ホーム  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   文化

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Apr. 12

『お花で巡るタイの文化』 お花の文化博物館

Post on 2013年4月12日 カテゴリー: 文化, 現地情報, 現地特派員

 バンコクの駐妻 チョンプーです!!

 

タイの街角で見かける色鮮やかなもの。フルーツ屋台や洋服、タクシー、お花もまたその1つ。

南国特有の華やかな色あいは、見るだけで自然と気分を高揚させてくれる。

 

 

 

そんなお花たちの視点から、タイの文化や歴史に触れられるのが『花の文化博物館』(The Museumof Floral Culture)。昨年の8月に開館したばかり。

 

 

ふだん目にするタクシーや祠の先にあるプアン・マライ(花輪)やプーム・ドックマイ(花飾り)と

呼ばれる昔ながらの伝統的なものの成り立ちや、作り方。

タイのフラワーアレンジメントの走りは…?なんていう謎解きを、ガイドさんの案内で辿る歴史のプチ旅行。その流れに乗って、世界(バリ、インド、ラオス、チベットなど)の花遣いまで広がってゆくところが面白い。もちろん日本の華道も忘れずに!

 

 

 

コロニアル調の室内でとりどりの世界を楽しんだ後は、お庭で徐々にクールダウン。

 

 

敷地内の植物を見渡せば、年中暑いし季節がない~~と感じがちな目にも南国なりのゆったりした季節の移り変わりがあることを思い出せさてくれる。

 

 

よく見る~たまに見るけど知らない植物の名前をガイドさんに聞いて驚いたり喜んだり。

珍しい木や植物の実をじっくり眺めたり。気がつけばあっという間に流れる時間…。

 

 

 

さらに心地よさを満喫するには、併設のカフェで一休み。ここでもまたプチトリップへと誘って

くれるお茶とお菓子。至れり尽せり、なのにゆるやか。ゴージャスではないけれど、ぜいたくに

流れる時間を過ごすには、ちょっと足を延ばすのもアリかも。

 

 

訪れたのはちょうどタイ桜(ターベーブーヤー、和名:ノウゼンカツラ)の季節。

日本の桜とは違うけれど、散り敷くピンクにハッとしたのも久しぶり。

暑季―、タイはこれからゴールデンシャワーの季節です。

 

 

 

 

 

The Museum of Floral Culture(お花の文化博物館)

315 Samsen RoadSoi28, Yaek Soi Ongkarak 13, Dusit,Bangkok10300

Tel:02-669-3633~4  10:00~18:00(月休み) 入館料:150バーツ(お茶菓子付きセット券もあり)

ガイドツアーにて見学:英語、タイ語。※日本語は毎週水曜日10:00~と13:00~の約45分

(ただし、2013年3月20日は日本語ガイドツアーがお休みになります。英語・タイ語あり)

室内は撮影禁止。 www.FLORALMUSEUM.COM

 

(行き方)BTSアーリー駅3番出口下車からタクシーが便利。約15~20分で片道約80バーツ程度。

(渋滞状況により変動)。場所が少々わかりにくいため、上記サイトから地図のご用意を。

Aug. 27

ノウミソも筋肉も刺激的! 絶対はまるムエタイレッスン★PART1

Post on 2012年8月27日 カテゴリー: タイ・エキスパート, 文化, 旅作家 とまこ, 現地情報

 

サワディーカァ、とまこです♪

旅の本とか書いてます。

 

タイって言ったら、ムエタイでしょー!

……とかいって、今までほとんど興味なかったのですが。

大人の事情から、トライしました。

 

えぇ、食べすぎましたよ。肥えましたよ。

で、ナニカ??!

だってしかたないですよ、タイ料理っておいしすぎるんだから!

 

と、逆ギレしたり、やさぐれたりしてても

仕方ないので、汗を流してみることに。

 

じゃ、なんでムエタイ?

きっかけは単純です。

常宿ロンポーマンション(http://rompo.namjai.cc/

の一階にムエタイジムがあったから。

 

ほんっと、いろいろ世界の広がる宿ですよぉ。

http://muaythai-bkk.com/

 

レッスンは、16時〜17時。

初心者、経験者、プロ、それぞれのステージに

あわせたプログラムをアレンジしてくれるそうで。

わたしはもちろん、初心者の1時間コース、400バーツ(≒1080円)です。

 

動きやすいように、タンクトップとショートパンツに着替えたら、

タオルとお代だけを持って、いざ、たのもー!

 

 

きっと、むっきむっきのメンズだらけなんだろうなぁ、と

うっすら想像しながら門をたたくと……

すんごいかっこいい女子発見!

体中がきゅっと引き締まってて、立ってるだけで躍動感!

うわっ。思わずカメラのシャッターをきり、そのまま練習をじっくり見学。

 

 

うわー。当然ながら、動き出すとさらなる躍動感。

「全力で生きてますっっ!」 的なオーラがむんむん。

 

 

つづいて、ちびっ子がサンドバックをけったりパンチしたりし始めまして。

真剣な目つきが、たまらなくけなげ!たまらなくオトコっぽい! 

あーーー、ほれそう。

 

 

 

先生! ジムのオーナー神田先生!

もう、わたし、見てるだけ充分おなかいっぱいです!

この幸せを奪わないでください!

と、へんたい気味に訴え、じーっくり、ジムのあっちこっちを

なめるように見学しだしました。運動してるなみにドキドキです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

お兄さんも、もちろんいます。

 

 

 お話しはつづきます…..

 

Aug. 24

タイの「母の日」

Post on 2012年8月24日 カテゴリー: 文化, 現地特派員

特派員のWAKOです。
大学で日本語の教師をしてます。

8月6日はタイでは王妃様の誕生日と言うことで「母の日」になります。
タイの母の日には、お母さんに写真の様なジャスミンの花を贈ります。
また、王妃様のカラーが青ですので、そに日にはみんなで青色の洋服を着てお祝いをします。

タイ人にとって母の日は、とても大切にされており、

どんなに遠くで働いていても実家に帰ります。

なので、道路はどこも渋滞になります。

8月は先週の仏教の日の4連休と母の日の3連休があり祝日がたくさんあります

Jul. 10

ワイクルーの日(Teacher’s Day)

Post on 2012年7月10日 カテゴリー: 文化, 現地特派員

 特派員のWAKOです。
 大学で日本語の教師をしてます。

 

今日は 先週ありました、ワイクルーの日(Teacher’s Day)を紹介したいと思います。

学生が教師に対して感謝・尊敬を示す、タイではとても大切な日です。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC

今年入学した1年全学科が教師に花を贈り、

教師からこれからの学生生活や勉強がうまくいくように言葉をかけます。

 

学生たちは前日に写真の飾りを作ります。

各学科いろいろな個性が出ています。

 

 

ページトップへ