ホーム  >  特集  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   世界で1番すきなカフェ★ 川沿いのほっこりアートな古民家 『サムサラカフェ』

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Jul. 9

世界で1番すきなカフェ★ 川沿いのほっこりアートな古民家 『サムサラカフェ』

Post on 2012年7月9日 カテゴリー: グルメ, タイ・エキスパート, 旅作家 とまこ, 食べ物

Samsara cafe&meal
1612 Soi Kangwatpatumkongkaram Songwad Rd., Sampuntawong,Bangkok,10170
:13:00〜14:00火:12:00〜23:00水:18:00〜21:00木:12:00〜23:00金〜日:17:00〜0:00

 

 

サワディーカァ、とまこです♪
旅の本とか書いてます。

 

バンコク、だいすきです。
エステにマッサージに、美的効果がたっぷりだし、
おいしいものいっぱいあるし、
屋台でシンハー飲むのは、幸福以外の何者でもないし。

 

そして、なんと言っても。
わたしが、バンコクへ帰りたいと思う

NO1の理由は、Samusara Café & mealです!

居心地よすぎるんです。

こんな場所、求めてました。

なんとかして住み着きたい~!!!

けっこうホンキ。

わたしが、建物に求める一番のこと、断然、眺めです。

ホテルしかり、安宿しかり、ちょいちょいのカフェタイムしかり。

抜けてるとうれしい。高いとうれしい。空気が流れてるとうれしい。

眺めさえよければ、大体のことは目がつぶれちゃうのです。

 

次には、建物の内装や雰囲気から、作り手さんの趣味やら

思いやらパワーやらが伝わってくるかが重要で。

すると、とたんに親近感が湧いてきて、入れ込んじゃうのですよ。

 

チャオプラヤ川の畔にあるサムサラカフェは

その2つを存分にみたし、世界のカフェランキングで

トップを突っ走っているのであります!

審査員はとまこオンリーです!

在タイ暦の長い編集さんに連れてきていただきました。

 

(7月1日に創刊された日本語フリーペーパー『Arche+』 の編集長です。

表紙と特集で登場してますですよ。よかったら、ご覧くださいませ☆)

 

ここは、中華街からトゥクトゥクで5分くらい行ったところの下町エリア。
ぐぐっと深い場所柄、外国人にとっては、まだ、知る人ぞ知る的な穴場スポット。
これも、ファン心をくすぐるのですよねぇ★
でも、地元タイ人の間では、大評判!
わたしたちがいる間も、くるはくるは、あっいう間にタイのお客さんでいっぱい。
去年オープンするとすぐに、口コミで、大人気になったそうです!

 

ではでは、大好きな空間を、せっせとご披露したいと思います~。

 

まずは、イントロ。
トゥクトゥクで近くまでやってきて、あれあれ、どこだ?とキョロキョロして
みつけたのは、壁にある矢印。それは、狭~い隙間を入れと言っています。
こういうの、たまりませんな。

 

 

 

で、たどりついたそこ。
ふ、古い! 味わいたっぷり古民家カフェでございました。
なんでも、120年前に建てられた物件を改装したそうで。
味わいのある入り口を入って、振り向くと。扉の向こうにお寺。

由緒ある川とお寺に挟まれた立地が、すばらしすぎます。
土地に備わる、気の流れがよさそう!
で、廊下。

もう、部屋に入る前からココロ奪われて中に入れやしない。
でも、意を決して(?)古くて狭い廊下を歩いて、部屋へ行くと。
わわわっっっ。

 

アートで楽しくて、こだわりたーっぷりで
しかも落ち着いてるこの空間……よすぎでしょ!!

 

 

ここは、大阪からやってきた版画アーティストの要さんが
タイ人のだんなさんとともに、営んでいるそうですが。

 

 

ランプにいすに、テーブルに。

 

要さんご友人の絵画に

こっそり置物に。
かわいさと、古めかしさと、キッチュさと、
夢感見感と、現実知ってる感と、リズム感と…etc.
ひとつひとつ全部がすてきすぎて。

 

そして、もちろん、ごはんも。

 

 

 

斬新おしゃまなタイ料理!
古きよきタイ味に、アグレッシブでモダンオリエンタルな風味が
ふんだんに取り入れられた、温故知新の創作料理。
さすが、シェフがアーティストだと違ういますねぇ。

 

ふふふ。ここが好きなもう一つの大きな理由、要さん。
発想力豊かで、おもしろく、とってもさばさば。
お話してて、なんかこう、スカッとする、気持ちいいんです♪♪

要さんの身代わりネコ

 

人、ごはん、空間。
全部そろったこちらのカフェ、行かない手はないでしょう!
わたし、ホンキで言います。
バンコクに行きたいなあと、東京にいながら、ふとした瞬間に思う大きな理由。
サムサラカフェに通いたいからです☆

 

次回は、スイーツのお話です♪

ページトップへ