ホーム  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   ショッピング

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Oct. 25

おしゃれすぎる!!カメラも楽しいアンティーク市場 By.とまこ

Post on 2016年10月25日 カテゴリー: ショッピング, タイ・エキスパート, 旅作家 とまこ, 現地情報

バンコクに行くときはいつも『タラートロットファイ』へは
是非一度行くことにしてます。おしゃれすぎて、物色するのが
楽しすぎるから♪ 絵になるシーンが多すぎて、カメラ散歩に
わくわくしすぎるから♬

プレートや食器も、唯一無二の朽ちはて
具合がぐっとくるんですよね~。

Dec. 30

バンコクのお土産:元祖安くてかわいいアイテムNaRaYa

Post on 2013年12月30日 カテゴリー: ショッピング, タイ・エキスパート, 清水千佳

 

サワッディー・カァ!タイ・コンシェルジュの清水です。

しばらく「子連れタイ旅」レポート続きだったので、久々に気分転換に違うネタで、ということでタイのお土産についてご紹介したいと思います。

もう私が紹介する必要がないくらい有名なコットン&サテン生地バッグブランドのNaRaYa。とにかく、安くてかわいいバッグやポーチ、小物が売られていることで知られていますよね。

先日、久々にNaRaYaに行ってみるとコットン製品の柄が変わっていて、「かわいいけど、ちょっと野暮ったい柄かも・・・(汗)」と思ってしまう柄から一転して、ちょっとおしゃれ度がアップしていたのが新しい発見でした!

今回気に入ったのがこの象さん柄。

ポーチと鍋つかみ、そして象さんのぬいぐるみを購入。

 

 

 

 

違う柄ですが、象さんキーホルダーも。(今、ムスメの幼稚園バッグにつけています♪)

 

 

 

家族のお土産にはちょっと大人っぽいペーズリー柄アイテムをチョイス

 

 

どれも1つ100バーツ前後(約310円)といううれしいNaRaYa価格。

「しばらくNaRaYaに行っていないな」

という方がいたら、是非足を運んでみてください。なかなかかわいい柄が増えていて新しいお気に入りアイテムが増えること間違いなしですよ!

ちなみに私がよく行く支店はこちら↓

■スクンビット24店(エンポリアム・デパート横)
住所:654-8 Corner of Sukhumvit 24, Sukhumvit Rd.,Klongton, Klongtoey, Bangkok 10110
電話番号:02-204-1146-7
営業時間:10:00~21:00
最寄り駅:BTSプロンポン駅

Apr. 24

ちょっとマニアックな市場「サンペンレーン市場」

Post on 2013年4月24日 カテゴリー: ショッピング, タイ・エキスパート, 清水千佳

サワッディー・カァ!タイ・コンシェルジュの清水千佳です。

 

 

個人的な話なのですが、最近自分の娘が幼稚園のプレスクールという2歳児クラスに通うようになり、バッグやら巾着袋やらいろいろと手作りしなくてはいけない状況でして・・・。不器用な私はアタフタしております(涙)。世の中、手芸や裁縫が得意な女性はたくさんいらっしゃるようで、本当に尊敬してしまいます。

 

 

そんな手芸、裁縫好きの人なら絶対に楽しめる!というちょっとだけマニアックな市場をご紹介しましょう。

それは中華街とその周辺に大小様々な市場が点在しているなか、地元の人にも人気のサンペンレーン市場。

 

 

 

この市場はヤワラート通りと平行しているサンペンレーン通りにある長いアーケード街です。アクセサリー、鞄、生地、靴、服、ビーズなどの手芸用品の卸問屋が並んでいます。基本的に卸問屋なので大量に購入したほうが安いのですが、ほとんどの店で小売対応も可能。

 

 

他にも生地やボタンやビーズなどの手芸、裁縫用品、そしてアクセサリーのパーツや天然石など裁縫や手芸の専門店も多く、手作りが趣味の人なら一日中いても飽きないアイテム揃いの市場なのです。

ただし、想像以上に通りが狭い上いつも人で溢れかえっているので、かなり体力を消耗してしまいます。気温の上がる午後より過ごしやすい午前中に訪れることをおすすめします。

 

 

<DATA>
■Sampeng Lane (サンペンレーン)
住所:Samphantawong Bangkok
営業時間:8:00~18:00(店舗によって異なる場合もある)
定休日:なし
アクセス:MRTフアランポーン駅からタクシーで約7分

Dec. 21

とうとう完成しました!他のツアーとは違う!「清水千佳企画の女子タイ旅」

タイエキスパートの清水千佳です♪

サワッディー・カァ!タイ・コンシェルジュの清水千佳です。

前々からブログでも少し触れたこともあった清水千佳企画の女子旅ツアーですが、ようやく完成しました!!!
初めてタイに行く人向けに、

ここは絶対におさえておいて欲しい!と思う観光スポットもやっぱり初めてタイへ行く人向けなのでしっかり組み込みました!

他のツアーではまず組み込まれることのない「地元のタイ人に人気のあるレストラン」をツアー工程にいれてもらい(結構、これって旅行会社さんとしてはイレギュラーなことでお店との交渉とか大変だったみたいです・・・汗)

 

ソートンレストラン

そして、女子旅の醍醐味といえばなんと言っても「ショッピング」ですよね。

このツアーで訪れるのはいわゆる「ツアー客向けのお土産屋さん」ではありません!

今、バンコクで一番あつい!と言われている巨大バザール「アジアティーク」、巨大デパートコンプレックス「セントラルワールド」、あの高級タイシルクがお安く買えちゃう「ジムトンプソンのアウトレット」まで・・・。

 

アジアティーク(イメージ)

タイの「安くて可愛いアイテム」から「センスも質も良いお土産」「タイシルク」で、女性なら「タイで欲しい!」と思うものが全部買えちゃうショッピングが可能なツアーになっているんですよ。

 

あのジムトンプソンのアウトレット!

 

そして忘れちゃいけないのが「タイのパワースポットめぐり」もしっかり組み込まれているということ。日本でもご利益のあるパワースポットめぐりがよく話題になりますが、タイも同じくいくるかパワースポットあって、地元タイ人に人気のスポットでもあるんですよ。パワースポットについては説明がちょっと長くなりそうなので、また次回のブログでご紹介しますね!

では、ツアーの詳細はこちらからご覧ください!

 

http://etabi.nissin-trvl.jp/featured/thailand/expert/

 

Nov. 25

昨夜

Post on 2012年11月25日 カテゴリー: ショッピング, スタッフ, 現地情報

スタッフ渡辺です

 

 

ロイカトンフェスティバルの様子

昨夜は、最新ショッピングモールのアジアティークでタイ国政府観光庁のイベントロイカトンフェスティバル2012に参加しました。

ショッピングモールは今年オープンのアジアン雑貨がいっぱいのお店や、おしゃれなレストランがいっぱいあって絶好のナイトスポットです。

 

Oct. 1

一度はオーダーメイドで自分だけのタイシルク服を作ってみたい!

Post on 2012年10月1日 カテゴリー: ショッピング, 清水千佳, 現地情報


サワッディー・カァ!タイ・コンシェルジュの清水千佳です。

タイの定番中の定番土産と言えばタイシルクアイテムですが、

なんとなく敷居が高く感じてしまうけど欲しいなぁと思っている人も多いのが

オーダーメイドのタイシルク服

どうして敷居が高く感じるんでしょうね。

 

「タイシルク」「オーダーメイド」という響きがそうさせているのか?!

それとも、タクシー運転手がマージンをもらうために連れていくお店に「オーダーメイドのテーラー」というのがあるので行ったらボラれちゃう、という心配があるのか?!

いずれにせよ、意外にもタイシルク服をオーダーメイドする人って少ないんですよね。

ここでオーダーの仕方と値段の相場をご紹介するので、

これさえ読んでおけばもう安心ですよ♪

・所要日数:中1~2日:とりあえず到着日が到着翌日にはオーダーしに行きましょう!

 

 

・お店:街のテーラーでもタイシルク専門店でもOK。

   タイシルク店なら「ジムトンプソン」「デザインタイ」「アニタ・シルク」「シナワットタイシルク」など

 

・相場:生地代+仕立て代。生地は柄にもよりますが1m600バーツ(約1500円)から(ドレス1着で3~4m必要)。

仕立て代も店やデザインによって異なりますが、ドレスなら2500~4000バーツ(約6250~10000円)、男性用のシャツなら1000バーツ(約2500円)から作ることができます。

タイシルクドレス1着15000円あれば作れちゃうということです。15000円のワンピースを日本で一着買うなら、とりあえずタイでオーダーメイドのタイシルクドレスを一着頼みませんか(笑)?

・オーダー方法:それほど難しいものではありません。

タイシルクの専門店で壁一面にずらりと並んだ色鮮やかなタイシルク生地から自分好みの生地を選び、

サンプルとして置かれている服の形を選ぶか作ってほしいデザインの写真か雑誌の切り抜きを持って行きデザインを決定。

次は採寸。袖の長さや丈、ウエストまわりのシルエットなど、好みをはっきり伝えて終了。スケジュールに余裕のある人は仮縫いの段階で一度お店に訪れて再フィッティングすることをおすすめします。寸法の際に英語でも大丈夫!

ちなみに私も友人の結婚式やパーティーの時にはタイシルクのドレスを着ていきます。

スタンダードな形のモノを選んでおけば流行り廃りもほとんど関係ないですし(流行モノは小物やアクセでOK)、タイシルクの光沢が適度な華やかさを演出してくれます。

 

結婚式のときの服って結構迷いませんか?普通の服で行くのも地味すぎるし、かと言って子供のピアノの発表会みたいなピカピカテカテカしたドレスもちょっと・・・・という感じですもんね。そんなときに一枚タイシルクのドレスを持っていると本当に重宝しますよ!私もそろそろもう1~2着新しいドレスをまた作りたいなぁ。

 

Sep. 26

ナイトバザール 『アジアティーク』 その3

Post on 2012年9月26日 カテゴリー: ショッピング, 現地情報

さてチャオプラヤ川沿いに建つのは「ウォーターフロント地区」で、ここは見るからにお洒落なダイニングが立ち並び、どこに入るか迷ってしまいます。

ワインの美味しいフレンチの「Brasserie 9」や、ピザが香ばしいイタリアンの「Capri」、水槽に泳ぐ魚介類を選んで調理してくれるシーフードタイ料理の「KO-DANG TALAY」など、その日の気分で選んで見てくださいね。


さて最後に、カリプソニューハーフショーのご案内。

こちらはまだソフトオープニング中ということで、現在はショーのみで、別途予約できるビュッフェディナーは10月からとのこと。

 

会場もアジアホテルにあった頃の3倍はありそうな程広く、入り口も真っ白で素敵。

いい意味で場末の雰囲気があった会場やショーの内容、出演者は前と変わっていませんが、よりお客様に楽しんで頂きたい!

という支配人!?の意気込みが感じられるショーでした。

 

年末には敷地内に伝統人形劇の「ジョールイスシアター」もオープン予定。これからが楽しみなアジアティーク、必見です!

Sep. 25

ナイトバザール 『アジアティーク』 その2

Post on 2012年9月25日 カテゴリー: ショッピング, 現地情報

 

雑貨などのショップのほかにもタイで有名なレストランチェーン店やファーストフード店、カフェ、アイスクリームショップ、日本の「SUKIYA(すき家)」や、リボンバッグで有名な「NaRaYa(ナラヤ)」などもあります。

 

 

また、ニューハーフキャバレーショーの「カリプソ」や伝統人形劇「ジョー・ルイス・シアター」もこちらの地区となります。

 
敷地のちょうど真ん中辺りには、手軽にお食事をされたい方におすすめのレストランが集まっている「タウンスクエア地区」(倉庫5~6)があります。

料金もお手頃で、タイ料理、日本料理、インド料理、ベトナム料理、カフェなどが密集していて、時間帯によっては混み合いますが、フードコートのような雰囲気で旅行者でも気軽にオーダーできます。

さらにチャオプラヤ川方面へ進むと、ファッション・美容関連グッズのショップが立ち並ぶ「ファクトリー地区」(倉庫7~10)へ入ります。

タイのトレンドを取り入れたグッズや、自然派スキンケア、アロマ専門店など、女性心をくすぐる可愛いお店に気分も高揚♪タイのお菓子や雑貨も豊富にあるので、お土産探しにもアジアティークは一押しです。

 

ページトップへ