ホーム  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   未分類

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Oct. 17

住人のオススメ★タイの海鮮料理はこちらでどうぞ By.とまこ

Post on 2016年10月17日 カテゴリー: グルメ, タイ・エキスパート, 旅作家 とまこ, 未分類

「バンコク都心でおいしい海鮮食べるならココだよ!」
と、在住の方に連れてきていただいたのがこちら、
『頌通酒家 Sornthong Restaurant』です。
30 年続く老舗海鮮料理屋さんでおいしくて有名★

 

 

BTS プロンポン駅からタクシーで5分くらい。soi24 を直進して、
Rama4 に行き当たったら、左に曲がって少しだけ進んだ右手側。
夕方から人がいっぱいいるから、一目瞭然ですよ~。

お店の前で、サテーを焼いてます。

さて、パパッとでてくるビールのおつまみ、『パックブーン』
からいきましょうか! 空芯菜の炒め物です。東南アジア
でよくある料理ですが、タイ料理でもかかせません。食感
は茎のシャックシャクと葉っぱのしっとり、味と香りはニ
ンニクと唐辛子と黒醤油メイン、美味しいに決まってる!

みんな大好きオースワン。牡蠣入り卵焼きという風情です。
牡蠣の旨みを、卵と片栗粉でギュギュッと閉じ込めて、タイ風
味のソースで味わう……滋味深い~★

トムヤンクンは外せないでしょ! お皿でおしゃれにサーブ
されるのも好きだけど、こうして鍋ごとドカンと運ばれてくる
のはもっと好き! どの具材がすくえるかな、エビ乗ったかな、
とワクワクしながらわけるのはイベント感満載です。

さぁ、タイのゴージャス人気料理もいただきましょう、
プーッパッポンカレー★ これは、ワタリガニのカレー
炒めの卵とじ、ですね。迫力満点で、いかにも高級そ
うで、運ばれてきた瞬間、テンション上がるヤツです!
濃密なカニ味と、エキゾチックな味つけが、バッチリ
あうのですよね、タイに来たなら1度は食べないと帰
れませんよ。個人的には、このお店のはかなり好き!
スパイス感、辛み甘み、油、バランスがよかったです。

お店の入り口には、いましたいました。
おいしい幸せをありがとうよ、カニさん。

わたしは、ソントーンの蝦麺が大好。大胆な蝦づかいと、
旨みが麺に絡んだ感じが、もーーーたまりません。これ、
春雨version も注文できますよ。実はそっちの方がもっと
好き! むっちむっちするんだもの。

カオパットプーは、締めについ食べたくなり
ます。カニチャーハンですよ~。パラパラの
タイ米で作る海の旨みしみこみチャーハンな
んて、おいしいに決まってるでしょ★

ソントーンポチャナーは、平日からいつも行列。た、たいへん!
そのかわり、安心して口をゆだねられる安心感はバッチリあるで
しょ。ちょっと早めに出かけて待ち時間を縮めましょ。お腹をみた
してから、夜遊びに繰り出すのもバンコクらしくてオススメですよ。

 

 

ルーフトップBAR や、川辺のカフェで語らったり、シーシャBAR
でエキゾチック気分を楽しんだり、屋台街にスイーツもとめに行っ
たり。あぁ~バンコクの夜はお楽しみがつきませんね★

【Sornthong Restaurant】
2829-31 Rama 4 Rd.Bangkok
16:00~2:00

 

 

とまこさんと一緒にタイに行けるツアーはこちら→

Aug. 15

質と安さにきゅんとくる.ナチュラルコスメを買いだめしますよ By.とまこ

Post on 2016年8月15日 カテゴリー: 未分類

質と安さにきゅんとくる.ナチュラルコスメを買いだめしますよ

バンコクって、ナチュラルコスメがお安くてに入るから本当に重宝。
毎回行くたび、わんさと買いだめしますよ。

 
店舗や時期によって売られてるものが違うから、ドラックストアや
スーパーのコスメコーナーはついつい寄ります。サンプルが置いて
あると、またうれしくなっちゃって(笑)。ヒトサマの国の知らな
い製品のちょい試しって楽しいな~♪

 
製品の種類は豊富すぎ、選んでいて正直混乱……なので個人的には、
「パッケージがかわいい.」「なんか説得力のあるオーラを放ってい
る」などの意味不明の理由で買って使ってきましたが、その結果、
あれば必ず買うようになったものなど、ご紹介いたしますね。

 

ドラッグストアBoots は、つい寄る率No.1

ドラッグストアBoots は、つい寄る率No.1
Boots はイギリス発のドラックストアで、良質の自社製品をた
くさん持っていることでも有名です。コンセプトは ”prime
but accessible”=高級なんだけど手に入りやすい=質は最高、
値段はソコソコってことでしょ。いいですね~♪

 
パッケージはかわいいし、質はもちろん香りもいいし、バンコ
クの中流価格帯=円換算だと安いし! 南国チックな素材の掛
け合わせのおもしろさも惹かれるポイントで。
Boots は以前、銀座や原宿など、東京のおしゃれエリアにも進
出していたけど、数年で撤退。どうやら『安いの? 高いの? どっ
ちよ?!』が日本の市場に合わなかったらしく、残念!
Boots でのショッピングもバンコクならでは、と思ってます。

 

店舗はあちこちあって、ショッピングモールやBicC などのスー
パーにも入っていることが多いし、路面店もよくみかけます。


ココナッツシ× アーモンドのシリーズは、主にしっとり効果が高
くて大好き、マッサージオイルをよく買います。ボディオイルみた
いに使ってるだけですけど(笑)。

アボカド× マカダミアナッツのシリーズはヘアパックが好き!
ラベンダー× ミントはリラックス~な香りが好きで、ボディ
ソープを使います。

これは、ロイヤルゼリーシリーズ。右のハンドクリームが大
好き! しっとり度が高くて冬のお手入れにも大活躍でした。

いろんな香りのボディバターもそろってます。
香りを試しながら選ぶのが楽しい~♪

ロマンチックなパッケージのシリーズもあります。
狭い店舗でも種類豊富に製品が並んでいて、きっとわ
くわくですよ~★

 

スーパーのコスメコーナーも必ずチェック★

スーパーのコスメコーナは、絶対見逃せません!
ナゾめいた粉(↓)や、1個50 バーツ前後のナチュラル
石けんは、自分用にも友だち用にも必ず買います。日本の
ナチュラル石けんって1個500 円以上するものもざらで
しょ。せっかく来たなら買いだめといて~。

他にもたくさんのシリーズがあるので、
ぜひ迷いに迷って楽しんでください★

ちなみに、スーパーのキッズコーナーにはこんな
キッチュなかわゆいバックが売ってたりもします。
こういうのに、お土産を詰めこんでスーツケース
にいれるのも、気分が上がって大好きです★

とまこさんと一緒にタイナチュラルコスメを購入しに行けるツアーはこちら→

Aug. 25

夢の国へようこそby.とまこ

Post on 2015年8月25日 カテゴリー: 未分類

ニセ?夢の国へようこそ バンコク吉日。知人が大興奮である遊園地の思い出話をしてくれました。 たいそうおもしろかったらしく、もう何を言っているのかまるでわかりません! …行くしかありませんな。 翌日、戦勝記念塔駅前のバスターミナルから直通の乗り合いバスのロットゥに乗りました。行き先は『Dream World』。そう、『夢の国』ですよ! 運賃40バーツ(160円くらい)を払うと、この大変心許ない乗車券をもらえます。 一時間くらい走ってとうちゃくしたそこは… うん、知ってる!気がしたけど、キャラが違うから知らないよね! 日本の東京を謳ってるけど、千葉にある夢の国と似てると思ったのは気のせいですたぶん。 650バーツ(2600円くらい)のフリーパスを買って入場すると、すぐお土産やさん、そうそうあそこの国もそういう構成だけど、どんな遊園地も同じようなつくりですよね。 ていうかいきなりですよ、世界のミッキー的なうなやつ。 …あ、無いみたい。聞くのが野暮でしたね(笑)キティ的なやつもわんさかです。 さぁ、開き直って参りましょう!偽ディズニーランド、もといDream Worldです!! さぁ、乗り物コーナーへ行きますよ。 (わりと)列ができてるあれにしましょう! ん?? なんか… はいでた、偽スペースマウンテン 中もそっくりそのまんまのコースにしようとしてる努力がよく伺えました。 残念なことに、すごく中途半端な暗さで、レールとか見ちゃいけないガラクタ(?)みたいなのとかよく見えました(笑) 続いて、どの遊園地にもありおすな絶叫マシンに挑戦。 それにしても、へっちゃらそうなマシンです。せっかくなので、乗りながら動画を撮ってみることにしました。 …死ぬほど怖かったです(泣) あまりの恐ろしさに叫びまくり、一ヶ月間声が潰れてました(泣) なめたらいけません!!!!死ぬ気で撮った渾身の動画をご覧下さい…。 続きはまた次回~

Jul. 9

海辺でおしゃれにシーフード 海を眺めながら美味しいシーフ-ドを食べたい!!

Post on 2013年7月9日 カテゴリー: グルメ, 旅作家 とまこ, 未分類, 現地情報

   こんにちは 旅作家のとまこです!

 

★店舗情報
『ラヴィエング・タレー rabiengtale』
1/71 soi banbu 72,old-sukhnmvit rd. tabann samutprakan
http://www.rabiengta-le.com/

 

 

 

Jun. 24

『初めてのカフェ』

Post on 2013年6月24日 カテゴリー: 未分類

バンコクの駐妻チョンプーです。

 

タイのコーヒーは濃い。

 

バンコクで初めて飲んだお店のコーヒーは、「げほっっっ」と、むせるくらい濃厚だった。

 

今でこそ、某有名コーヒーチェーン店以外にもおシャレなカフェはたくさんあるけれど、

 

来タイ間もない頃は「普通の濃さのコーヒー」を探すのが至難の業。

 

今日こそは、明日こそは…と運ばれたカップを前にコーヒー色を見つめるのが常だった。

 

 

<カフェ・ド・ノラシン> タイ人経営の初めてのカフェができたのは1922年。

 

時はラーマ6世の時代。「舶来の~」という言葉がぴったりだった頃が始まり。場所を変え、

 

時を超え、一時閉店を乗り越えて復活したのが元宮殿の敷地内。

 

 

初めからカフェ狙いで行ったのに、たまたま郊外学習で来ていた大人数の学生さんに交じって

 

元宮殿パヤタイ・パレス内をひとしきり見学。

 

やっとたどり着いたカフェで、ちょこっと休憩のつもりが軽食ランチ。もともと座席数が少ない

 

から座れたらラッキー!…とばかりに長居する人もちらほら。

 

古き良き時代が香る室内で、ゆったり楽しむコーヒータイム。せっかくなら、この良心的な

 

価格のままで、もう少しおシャレメニューになってくれたら…と願うのは、単なる庶民の

 

わがままか。色、艶、肝心のコーヒーのお味はさて如何に。

 

 

 

 

 

 

Café de Norasingha@Phayathai Palace

315 Rachawithi Rd., Ratchatewi

Tel:0-2354-8376   月-金:8:30~19:00/ 土日:10:30~19:00

(行き方)

BTSビクトリーモニュメント駅より徒歩10分強(駅からのスカイウォーク+10分)。

Phramongkutkutlao病院敷地内にパヤタイ・パレスがあり、その正面玄関前がカフェ。

敷地内はかなり広いため、手前の病院側から入ってしまうとわかりにくい恐れあり。

パレスの建物を目指す方が辿りつける。

Jun. 14

辛くないけど本場のタイ料理を食べたい人におすすめのレストラン(1)

Post on 2013年6月14日 カテゴリー: グルメ, タイ・エキスパート, 未分類, 清水千佳

 

 

 
サワッディー・カァ!タイ・コンシェルジュの清水です。

 

 

10代のころから住んだり、仕事したり、出張したり、遊びに行ったりして20年関わりを持っているタイですが、子供が出来てから、かなりタイを見る視点が変わりました。

 

 

特に外食に関しては日本にいながらも「子連れでも連れていける雰囲気?」「子供が食べられるメニューはある?」「ベビーカーは入れるかな?」といろいろと気になるポイントはありますよね。

 

 

慣れない国での旅行中となればなおさら気になります。しかも

 

「タイ料理=辛い」

 

というイメージが浸透しているだけに、「辛くない、子供でも食べやすいタイ料理はあるのかな?」ということも不安になりませんか?

 

 

やはりタイに来たら本格的なタイ料理も楽しみたいもの。ただ心配なのは辛さ…。そしてマイルドな味付けのレストランの場合は、外国人向けすぎる味付けで本格的なタイ料理からはかけ離れた味になっているのではないか、ということ。

 

 

数回にわたって、こちらのブログで、

 

マイルドな味付けのタイ料理ながら本来のタイ料理の美味しさを堪能できるレストランをご紹介します!

 

まず一回目は日本人旅行者にも人気の宿泊エリア「スクンビット」のSoi23にあるレストラン「プアンゲーオ」。

 

 

 

 

創業25年の老舗タイ料理レストランです。バンコク在住日本人にとっては「昔からある日本人御用達レストラン」的な存在。メニューは写真と日本語付きで注文しやすく、値段も手頃。

 

 

日本人の口に合うマイルドな味付けながら、タイ料理の本来の美味しさを全く損なうことなくいただける本格派! 20年以上も人気があるのも納得です。

 

 

そして気になるのは「子連れOKな雰囲気か?」ということ。

 

 

実はここ、日本人駐在員家族の「子連れでも入りやすい」レストランとしての太鼓判つき。スタッフの感じもとても良く、味つけもマイルドなので、子どもでも食べやすくなっています。

 

 

<DATA>
■Puang Keaw(プアンゲーオ)
住所:Sukhumvit Soi23
TEL:02-258-3663
営業時間:11:00~14:00/17:00~22:00
(土日祝は11:00~22:00)
アクセス:BTSアソーク駅から徒歩10分

 

ページトップへ