中に大きく開いた吹き抜けに沿って上へ上へと登りながら、スロープの壁にも展示。途中階にショップや小さなストールや似顔絵描き。

 

どこから入っても、眺めてもアートな空間がそこらじゅうに広がる楽しさ。

現代アートはわかりづらいと言うけれど、難しいことをいちいち考えなくても、何となく気に

なったものを、ふらりと来てただ眺める。その気軽さが心地よい。

 

 

都会の真ん中で、しばし心を落ち着ける。軌道修正が済んだら、活気溢れる街へ出てゆこう。

 

Bangkok Art and Culture Centre (bacc)    http://www.bacc.or.th

939 Rama1 Rd.,    10:00~21:00(月休み) 入場無料  Tel: 02-214-6630~8 

BTSナショナルスタジアム駅からスカイウォークで直結の入り口あり(MBK向かい)

 

◇現在bacc 9Fにて「Camera in Motion: a Global Perspective」開催中(~2/3まで)。

王さまの次女シリントーン王女の写真展。公務で訪れた合間に撮影された国内外の写真の数々に

やさしいまなざし、興味、驚き、視点の面白さなどが感じられます。

ページトップへ