ホーム  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   旅作家 とまこ

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Aug. 6

展望バーを気軽にはしご ★ バンコクならでは、大人で都会なキラキラナイト

Post on 2012年8月6日 カテゴリー: グルメ, タイ・エキスパート, 旅作家 とまこ, 現地情報

 

 サワディーカァ、とまこです♪

旅の本とか書いてます。

 

「バンコク」 と聞いて、1番に頭に浮かぶこと・・・

屋台にシンハ! テッパンです。

ここちよくって、おいしくって、安くって♪

= 楽しくってしかたないやい、日々行くわい。

 

でも、そんなことを続けていると、ふと

都会的で大人っぽいこと、したくなるんですよね。ふっ。

 

そんなわけで、いってみよー、都会で大人な展望バー!

しかもひとりで、手には小説、目は伏せがち!(イメージ)

 

で、どこへいこうか、調べ出したら、

あるはあるは、さすが大都会、バンコック。

展望バーも、よりどりみどりでした。

 

有名処は、チャオプラヤ川沿いの高級ホテル屋上に多い印象。

チャオプラヤ川って、都心からやや離れているんですよね。

でも、バーで飲みたいのは、一日のしめタイムで……
その時間、ちょっと行きにくいかも。

 

で、向かったのは、『Long Table』。

都心スクンビットにあるコラムレジデンスの25階。

The Column Residence Bldg., Sukhumwit Soi 16 Bangkok)

BTSアソーク駅から歩いて5分、ベンリだな。

展望バーなんて日常茶飯事よ、

今日もちょっと気が向いて寄っただけよ、

なんてフリだって、この立地なら、

不慣れなわたしにでもギリギリできます、セーフー。

 

で、行ってみると、あらあら、あらぁ ♥ 

高級感あふれるシックで大人な空間だけど、

肩肘貼り過ぎない感じがいい!

できる大人が、余力残してやってきました、

ほどよく陽気に遊びましょーって雰囲気がいい!

なにかにつけて、『いい塩梅』。

 

 

グラスやアルコールがわんさと並んだカウンターは

バーテンダーさんとの距離がほどよくて。

 

 

 

デートの2人が親密になれそうな席もあって。

 

 

 

グループでもくつろげそうなゆったり席もあって。

で! わたしみたいな、眺め命

(○○は高いところが好き?)の輩が集まる

バルコニーにはこの絶景!

 

 

はぁ。

いいじゃない、いいじゃな~い、ため息です★

実は行く前少しだけ不安があったのです。

25階って、ちょっと低いなぁ、、って。 

 

ところが。この高ささえも 『いい塩梅』 。

光の尾をひいて走る車やら、

照らし出されて風に揺れる森やらが、

ギリギリなんとか眺められるこの高さ。

 

 

おもしろすぎます、うっとりすぎます!

超高層ビルから、光出される茫漠の美とは

全然違う、別物の魅力がたっぷりで!

 

 

 

一瞬一瞬、目の前に展開する光と闇の

一大アートが繊細に変化していくからもう。。

うっかり目をはなすわけには行かないのです!

1杯のカクテルさえも、

(バンコクコスモポリタン・376.64バーツ≒1020円)

飲むこと忘れてよいまくり☆ 

ステキな風景によいまくり★

 

 

バルコニーにはプールもありました。

光と闇は、水面にも、新たな世界を作り出し。

 

 

どきどきどきどき……妙に覚醒、妙にあげあげ、

ゆったり小説読むはずだったけど

おのぼりさんにはムリでした(恥)!

 

 

 

と、いうわけで、アソーク駅近くの

Sheraton Bangkok, Sukhumvit 15の8階、

屋上バー『アンバー』へ。

(4 Sukhumvit 15 Sukhumvit Road, Klongtoey-nua, Wattana, Bangkok)

こちらはね。ホンキで癒しです。

大都会バンコク、林立するビルのハザマスポット。

ふかふか寝そべり用ソファーにゴロンとして

 

 

フレッシュパイナップルジュース

100バーツ≒270円)をチューチュー言わせて。

 

 

夜風をふわっと浴びながら。

ビルの明かりをふわっとぼんやり眺めながら。

なんと、満月のやさしい光をふわっとあびつつ。

 

 

 

ゆったり小説読みました。

あー、めでたし★

 

この、ひとり興奮⇒ふんわり癒しの、

大人的飲みコース、かなり、気に入ってしまったのでした☆

 

展望バーのひとりはしごって、日本だと

なんとなく身構えるし、それなりにお高いし。

ちょっと敷居が高い気しませんか?

気安く、懐にもやさしいバンコクでこそ、

ぜひご体験ください~。

 

 

次回は、バンコクのテッパン、屋台ナイトです♪

Jul. 26

わざわざ行くべし! 効果テキメン、感動の足ツボマッサージ

Post on 2012年7月26日 カテゴリー: タイ・エキスパート, 旅のコツ, 旅作家 とまこ, 現地情報

 サワディーカァ、とまこです♪

旅の本とか書いてます。

 

バンコクで過ごす中で

「革命的!」

と思ったこと、たくさんあります。

 

その中でも革命率の高かったことのひとつは、マッサージ。

きっもちいいのがお安く、あっちこっちにあるから、

毎日でも受けられちゃうってこと。

 

これは、ココロの支えですよ!

一日中、あっつい中サンダルで歩き回って、

ヘロへロになろうとも、後でマッサージ行くから

ヘーキヘーキって、安心してるんです。

 

 

安心顔代表。バンコクでみつけたコックさん像

 

 

どのくらい安いかというと、1時間300バーツ前後(≒900円)。

日本はどーでしょ、15分うん千円とかの世界でしょ。

しかも、タイは、相当!レベル高いですからね。

こりゃ、たまのタイライフのときくらい、思う存分やっとかないと~。

 

 

 ドクターフィートの料金表

 

『ドクターフィート』

 

http://doctorfeet.6te.net/first%20page.html

 

 

  

 

 

いろいろ行きました。あっちーこっちー、行きました。

毎夜毎夜、みょーに元気になってから

ロンポーマンションに戻るわけですよ。

だから、ちょくちょく夜中のベランダシンハー。

ロンポー名物夜景をツマミに、カンパイ★

は~、なんて正しいシンハーの儀式!

 

    ロンポーマンションからの夜景はプライスレス

 

 

で、マッサージの感想はというと。

行ったところは、大抵どこもよかったです。

タイって、ほんとにマッサージ大国だなぁ、としみじみ思いました。

なので、雰囲気やアクセスのよさ、営業時間が

お気に入りのポイントとなりました。2位までは。

 

でも! 何でも1番ってすごいことなんですね!

ずば抜けてましたよ、『ドクターフィート』 は……。

だって正直、アクセスも雰囲気も、特別すごいわけではないですもん(笑)。

(とは言っても、BTSトンロー駅からタクシーに

乗ればすぐです。歩いても15分くらい。)

それでも、わざわざ行く価値、大ありです。

 

 

     かたぎな雰囲気

 

 

どこのマッサージやさんでもよくあるのは、全身と足のメニュー。

わたしがそこで感動したのは足マッサージ、1時間350バーツです。

担当してくれたのは、笑顔のすてきなおねぇさん。

足を、丁寧に洗っていただき、スタートです。

ねぇさんは、ぐぐっと力強くツボを押します。

台湾系足ツボマッサージに近いかな?

一箇所一箇所、とーっても丁寧に、押しほぐしてくれます。

あぁリラックス~。

 

 

     お店には、日本語の本や雑誌もある

 

 

でも、不思議なことが。

リラックスして、ココロも充分ほぐれているのですが、眠くならないんです。

他のお店でやったほとんどのときは、途中で眠りに落ちました。

なのに、こっちは、健康になっていくのを、バッチリ見届けている感じ。

普段、肩もんでもらって、あーそこそこ、っと妙にテンションあがること、ありますでしょ?

そんなのが、永遠につづく感じです!

他がリラックス系なら、ここは元気はつらつ系!!

 

そんなわけで、歓喜のまなざしで、ねぇさんの指の動きをじっと見つめます。

あ~、これがプロの仕事ねぇ……と、しきりに感心……

 

 

    !!!!ドスン!!!!

 

 

ぎゃぁっっっ!!!

なになに??この、重苦しいつきは!!

足裏の、深く深~い芯みたいなとこが、

ぐぅっとひねっくり返るみたい、

「イタイッッッ!!!」

 

「○○○ワルイデス(日本語)」

 

ねぇさん!

痛すぎて、どこが痛いかなんて瞬時に右から左に飛んでくよー!

「どこどこ?」

聞き返すと、足ツボ表を持ってきてくれました。

 

 

     日本語で書かれてる。こわいくらい詳しい

 

 

で、見ると、生殖器系、ナヌッ!

こういう足ツボ系は、悪いところが痛いんですよね。

そこをもみほぐせば、ちょっとは改善されるんですよね。

なので、痛くて痛くて、もだえながらも、

治したいから耐える耐える、うぐぐぐぐ……。

なんとか痛い箇所を終え、足裏全体も終え、ひざ下モミモミになると。

 

 

    !!!!ドスン!!!!

 

 

またかーーー!

おっとそこも、生殖器系のツボでした。

 

 

     足ってツボだらけね

 

 

なんか、妙に納得しちゃって。

激痛が二箇所、その二箇所ともが同じ系統のツボだったので。

痛いところが悪い、っていうのは正しそうですねぇ。

 

で、再び、元気はつらつ系に気持ちよくなり……

すると、問題提起されたことが、スーッとココロに入ってきました。

自分の体をいたわってあげようって、明確に思えてるのです。

あ~、これ、マッサージ効果で、ココロも元気で素直になってる証拠ですね♪

気分よく終了。で、サンダルをはく……

 

 

     !!!???!!!???

 

 

ほんとに、ほんとに、たまげました!

足が、3分の2に縮まった??!!

始める前、歩き回った足はパンパンで、サンダルにムリヤリおさめ、

ストラップもぎゅうぎゅうと力づくでとめたのに。

なのに、施術後は、スルッと入ってゆるゆる、逆に歩きづらいくらい、ゆるゆる。

目が真ん丸、イタイイタイも好きのうち!

あぁ、もう一度言います、これが、なんで、350バーツ?? 

コストパフォーマンスよすぎでしょ!

 

 

は~、大満足。ロンポーマンションまで、歩いて帰れちゃいそうですよ~♪

……で、また足がパンパンになって、ドクターフィートまでやってきて、

元気はつらつになって、また歩いて……

 

あ、仕掛けもバッチリですね(笑)

 

     肩マッサージ中の男性

 

 

Jul. 24

自分にうっとり ♥ ♥ ♥  美肌最上級になれるタラソテラピー

Post on 2012年7月24日 カテゴリー: タイ・エキスパート, 旅作家 とまこ, 現地情報, 美容

 

サワディーカァ、とまこです♪

旅の本とか書いてます。

 

いやー、バンコクのエステ事情は、ほんとすごい!

思い出すたび、興奮ぎみですよ。

 

前回は、奇声をあげたフェイシャルをご紹介しましたが、

今回は、ニューハーフちゃんに追いついた(?!)、

奇跡のボディエステです。

施術中、自分のお肌を触って、思わず

 

「ふわっ♥  ♥  ♥ 

 

って声が漏れまして。

それと同時に、

 

「ニューハーフちゃんになれた~!!!」

 

ってココロの中で、叫びました、明確に!

うっとりしながら!!

 

いえね、わたし、バンコクのGOGO ニューハーフ

(↑ニューハーフちゃんが接客してくれるとこ) 

に行ったとき、彼女たちの胸回り

(強制的に)さわらせてもらいまして……

 

       「ふわっ♥  ♥  ♥ 

 

メルヘンボイス、出ちゃいました!

しっと~りぷるるるん、ナニナニ?

このすいつくようなみずみずしさ、一体なんなの?!!

この世のものとは、とてもとても思えず……息、呑みました。

永遠に、なでなでしてたいと、ホンキで思いました(笑)。

あぁ、ニューハーフちゃんの美へのこだわりは、

予想をはるかに上回るー!

 

もとから女であるわたしたちが潜在的に持っている

甘えなんてものは一切ないのでしょう。

できることに全力を打ち込む気合と、潔さをしみじみ実感したし

ずば抜けた完成度に、打ちのめされましたのでありました。

あぁ、女として、最高の刺激をいただいたのです。

あなたのお肌になりたいのっ(ホンキ)。

 

その、お肌に、たった2日後になれちゃったんです!!!

バンコクって、ドリームシティ、

なんでも手に入るんですね、お金さえあれば(笑)。

 

そんなこんなの、大感動エステ、

『コラン ブティックスパ』 をご紹介いたしましょう☆

 

 

 

 

『コランブティックスパ』

 http://www.coranbangkok.com/jp/index.php

 

 

わたしが受けたのは、タラソテラピー

(↑海水や海藻など、海の資源で体を内側から活性化させる施術。

フランスなど、ヨーロッパで古くから行われています)

 “Moon Attraction 2008” – エネルギー向上コース。

120分で、2900バーツです。内訳は、

 

●クリスタルソルトボディスクラブが30分

 シャワー時間が10分

●仏産活性海洋クリームで80分。

 

 

 

場所は、BTSアソーク駅から歩くと10分以内。

予約するときに、駅までのお迎えも頼めます。

わたしも頼みました。ので、駅前の

ロビンソンデパート正面まで来てくれてたはず……

でしたが、5分遅刻して到着したら、いませんでした(笑)。

わたしが悪いんです、イエス。みなさんも、どうぞお気をつけて~。

 

ともあれ、到着したそこは、庭付きの白い豪邸。

ロンドンの貴婦人か、田園調布のマダムが

住んでいるに違いありません。

 

まずは、ほてった体を、出してくれた

おしゃれなお茶でクールダウンしながら

問診票を簡単に記入。

そしたら、セラピストさんに案内されて、建物を出ます。

おっと。そこは緑あふれる南国庭園、きもちいい!

ここは大都会バンコクじゃなかったの??

 

 

 

 

ちょっと進むと、白いロッジが。

これですか、わたしのための部屋とやらは~、感激!

 

 

  

この時点で、すでに2割くらい、

美肌になってきた気さえしてしまいます。

 

まずは、着ているものを全て脱ぎ、

渡されたエステ専用パンツに履き替え、

   (紺色の紙製ハイレグ。笑)

タオルを巻いて準備します。

 

準備ができたら、備え付けのベルをチリリンと鳴らして

セラピストさんを呼ぶ……♪

姫か、わたしは!

 

いよいよ、はじまりはじまり~。

クリスタルソルトボディスクラブ塗りたくりながらのマッサージ。

いや~、いや~、きもちいい!

 

ソルトのツブツブ感と、強すぎず弱すぎずの、力加減が

なんとも心地よく、あ~、うっとり。

ゆったり流れる、ヒーリングミュージックも手伝って、

ほろろん、心地よく、夢の世界へ……。

 

しばらくして、セラピストさんは、やさしーい、ささやきボイスで

「シャワーで流してくださいな」 とわたしを起こし、

部屋の外へと出て行きました。

 

とろろんふぬけた脳みそで、ゆーっくり起き上がり

部屋についてるシャワーを浴びる……

 

そのときです!

 

「ふわっ♥  ♥  ♥ 

 

メルヘンボイスが出ちゃったのは!

そして、2日前、大っ感動した

ニューハーフちゃんの手触りが鮮明に蘇ってきて……。

 

じたばたしました、もがきました、ほとんど悶絶、

うれしすぎて、悶絶です!

ハッピーすぎですー!

これ、わたしの肌??

こんなの知らない、うそでしょうそでしょ、

わたし、ニューハーフになっちゃったのね。ぽ ♥ 

 

この手触りで、大決定です、わたしのエステ史上、最高峰!

これまで、どこに行こうと、バリの某所だけは、越えられなかったのです。

限界を見た気がして、ある意味の淋しさはありました。

過去の記憶を塗り替えられないなんて……

それが、とうとう、記録更新しちゃったのです、

こんなしあわせ、ありがとうございます~!

 

  

 

 

 

はぁ。大興奮の大感動で、再び姫ベルを鳴らします。

セラピストさん、わたしの大満足のへろへろ顔に、

にこっと微笑んでくれました。

なんか、通じ合った気がして、いいものですね~。

 

いい状態のときって、さらにいいことひらめくものです。

お気に入りの音楽が流れたら、もっといい気持ちになりそう♪

そこで、iPhone に入れている一番好きな音楽を

流させてもらうことにしました。

 

グレーの海洋クリームをたーっぷり塗りながら、

いい塩梅マッサージが再開します。

肌も、耳も、ココロも、もーーー、どこもかしこもココチいい。

しあわせいっぱい、満ちてます~♪♪♪

 

そんなこんなで、またも、夢と現をいったりきたりの

とろけるひとときを過ごしまして。

最後は、ちょっと強めの背中から首、頭のマッサージで締め。

あぁ、極楽。

 

 

  

そして、ぬれたタオルでグレーのクリームをふき取っておしまい。

そう、おしまい。

わたしのように、シャワーで流してしまってはダメです。

そう、ダメ(涙)。

わたし、流しちゃったんですよ!

「終わり」 って確かに言ってたけど、でも、何分ふぬけ脳。

最後はシャワーって思い込んでたから自然に……。

 

本来は、ふきとったまま服を着るんですって。

そして、その日はシャワーを浴びないでおくと、

どんどんどんどん、海洋成分が肌にしみこんでいくそうな。

 

一緒に行ったおともだちと話してて、

最後はシャワーしないのが正解だったってわかりまして。

でもですよ! そのときは、がっかりしました。

でもですよ! わたし史上、最高の美肌になっていることは、事実で、

翌朝、もっともっと、しっとりしてるのも、やっぱり事実で☆

 

100%正しくやらなくても、こんなすごい効果があがるなんて。

再訪して、ちゃんとやったら、どんなになっちゃうんでしょうか。

頂点に立ったときのすごさがチラと垣間見えて、もー、考えるだけで興奮しますっ。

リアルに楽しみ!! ニューハーフちゃんのボスになる日は近いです♪

 

 

 

  

ではまた。

次回はタイマッサージです★

Jul. 17

中華街のビューティスイーツ

Post on 2012年7月17日 カテゴリー: グルメ, タイ・エキスパート, 旅作家 とまこ, 現地情報, 食べ物

サワディーカァ、とまこです♪

旅の本とか書いてます。

 

バンコクにも、中華街はあります。

どの国に行ってもありますね、ほんと、

中華的バイタリティには脱帽!

また、タイ人の中には、中華系の方々も多いので

より気合の入った、存在感抜群の迫力地区に

仕上がっているのでありますよ。

 

 

中華街のお楽しみといったら

市場でのごはんとお買い物!

ごはんははずしたことないし、

珍し食材やらヘンテコグッズやらもいっぱいだし。

例えば、干からびたトカゲやなまこが

積み上げられた乾物屋さんとか。

な、なまなましい、なまこが

ふよっとしてる、海の幸やさんとか……。

妙な主張のある、味なキャラつき

パッケージの、なんちゃらとかね。

 

 

 

 

 

売り込みっぷりは、タイの他より勢いあって。

でも、中国のそれと比べてほどほどでいい塩梅。

人情も伝わってくるってものです!

ともかく、ふらふらしがいのある地域なんですよ~。

 

 

 

 

先日おさんぽに出かけたときは

新たなキーワードを見つけました。

みんな喜ぶ、『ビューティデザート』です♪

 

 

チャイナタウンのメインストリート・

ヤワラー通り(Yaowarat Road)の狭い路地でみつけた

魅惑のビューティデザート屋台はこちら。

 

あーっついさなかでも、ホットスイーツ!

中国では伝統的に、代謝機能を低下させる

冷たい飲み物や食べものは

避けられることが多いのですが。

ホットってところが、いかにも中華的健康思想。

一方、いかにも南国的なココナッツや

タピオカが盛大に使われてたり。

つまりは、「中華街@南国に来たどー! 」

的な喜びがあるのです☆

 

なんでもかんでもおいしそう、迷いますー。

全部食べてみたいけど、こちらの戦力は3人。

3杯いただくことにしましょうか。

お値段は1杯20~30バーツ(≒54円~81円)、安っ。

 

 

まずはこちら。

 

ブアローイ・ナムキン といいいます。

ゴマ白玉だんご入りの生姜スープ。

 

この白玉、ふわっとしてて、くちびるでちぎれちゃう。

口の中がきもちいい~。

中からは甘さ控えめゴマソースが出てくるし。

それが、ピリリッとからい生姜スープと合わさると

大人化効果絶大、味が締まること!

 

生姜は、脂肪を分解する働きがあるらしく。

それに、抗酸化作用がシミやシワを予防するとのことで。

ビューティエキス大配合! 盛大に食べなきゃ。

 

 

続いて、こちら。

 

カオニャオダム・ピアックという、

黒もち米のココナッツミルクがけ。

 

ほのかに甘い黒もち米は、ぷちぷちもちもち

食感がとにかくいいのです~♪

それに、砂糖ではなく、塩の効いた

しょっぱいココナッツミルクが絡みつき!

あ~、はまるはまる。

 

黒もち米は、食物繊維たっぷり。

その上、生姜と同じく抗酸化作用もばっちり。

シミシワ予防に効きますよ~、わい♪

 

 

そしてこちら。

乾燥ロンガンとタピオカのココナッツミルクがけ。

 

もちっぷるるんのタピオカに、

くちゅっと弾力のある、甘いロンガンがくるまれます。

上記と同じ、しょっぱいココナッツミルクとの

相性も抜群、いくらでもいけちゃいます!

 

ロンガンは、ライチに似た味の果物で、

甘くてお菓子みたいにかわいらしい香り。

漢字で書くと『竜眼』。乾燥させると『竜眼肉』。

女性の味方的漢方として重宝されてます。

中でも、美容効果としては、補血作用があるので

血色がよくなってお肌が美しくなるとか。

アンチエイジングにばっちりだそうです~。

 

あーおいし♥

食べれば食べるほど

きれいになれちゃう気がするし

(幻想でもいい!)

いいことばっかりです★

 

 

こちらは。

道端屋台の、ザクロジュース。

目の前で、ザクロをじゅわわと絞ってます、

100%です、ぜ、ぜいたく~!

これで40バーツ(≒108円)ってお得すぎ。

 

ザクロといったら、女性の味方の代表選手!

ザクロに含まれるエストロゲンが

コラーゲンの働きを助けて

お肌や髪を若々しく保つんですって。

ジャンジャンのまないと♪

 

 

それから、スイーツではないけど、

ビューティってことで、おまけです。

こちらは、お持ち帰りしたツバメの巣スープ。

 

コラーゲンたーーっぷり、

究極のアンチエイジング食として有名ですよね。

感想は、つるりんっとしてて、ほのかに甘くて……

正直、可も不可もない!

(わたしの口が高級食材に向かないとか

いうご意見は受け付けておりません)

でも、絶世の美女・楊貴妃も

せっせと食べてたってことですし。

一杯200バーツ(≒540円)で

食べられるなんて、日本では

ありえないのですよ!

日本だと、4000円とか、そのくらいでしょ。

(google先生調べ)

せっかく来たら食べとかないと。

 

と、いうわけで、食べれば食べるほど

キレイになるスイーツたちでした。

……食べ過ぎて、体重増えたけど、

その分キレイになったはず……

信じるものは救われるって、信じてます!

 

 

次回は、大好きなアンティークマーケットです☆

Jul. 9

世界で1番すきなカフェ★ 川沿いのほっこりアートな古民家 『サムサラカフェ』

Post on 2012年7月9日 カテゴリー: グルメ, タイ・エキスパート, 旅作家 とまこ, 食べ物

Samsara cafe&meal
1612 Soi Kangwatpatumkongkaram Songwad Rd., Sampuntawong,Bangkok,10170
:13:00〜14:00火:12:00〜23:00水:18:00〜21:00木:12:00〜23:00金〜日:17:00〜0:00

 

 

サワディーカァ、とまこです♪
旅の本とか書いてます。

 

バンコク、だいすきです。
エステにマッサージに、美的効果がたっぷりだし、
おいしいものいっぱいあるし、
屋台でシンハー飲むのは、幸福以外の何者でもないし。

 

そして、なんと言っても。
わたしが、バンコクへ帰りたいと思う

NO1の理由は、Samusara Café & mealです!

居心地よすぎるんです。

こんな場所、求めてました。

なんとかして住み着きたい~!!!

けっこうホンキ。

わたしが、建物に求める一番のこと、断然、眺めです。

ホテルしかり、安宿しかり、ちょいちょいのカフェタイムしかり。

抜けてるとうれしい。高いとうれしい。空気が流れてるとうれしい。

眺めさえよければ、大体のことは目がつぶれちゃうのです。

 

次には、建物の内装や雰囲気から、作り手さんの趣味やら

思いやらパワーやらが伝わってくるかが重要で。

すると、とたんに親近感が湧いてきて、入れ込んじゃうのですよ。

 

チャオプラヤ川の畔にあるサムサラカフェは

その2つを存分にみたし、世界のカフェランキングで

トップを突っ走っているのであります!

審査員はとまこオンリーです!

在タイ暦の長い編集さんに連れてきていただきました。

 

(7月1日に創刊された日本語フリーペーパー『Arche+』 の編集長です。

表紙と特集で登場してますですよ。よかったら、ご覧くださいませ☆)

 

ここは、中華街からトゥクトゥクで5分くらい行ったところの下町エリア。
ぐぐっと深い場所柄、外国人にとっては、まだ、知る人ぞ知る的な穴場スポット。
これも、ファン心をくすぐるのですよねぇ★
でも、地元タイ人の間では、大評判!
わたしたちがいる間も、くるはくるは、あっいう間にタイのお客さんでいっぱい。
去年オープンするとすぐに、口コミで、大人気になったそうです!

 

ではでは、大好きな空間を、せっせとご披露したいと思います~。

 

まずは、イントロ。
トゥクトゥクで近くまでやってきて、あれあれ、どこだ?とキョロキョロして
みつけたのは、壁にある矢印。それは、狭~い隙間を入れと言っています。
こういうの、たまりませんな。

 

 

 

で、たどりついたそこ。
ふ、古い! 味わいたっぷり古民家カフェでございました。
なんでも、120年前に建てられた物件を改装したそうで。
味わいのある入り口を入って、振り向くと。扉の向こうにお寺。

由緒ある川とお寺に挟まれた立地が、すばらしすぎます。
土地に備わる、気の流れがよさそう!
で、廊下。

もう、部屋に入る前からココロ奪われて中に入れやしない。
でも、意を決して(?)古くて狭い廊下を歩いて、部屋へ行くと。
わわわっっっ。

 

アートで楽しくて、こだわりたーっぷりで
しかも落ち着いてるこの空間……よすぎでしょ!!

 

 

ここは、大阪からやってきた版画アーティストの要さんが
タイ人のだんなさんとともに、営んでいるそうですが。

 

 

ランプにいすに、テーブルに。

 

要さんご友人の絵画に

こっそり置物に。
かわいさと、古めかしさと、キッチュさと、
夢感見感と、現実知ってる感と、リズム感と…etc.
ひとつひとつ全部がすてきすぎて。

 

そして、もちろん、ごはんも。

 

 

 

斬新おしゃまなタイ料理!
古きよきタイ味に、アグレッシブでモダンオリエンタルな風味が
ふんだんに取り入れられた、温故知新の創作料理。
さすが、シェフがアーティストだと違ういますねぇ。

 

ふふふ。ここが好きなもう一つの大きな理由、要さん。
発想力豊かで、おもしろく、とってもさばさば。
お話してて、なんかこう、スカッとする、気持ちいいんです♪♪

要さんの身代わりネコ

 

人、ごはん、空間。
全部そろったこちらのカフェ、行かない手はないでしょう!
わたし、ホンキで言います。
バンコクに行きたいなあと、東京にいながら、ふとした瞬間に思う大きな理由。
サムサラカフェに通いたいからです☆

 

次回は、スイーツのお話です♪

Jul. 3

体内磨いて美肌をゲット♪ いろんな意味で、新たな扉を開けるとき! 腸内洗浄対決 『Sメディカルスパ』 vs 『サフォークリニック』

Post on 2012年7月3日 カテゴリー: タイ・エキスパート, 旅作家 とまこ, 現地情報, 美容

サワディーカァ、とまこです♪ 旅の本とか書いてます。

 

 

学生の頃から、ずーーーっとやってみたいと思っていた腸内洗浄、

とうとう、やっちゃいました、イン バンコック!!!

 

なんでやりたかったかって?

イメージです。

なんとなく、体内がキレイになるって、すてきでしょ。

宿便なんて、いらないですもん!

すっきり爽やかイメージー

じゃぁ、なんでやってなかったかって?

答えは簡単、料金です。

1回2~3万円って高いでしょ。

 

そんな思いをココロのどこかに生息させたまま、

やってきました、エステ天国バンコック。そうだ、ここなら安いかも?

ちょろっと検索してみると、すぐヒットしたのは 『Sメディカルスパ』。

http://www.smedspa.com/en/

腸内洗浄3000バーツ(≒8100円)、ばんざい!

日本の半額以下ですよー、やっちゃえやっちゃえレッツゴー!

BTSナーナー駅から歩いて5分。

 

到着したそこは、高級ホテルみたいにゴージャスで広――い。

 

行くだけで背筋がのびます、大人の女度指数がぐぐんと上がる気がします!

 

さらに。対応してくださったのは、イケメンジャパニーズー。

 

いや~、こりゃ、ポイント高いでしょ、テンション上がるでしょ!

あ、その前に言葉が通じて安心ですし。

まずは、ブルーのナゾのジュースを飲みながら、問診票を2枚ほど記入。

アレルギーはないかとか、体調はいいかとか、当たり障りのない内容です。

 

その後、イケメン氏からちょろっと説明。続いて、医師の部屋で再度説明。

タイ語を氏が訳すスタイル。これから起こることは……

 

1.看護士さんに管をお尻から体に入れてもらったら、

2.自分で左のレバーを上げ、

3.温かい液体を腸に流しこみ、

4.出す。

5.苦しいときは、レバーを下げて、温水を止める。

6.看護士さんを、手元の呼び鈴でよんでもいいよ。

 

だそうな。わかったような、わかんないような。

出すって、ナニを? って、お尻から出すって、わたしが?

 

はぁ、イケメンさんよ!

あなたがうら若いイケメンだから、お尻からナニを、誰がどうするかなんて、

口にして問いかけることはできないのですよ!! ってアイドルかっ!!!

 

でも、ま、これだけゴージャスなところだし、値段も値段だし、

勝手に装置が洗浄してくれるんでしょ。

他力本願、お気軽モードでいっときましょ~♪

 

その後、ゴージャスな着替え室でパンツも脱ぎ、薄ピンクのガウンを羽織ったら、

タイ人女性の看護士さんの案内で、本番の個室へと移動したのでした。

 

そこは4畳くらいの部屋で、真ん中にベッド。奥には、シャワー室とトイレ。

ベッドは、V字腹筋の体勢になる角度に設定されていて

股下部分には、水路のような穴と、足をかける穴が。

ははぁ。きっと、この水路に、機械が出してくれる宿便が流れていくんだな。

前後関係はわからないけど、そのくらいは察しがつきます。

そしてベッドに乗ると。あら、なんだかお産みたい。これも察しです。

続いて、看護士さん、わたしのお尻の穴に管を差し込みます。

なんてことありません。へのかっぱ。

 

看護士さんが、やさしい微笑みを残して部屋を去ったら、

さぁスタート、レバーをぐっと持ち上げます。

すると、生温かい水が、管を通ってわたしの腸に入ってきまして!

 

ちょ、ちょっ、ちょっっ! 目が、まん丸!!

 

そこ、出すとこだってば、入るところじゃないってば!!!

一方通行の交通違反で逮捕されるよ!!!!

……ともあれ、なんとか気を静めて受け入れようと努力しますが。

 

ぐ、ぐるじい!!!!! おなか、破裂するー!!

 

温水でどんどんおなかが膨れて、食べ過ぎのカエルみたい!

あっという間に降参、レバーを下げて、温水を止めます。

ちょっと落ち着いたら、再び挑戦レバーを上げる……すぐ下げました。

もーダメ、鈴をならして、看護士さんを呼び、どうすべきか聞いてみます。

 

ところがまぁ。こちら、もとからダメダメ英語。

さらに、苦しくってもがもが中ゆえ、まったくもって、意思疎通不可能!

あきらめて、「OK」 と言ってみるも、結局、また呼び出し……x3。

3回目には、なんと、あのイケメンを、カーテン越しに連れてきてくれちゃったのでした。

この苦しい顔、この、よくわかんない体勢、

見えちゃいないはずだけど、非常に、恥ずかしくってですね!

「大丈夫ですか? ガマンしないで出してくださいね」

 

そのとき、きゅうーに、わかったのでした。

 

自分で、便を、排出するのか!

 

で、でも、管から水が入ってきてるってことは、出したものがまた入ってくる???

苦しいのにまかせて、そんな疑問をぶつけてみます。

「大丈夫ですよ、逆流しない仕組みになってますから」

……イケメンが去ると、苦しまぎれに、出しちゃった!!!

 

ほーーーーーーーーっっっ。

 

息、できました(感涙)。すぐに、

 

うわっ。

 

足元の水路を緑の塊が流れていったのが、上部に設置された鏡に映って見えるのです。

決別したね、わたしに寄生してた宿便ヤロー(感涙)。さらに、

 

あぁ、やってやった。

 

そう、わたしは、ベッドの上で、便を排泄してしまったのです!!!!

なんかこう、なんかこう! 恥ずかしいような、新たな扉を開けてしまったような!

なんかこう、ふ、複雑―!

 

もしかしたら、排泄するという事象を、事前の説明中に言葉として聞かなくても、

想像のつくことだったのかもしれません。でも、今まで生きてきた積み重ねが、

ベッドの上で排泄するという発想を許してはくれなかったのです。

これは、羞恥の刑(?)でありますよ!

喜びと恥じらいのせめぎ合い、自分の中の知らない何かを試す、秘密テストでありますよ!

 

さぁ、ここからが本番、一度壁を越えた者は強いですー。

じゃばじゃば入れて、じゃんじゃか出します。

そうして、洗浄すること1時間。温水タンクは空っぽに。

今度は、晴れ晴れした顔で看護士さんを呼び、管をとってもらったら

トイレにこもり、腸に残った温水を、便座に落ち着いて出し切ります。

シャワーで体を流したら、ガウンを羽織って部屋をでます。妙にぐったり、心身ともに。

でも。部屋を出るときのやりきった感ったら!

あぁ、よく戦い抜いたよ、自分に拍手!!

ゴージャスな広間のふかふかソファに座って、ほ~っ、脱力。

毒素を出しきるお薬と、なくなってしまった乳酸菌を補給するお薬を飲んだら、

野菜ジュースをいただいて終わり。

帰り道、ほっとしたときの夕陽は格別だこと~

 

その日は水分だけをとり、翌日からごはんを食べ出しました。

効果? あったような? 体が軽くなったような?

すみません、、、なんか、よくわからなかったのです。

きっと、ちゃんと理解せずに、はじめてしまったからでしょう。

 

じゃぁ、やり方がわかったところでもう一回!

別のエステを探してみると、Sメディカルと同じ機械を使っていながら、なんと、

1800バーツ(≒4860円)の 『サフォークリニック』 http://www.sapho-clinic.com/(バンコク支店のHPはまだないそうです)があるとの情報をゲット。

食いつきました、直行です! BTSプロンポン駅から徒歩5分。

常宿、ロンポーマンション(リンク貼る)からは歩いて15分、バイタクで5分、20バーツ。

2012年2月にオープンしたばかり

 

こちらにも、日本人の男性スタッフがいらっしゃいました。が。

もう、いろいろ知っちゃってるので、ヘンに恥ずかしがる必要もなければ

アイドルぶる(?)イミもありません。

羞恥の刑とわかっていながら来ちゃってますっ、てこと!

で、同じことを、今度は余裕シャーシャーでやりきりました。

腸内洗浄ベッドと機械

効果はというと。

直後からすっきり感いちじるしく、確実におなかが軽いのです。

食べたら、食べた分、出しているように感じられるのです!

そして、数日後にはお肌がぷるん♪ 内側からキレイになっているのを、実感しました!

もとから便秘ではなかったのですが、より健康でツルン的な便がでるようになりました!

 

どっちがよかったかといいますと。

あくまでも、個人的な感想ってことで、書いちゃいます!

使ってる機械が同じなので、腸内洗浄の周辺事項でのポイントで決まります。

施術後の体の様子が違ったのはきっと、ココロの下準備や回数の差ですものね。

 

『サフォークリニック』 勝利です!

勝因は。まず、事前の説明の丁寧さ。

たぶん、初めて行っても、もっとよく理解できた気がします。

アンケートもより細やかでした。面倒くさくない程度にね。

それから、こちらでは、血液検査まであったのです。

ちょっと針で指先刺して、一滴ほどの血を献上するだけですよ。

血液サラサラ度をチェックして、生活習慣などのアドバイスをしてもらいました。

そして決めては、お値段ですね! 40%分も安かったものだから、終わったあとここで、

30分300バーツ(≒900円)の足マッサージをしながら、

デトックス剤の点滴600バーツ(≒1800円)までしちゃいましたもん。

グリコのおまけ三昧~♪

★サフォーに腸内洗浄しにやってくるのは、便秘の女性、疲れ気味の男性が多いとのこと。

★健康・美容点滴はお値段がお手頃(600バーツ~、30分、美肌・ダイエット・ストレス解消… etc.)で、人気が高いそうです。カップル利用もとても多いとか。点滴デート、斬新ですね。

 

でも、施設のセレブ感を優先するなら、Sメディカルがオススメです☆

 

ともあれ、そうとう気に入りました、腸内洗浄。

ただ、あんまりやりすぎると、腸に怠けグセがついてよくないそうで。

半年に1回くらいが適度のようです。

腸内洗浄のサイクルにあわせてバンコクに遊びに来るのもいいなぁ、

なんて、真剣に考えているのであります!

 

ではでは、次回は世界一好きなカフェ をご紹介いたします☆

 

※1バーツ=2.7円で計算しております。

 

 

 

 

 

Jun. 28

いろいろ驚異! NO.1フェイシャルエステ 『NYC プレミア アンチエイジング フェイシャル エクスペリエンス』

Post on 2012年6月28日 カテゴリー: タイ・エキスパート, 旅作家 とまこ, 美容

いろいろ驚異! NO.1フェイシャルエステ 『NYC プレミア アンチエイジング フェイシャル エクスペリエンス』

 

サワディーカァ、とまこです♪

旅の本とか書いてます。

 

バンコクの 『ニューヨークセンター プレミア アンチエイジング

フェイシャル エクスペリエンス(NYC)』 で、

すっごいフェイシャルエステ、体験しちゃしました。

過去で一番、声をあげた、フェイシャル!

 

声(こえ)……それは、

終わったとき、自分のほっぺをさわったときの、

 

「わっっっ♥ ♥ ♥ 」

 

それから、施術中の、

 

「うぐっ(驚)??! ぐぐぐぐっっ(不信)??

がぼがぼ(確信)!! ……ぬわーー(苦)!!!」

 

……引いてしまったかもしれません。

でも仕方ない、それが真実です。

 

だって、苦しみ(?)と、喜びを天秤にかけると、ぶっちぎりで喜び勝ち、ほれました~!

過去最高のフェイシャルエステ経験と言い切れます、ホンキで通いつめたいです!

もしバンコクに住んでるなら、回数券を即買いします、まちがいないです!

 

あぁ、施術後、ほっぺに触れたとき訪れた幸福感……思い出すたび、うっとりです。

 

 

 

 

では、バンコクの密室で、ナニが行われたかを、ご報告いたしましょう。

 

バンコク滞在をはじめて3週間が経とうというころ。

日々強烈な日差しを浴びていたので、もう、白くなりたい願望はマックスでした。

必死でネット検索、『美白美白……』。そして辿り着いたのが、NYC。

おっと、アンチエイジングフェイシャルの専門店だとは。

この時点で、すでに効果がある気がしてしまいます。キメ!

 

さっそく、電話で予約。

選んだのは、美白とリフトアップを目指す

『ホワイト&ファームフェイシャル』 コース、

65分間、2950バーツです。

 

最寄のBTSトンロー駅から、タクシーで向かうと、

あらら、建物の前で、スタッフさんが外で待っていてくれています。

なんて、おじょうな気分でしょうか~。

 

建物に入ってみると、雰囲気は、『凛』。



とってもキレイで、いかにも最先端、インテリジェンスあふれる空気感。
奥の部屋から、頭の切れるスレンダーな女性ドクターが、
白衣をなびかせ、さっそうと登場しそうです。
さすがです、これこそ、メディカルエステ。

 

フロントで、おしゃれな香りのする
さわやかなジュースを飲みながら、問診票を記入。

つづいて、英語で説明を受け (た気になっ) て、個室へ。

 

ま、エステだし。寝っころがってれば、
すごいセラピストさんと、最先端の機械たちが
キレイにしてくれるでしょ。

まずは、べっとり塗りたくっていた日焼け止めを落とします。
そうそう、ここで使われている、クレンジングやパックなどの化粧品は、
アジア人の肌質に合わせて、作られているそうです。

 

続いて、ホワイトニングマスク。

 

しみこめしみこめ、美白成分。
じっとしてれば白くなれるなんて、ほんとエステは気楽でいいですね~。
すっかり、ココロほぐれて、うとうとうと……。

10分後。こんどはフェイシャルトーニングとやらをするそうで。
シワやたるみに効果があるらしいけど、なにするの? ま、始まればわかるね。
セラピストさんは、先端の丸い棒状の機械を手にしてます。
薄目で確認すると、引き続き半寝状態、うつらうつら……。
で、はじまった。

 

ら。

 

!!!!!!!

 

なに?なに???!!!!
間違ってる、よね?? やり方、いつもと、違うよね???!!!!

 

顔が、ひんまがるっっっ!!!!
目が、鼻が~、棒にむかって渦巻いて、
巻いて巻いて、巻き込まれて、どっかいっちゃいそう!
苦しい、こわい、そう、こわいーーーーーっ!

 

ジタバタして、訴える!
「なんか、おかしくないですか????」

 

でも、英語、通じない……彼女は、タイ語オンリー……どうしよう!
でもでも、こんなに、ジタバタ驚いているわたしをよそ目に、施術は続く続く!!

 

……ってことは、このほっぺの反応こそが正しいのか、そっかそっか,、なるほどそっか!
力づくで観念して、恐怖を受け入れてみることに。

 

とはいっても。こわいものはこわいから!
ジタバタジタバタ、もがきまくる!
たまに (いや、頻繁に) もうダメだーと、自分のももを、バンバンたたく、、
恐怖のうめき声が、思わずもれる……
かといって、止めてくれやしないけど……
やめられても、困るけど……
だって、そう、キレイになりたいんですよぉ、乙女心は複雑デスッ。

 

一体、何が起こっているのでしょうか、
一体、わたしの顔はどんなヘンテコになってるのでしょうか。
もがくこと15分、恐怖の一幕は、やっとの思いで終了しました……。

 

はぁ~~~~~
ココロこもりまくった、深呼吸~っ!

続いて、高周波の機械でお肌を引き締めます。
たっぷりの美容液を、棒状の機器の先にたっぷりつけて、
顔全体をなぞっていきます。
ほわっと温かく、いつもなら、速攻眠りに落ちるでしょう……。
が、もう、脳が覚醒しまくってて、眠るの「ね」の字も出やしない。
いつ何が起こるかわからない恐怖に、ま~だちょっぴりおびえぎみ。

 

お次は、超音波の機械でマルチビタミンをお肌にチャージ。キメも整うそうで。
大きめの接触面に、クリームをたっぷりつけて、再度、顔全体をなぞります。
ひんやり、つやっ、すべすべして気持ちいい~。ココロがじょじょに静まって……。

 

そして、最後は、オレンジがふわっと香る、パック。
いろんな顔の感覚を刺激されまくったら、嗅覚も研ぎ澄まされたみたいです。

 

 

いつもより、ぐっと香りが立体的に感じられます。

おちつくおちつく、一気に落ち着く、あぁしあわせ。

やりきった達成感と、安堵も混じり、もう、ほんとに、ぐたーっ。

……後で聞いてびっくりしたのは、これ、ハンドマッサージだったらしいのです。

決して、おヘタで気づかなかったわけではございません。

それまで機械で、グイグイいろんなことされてたから、

手の動きが、やさしすぎるくらい、やしく感じられて、

パックをぬるだけの動作と勘違いしてしまったのではないかと。

すごいですね、最先端の機械!

それでおしまい、65分のココロの漂流、

荒波さざ波、いろんな波を体験しちゃいました。

 

で! 鏡の前に立ったとき……「わっっっ♥ 」

ほんとに白い、ほんとにホッペがきゅっとしてる、ほんものだ!

さらに! 両手でほっぴを覆ってみて、もー、びっくり!!!

やわらかい! めらか!! キメこまやか!!!

自分のホッペだなんて、信じられません、すごいです、この速攻っぷり、お見事です!

あぁ、あの手の感触が忘れられなくて、苦しくても、びっくりでも、

何度でも通いたいと思ったのでした。

それから、ほっぺを触っては、にやけること1週間

驚異の手ざわりは、続いたのですよ~。

ていうかむしろ、どんどん状態が向上していった気がします☆

気に入りました、NO1!

NYC目的で、バンコク来ます!

 

 

 

 

Jun. 21

タイ・エキスパートのとまこです

Post on 2012年6月21日 カテゴリー: タイ・エキスパート, 旅のコツ, 旅作家 とまこ

タイ・エキスパートのとまこです

サワディーカァ、とまこです♪

旅の本とか書いてます。

最近、所用でバンコクのロンポーマンションに、1ヶ月間滞在してました。

いい日々でした~。

 

部屋からの眺め

わたしはもともと、バンコクが「旅のついで」的に好きでした。

猛暑が引いた夜、車にバイク、トゥクトゥクのエンジン音と、

わいわい陽気な旅人ボイスにまみれ、屋台でカンパイ、シンハーうまい!

そんな、いかにもアジア的でパワフル、エキゾチックなイメージが、

わたしの中での、ザ・バンコク。

楽しい、好き! でも、あえて、バンコクだけに遊びに行く、

という発想はなかったのです。

旅の途中に立ち寄るのにちょうどいい、気分転換用の大都会。

街中のイメージ

 

ところが、一ヶ月滞在してみると、

バンコクのイメージはすっかり厚みを増し、

わざわざ遊びに行きたい大都会、に変わっていました。

今まで、こんなに女子っぽいコトであふれる街とは思ってませんでした~!

 

エステは種類豊富でレベル高!しかも、リーズナブルってうれしすぎ……

 

ちなみに帰国後、複数の男女に

「お肌つやつやしてる!」 って言われました♪

 

かわいく、おいしく、ヘルシーなカフェがいっぱいあって、

 

おしゃれで、雰囲気抜群のバーも、あちこちに、

 

すごーく個人的な話ですが、世界一好きなバーを

見つけました。いごこちよすぎ、住み着きたいです。

 

アンティーク市場やお店がごろごろしている、味わい地区があり、

日本に店舗のない、タイ発のおしゃれブランドショップがあり・・・・・・

もちろん、もともとのイメージ、屋台でシンハーな喜びも健在です。

 

 

ほれました。バンコクに、わたしのハートは持っていかれました~。

週末、ちょこっとだけでも、わざわざ遊びに行きたいです!

 

そんなわけで、これからこのブログで、愛してしまったバンコク滞在日記を、

女子目線でたっぷりでお届けしたいと思います。

どうぞよろしくお付き合いくださいませ☆

 

 

次回は、フェイシャルエステのお話。

施術後、「コレは?!」 と、鏡を2度見してしまった

驚異のフェイシャル、自分史上NO1のところです☆

 

 

 

 

1 6 7 8 9 10 11

ページトップへ