ホーム  >  特集  >  とことん楽しむ欲張りタイ  >  欲張りタイブログ   >   スミタ・タイ料理教室で、洗練された 『プー・パッポン・カリー』 を作った! byとまこ

タイ欲張りブログ 現地の最新情報やおすすめスポットなど情報が盛り沢山!

Jan. 15

スミタ・タイ料理教室で、洗練された 『プー・パッポン・カリー』 を作った! byとまこ

Post on 2014年1月15日 カテゴリー: グルメ, 旅作家 とまこ, 現地情報, 観光, 食べ物

 

いや〜、タイ料理ってほんとおいしい、アロイローイ!

  (アロイ=おいしい)

こんなおいしいの、自分で作れたらしあわせですよね。

いつでも気軽にタイ気分、旅気分、シンハもってこ〜い!

あ、シンハはタイが誇る最強おいしいビールです。

わたしも大好きで、日本でもたまに買って家で飲むのですが、

タイ料理と一緒だったら最高じゃないですか。

ということで、料理教室に行くことにしました。

日本語でレッスンしてくれる、親切丁寧と噂の

 『スミタ・タイ料理教室』 です。

( http://sumitaschool.com/?page_id=19 )

 

場所はBTSプラカノン駅から徒歩1分ととっても便利。

時間は調理、試食、片付け含め10時〜1230分。

長過ぎず短すぎず集中力的にも程よく、

おなかがばっちりすいたころに試食タイムがやってくる。

午後の時間はばっちり他の観光に使えるし、

なんとも絶妙なスケジュールです。

事前に予約をして、当日手ぶらで出かけました。

 

受付を済ませると現場へ移動、

広々とした清潔感あふれるスタジオです。

ひとりひとりに用意されていたのがこちら。

エプロン、まな板、包丁、今日のレシピ。

 

 

レシピは日本語で見やすく書かれてます、写真付き。

ぱらぱらめくったら、あらまぁ、秘密の扉を開けちゃった! 

的な喜びがココロにじわじわわいてきまして〜♪

これもらえるだけでかなり価値があります。

 

それにしても、みんなで同じエプロンをするなんて

学生時代のパン屋さんバイト以来ですよ、これまたあがりますね〜♪

 

 

ではではさっそくスタート。

タイ人の先生が、流暢でやさしい口調の日本語で集合をかけます。

この日の受講者さんは在住の奥様2人、観光中のOLさん2人、

同じく観光中の男性1人とわたし、計6人。

みんなで挨拶しあって、空気が一気に和みました。

 

この日のメニューは

『カラス瓜とひき肉のスープ』、『ザボンのサラダ』、

メインはみんな大好き 『プー・パッポン・カリー(カニのカレー炒め)』!

 

プー・パッポン・カリーって、味が深くて

レシピがいかにも複雑そうじゃないですか。

まさか挑戦できるなんて思ってもみませんでした。うれしいな〜。

 

ところで、内容は毎回違うそうですよ。手を変え品を変え3種ずつ。

さっそくだけど、また来たいと思っちゃいました。w

 

先生は、タイの日常からみた、料理含めたあんなことこんなことを

話しながらレッスンを進めてくれるから、ほんと引き込まれます。

 

 

タイならではの食材、調味料、調理器具もいっぱいで

それらをいっこいっこ丁寧に解説してくれるから、

もーほんと楽しい、新しい世界へ一歩一歩踏み込んでいいく感じ♪

 






 

ひととおり話が終わると、みんなで分担して食材を切ったり炒めたり。

 



 

ピーナッツをそのものだけで炒めるって

日本ではなかなかしないけど、タイではよくやるそうで。

炒め係が簡単そうだから買って出たわたしですが

先生の手直し入りました〜。w

 



 

ちょっとした作業にも、タイならではのコツが潜んでるなんて

その場で教えていただかないと絶対わからない!

そんなことの繰り返し。ホント来てよかった〜、感心しどおしです。

フライドガーリックの作り方とかも、

ちょっとした一工夫でよりおいしくなるんですよ、魔法だ〜♪

 



 

プー・パッポン・カリーを作るのに、用意されていたカニはコチラ!

 


 

わ〜い立派♪ 食材的にレッスンには

豪華すぎるじゃないですか、カニだなんて。

出てくるまで、なんとな〜く信じてませんでした。W

 


 

初めてカニをぶったぎりましたよー!

そんなこんな、和気あいあいと調理は進み、

1時間45分で3種もできちゃいました!

 




 

さぁ、お待ちかねのごはんタイム♪

時間は12時、ちょうどランチのいい時間。

すっかり打ち解けたみなさんで、お茶でカンパイ、

いただきまーす!

 


 

3種全部が洗練された味わいでびっくり!

タイ独特のハーブとスパイスが効いたインパクトのある味なのに、

どこか上品でホテルノレストランにいるような感覚に……。

わー、まさかのクオリティに、さらに感激しちゃうのでした。

 

絶対、また参加します!

 

 

【スミタカルチャーセンター】

HPhttp://sumitaschool.com/

電話 02-714-080911

住所 1521/3 Sukhumvit Road, Prakhanong Nua, Wattana, Bangkok 10110

 

ページトップへ