ホーム  >  トコトン楽しむ欲張り旅《台湾》  >  欲張り台湾ブログ   >   2016   >   5月

台湾欲張りブログ

神懸かり!?村中がエキセントリックアートの彩虹春村 By.とまこ

May. 31
Post on 2016年5月31日 カテゴリー: 台湾エキスパート

バスを降りて歩いてたら、野原の向こうに、ぽわん。 赤い村が浮かび上がってるのが目に入る。唐突だな。 近づいて行くと、あらら、道にまでお絵描きが。 2008 年、取り壊しが決まっていたこの村に、突然絵を描きはじめたのは現在94 歳の黄じいさん。かつて国民党員として香港からやって来たときから、この村に住んでいるそう。 『暇だったから』という理由で描きはじめたらしいオリジナリティあふれる絵は、とうとう村の隅々までをも埋め尽くした。以来、噂が噂をよび、SNS でも拡散され、絶好の写真スポットに。そんな訳で、取り壊しの危機は免れたという。 圧巻!! 赤くうねる波のよう。このときは2月末。台湾各地でランタン祭が行われていたけど、この村でも開催されていた。小さな灯りが幻想的に揺れる……。 こんなすごい作品を突然描きはじめるとか……どんな神懸かり的なおじいさんが描いたんだろ。と、思いつつ、家の間を歩いていたら。いた。 カメラ向けたら、自らピースしてくれた。そして2 枚も名刺くれた。 ポストカードやステッカーやノートや……お土産グッズがめちゃくちゃ豊富だこと(笑)。先に進むと…… こんなの(すいません)に格言言わせちゃってたりカップル撮影用の場所があったり。 実際、カップルがいっぱい写真を撮りに来てた。黄じいさんよ、すばらしい営業マンですな(笑)。神懸かり?! 村中がエキセントリックアートの彩虹春村簡単に逢えちゃった(笑)。前回ご紹介した、村ごと黄じいさんのアートで占拠(笑)された彩虹春村へ、夜に再訪。なんとまぁ、うっとりが存分にプラスされて、またひと味違うエキセントリックな仕上がりに。さらなる黄じいさんワールドをどうぞ、ご堪能くださいな。まさにキッチュな空間を、ランタンがやんわり照らすこの光景。 絵とは間逆で、しっとりとした異次元感覚に支配されてる……。細部に目が戻るとハッ。究極のキッチュに笑えるし和む。激しくも憎めない顔したパンダや、南米のインディヘナみたいな女性や、猫娘?やら。なんでそれ? こわっ(笑)。シックとキッチュとかわいいと不気味と神懸かりと資本主義と。 躊躇や臆病はすぱっとスルー。思うままに描いて描いて。 打算もきっかりスルーした結果の、打算みたいのが痛快で。 そんなのを披露してくれるこの村の規模はとても小さい。なのに、見ても見ても、永遠に飽きない。 バランスを欠いたバランス、すてきすぎる矛盾。 夜がどんどん深まって、愛着もどんどん強くなって……。

 

【彩虹春村】
台中駅から27番バスで小一時
間、嶺東科技大学下車、進行方向
へまっすぐ、徒歩5分くらい。

台湾へ行きたくなったらこちら♪→

村中黄じいさんに落書きペイントされた 彩虹春村 By.とまこ

May. 23
Post on 2016年5月23日 カテゴリー: 台湾エキスパート

台湾を訪れたなら、台北からちょっと足を伸ばして、ぜひともこちら の『彩虹春村』へ。まだまだ知られていないこのレアスポットは、ど うにも神懸かりで、めっちゃアートで、むっちゃ笑える。まだ見ぬ自 分の可能性のスイッチを押される気になる、自分的パワースポットで す。場所は台中の郊外、駅からバスで小1時間ってお手軽でしょ。 とにもかくにもすごいから。あなたにも何か降りてくるかもです(笑)。 まずはすみずみ、ご覧下さい~。 8年前に突然、当時86 歳だった黄じいさんが村中の壁や地面に絵を 描きはじめた、という訳のわかんないエピソードによりこうなってしまった村(笑)。今では村が彼の絵に隙間なく埋もれてるという。 パワーとゆかいと、多分、神秘もつまってるでしょ。 陽の光の中で数千数万のこの絵たちに取り囲まれると、元気溢れる色使いと、モチーフの特異性にびっくり。 はぁ...... 描かれてるモチーフは誰やねん!のオンパレード(笑)これを90 歳前後のおじいさんが数年間わくわくを保って 描き続けたって......う~んアメージング。元気と勇気をいただきます♪

あぁ黄じいさん! こんなわくわくありがとう!! 訪れる人みんなを笑顔にさせるじいさん......尊敬です。かつて、香港から国民党員として台湾へ渡り、たくさんの苦楽を彼流のやり方で乗り越え、噛み砕き、消化してきた約一世紀の自身の歴史が、こんな独特すぎる世界観とパワーを生み出したのですよね。生きて来た成果が、みんなを笑顔にさせてるってステキすぎます。妙にテンションのあがる村時間だったのでした。 次回は、しっとり夜の彩虹春村をどうぞ★ 【彩虹春村】 台中駅から27 番バスで小一時間、 『嶺東科技大學(嶺東路)』バス停で下車、 そのまま直進徒歩5分。

【彩虹春村】
台中駅から27 番バスで小一時間、
『嶺東科技大學(嶺東路)』バス停で下車、
そのまま直進徒歩5分。

台湾に行くならはこちら♪ →

台湾新幹線に乗ったよ♪ By.とまこ

May. 16
Post on 2016年5月16日 カテゴリー: 台湾エキスパート

台湾にも、新幹線があるのです。しかも、東海道・山陽新幹線で使用さ れてる700 系ベースの、日本の兄弟分みたいなの! 台湾の旅をぐっと便利に、広げてくれるひとつの手段として、『乗る』と いうエンターテイメントとして、旅に取り入れてみるのはいかがでしょ? ちなみに、みなさんが旅で出会う鉄道の種類は、大きく3つあります。 台北で便利に使う地下鉄MRT, 台湾全国を走る日本のJR みたいな台鉄(TRA), 新幹線の高鉄(=台湾新幹線=台湾高速鉄道=HSR)。 台北駅ではMRT も台鉄も高鉄も、全部乗り場があるから、行けばまぁ、なんとかなります(笑)。 高鉄の紛らわしいポイントって地方にこそあるので、ここでは台中から乗った様子をご案内しますね。台北から高鉄に乗って台中に到着した時のご参考にもどうぞ。あ、でもへいき! そんなたいしたことじゃないので、どうぞお気軽に行ってくださいよ~。 台鉄の台中駅と高鉄の台中駅って、全然違う所にあるのですよ。 紛らわしいでしょ。訪れて楽しい町の中心は、台鉄の台中駅周辺です。高鉄に乗るためには、まず高鉄の台中駅に、電車かシャトルバスでいきましょう。まぁ離れてるとは言え、電車で10 分とかそのくらいの、15 元なので、無料のシャトルバスを使うまでもないですね。乗るのにわかりやすくて本数の多い電車を使っていきました。 目指すのは、台鉄の『新烏日』駅です。その駅と、高鉄の台中駅がつながっていますよ。 新烏日駅の改札はこんな感じ。↓台鉄の台中駅の改札はこんな↓表示に、『高鉄台中駅はあっち』て見えるでしょ。 ソレに従って歩いて行けばいいだけです。かんたん♪さて、自動券売機で切符を買います。英語表示にもなるので問題なしです。英語だからって、たいしたこと書いてないし。わたしはクレジットカードを使って買いました。自分の暗証番号さえ把握していれば簡単に買えます。あといくら台湾元を残せば……とか計算しなくていいのでらくちん♪ これが高鉄の改札。電光掲示板も見やすいし、こわいものなーし。15 分に1本ほどでてるのはほんとに便利。 こんなエスカレーターをあがって……ホームはこれ。ね、町じゃないでしょ、ココ(笑)。指定席と自由席があるので、ホームの乗りこむ位置は確認してから並んでくださいね。来た~♪ なんか見覚えあるでしょ。3列2列の並びといい、イスの感じといい。 このときは台湾の祝日で、とっても混んでました。これは台北駅で降りてから撮ったやつ。鋭い方は、わたしが手にしていたチケットが台北手前の『板橋』行きだったことにきづいたかもしれません。はい……乗り過ごしました(笑)。台中~台北は50 分間と、かなりあっという間ですよ~。 ところで、混んでる時だったからこそのエピソードもありまして★ わたしは自由席で立っていたのですが、すぐ隣のイスに座っていた台湾女性が、自分のイスの肘掛けに腰下ろしていいよってジェスチャーで伝えてくれたのです。感激! 本当にやさしいですね~、台湾の人って。動けば動くほど、やさしさにも触れさせていただいて。この国への愛が深まるのですよ。。。ほろり。そんなわけで、高鉄の地方の駅は、町の中心から離れている、ということだけ覚えておいてくださいな。それはただの手間であって、町の中心へ行くのは難しいことではないです。じゃんじゃん乗って、あちこちでかけて、台湾のさらなるお楽しみを享受してくださいませ★
台湾に行くならはこちら♪ →

絶対的確!盲人按摩 By.とまこ

May. 11
Post on 2016年5月11日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 現地情報

台北滞在中のある夜、MRT(地下鉄)に乗ろうと地下へ潜りこむ。 朝から動き回ってココロは充実! ホッとしてメトロのイスに座る と……もう動きたくない。楽しさに巻かれ気づいてなかったけど、 疲れてたのねぇ。この感じ、ぜひとも取り去りたい。時間をみると、 22 時ちょっと前……ニヤリ。夜更かしの街台北だもの。 ここならではの癒しスポットにありつくには遅くないはず。 ただ、迷っている時間はない。MRT の最終は0時くらいだからね。 なので、このときお世話になっていたAirbnb のホストさんに台北 の「効くぅ!」スポットを聞いてみた。なんにしろ『地元の人の個 人的なお気に入り』って、真実味があって気になるしね。 「よく行くところあるよ~、23 時までやってるし。地図送るね!」 ありがたや~。言われる通りにやってきたのは、MRT 新埔駅を 2番出口から地上にあがって徒歩30 秒のこちら。『按摩先生』。 わかりやすすぎなネーミングもいいじゃない。 さすがに22 時を回るとお客さんは少ないみたい。閉店間際 だものね。でも、ガラスばりの店舗は、外から見ても清潔そ のもので、安心して踏み入れられる。 ところで、按摩とマッサージは違う。按摩の起源は中国にあ り、体の中心から末梢方向へ施術して、筋肉をゆるめることがメイン。服は着たままね。 マッサージは、ヨーロッパやインドなどが起源で、体の末梢 から中心に向かって施術し、体内の循環をよくするのが主な目的だそう。施術は裸でね。 入店するとまず、複雑な形のイス。これ見覚えが……あ。以前、 台北の地下街で、脅威的に気持ちい肩のマッサージを受けた時 座ったやつだ。施術の感想は、『高橋名人か?!』。(古っ・笑。ファミコンの超速連打の名人)ツボを押し込む強さとスピードがすばらしすぎて!  しかも、10 分100 元だったな。安っ。で、さらに驚いたのは、按摩師さんたちが盲人だったこと。目が見えなくても、こんな的確に人を癒せてしまうのかぁ~って。 さて、こちらの按摩先生のスタッフさんに希望のメニューを聞 かれたので、ダメ元で聞いてみた。『1時間の全身コースは時間的に無理でしょうか?』 『いいですよ、問題ないです』。 わーーーい! さっすが、ゆるゆるの国。担当の按摩師さんがきてご挨拶。そして、ハッ! こちらの方、目が見えないみたい。 ふと周りを見渡すと、スタッフさんたちのほとんどは盲人かも。 そういえば、按摩と言えば、昔の日本では目の見えない方のお仕事だったと聞くけど、台湾もそうなのかな。 後で聞くと、台北のマッサージ・按摩店は、厳密な意味で合法なのは盲人店のみだそう。それは、盲人の労働権を守る法律があるからだとか。さらには、盲人の施術者さんたちはみんなマッサージの専門学校を出ているから技術的に間違えないと。 もちろん、観光客をメインターゲットにしたマッサージ店にだっていいマッサージ師さんはいるだろうし、観光系は設備がゴージャスだから、姫君気分を味わいたい時はそっちがいいかも。 さあ、按摩のスタート! 上着だけぬいで服はきたまま、靴下もはいたまま、仰向けでゴロン。まずは腕、そして足、背中と進む。 強い、すごく力強い。骨と筋にそって、ギュッギュギュッギュと揉み込まれ……痛い、痛いけど気持ちいい! 「そこそこっ! いいとこ知ってるな~」 と声がでそうになることの連続。で、すごく感じたのは、理論で表情は真剣そのもの。脳みそ120% で、わたしの骨格と筋肉に向き合っているみたい。ならば! と、真剣に観察を続けようと思ったけど……あっという間に眠っちゃいました。 施術が完了して、立ち上がった時の体の軽さったら!!! びっくりしすぎてまばたき忘れた!  のを久しぶりにパチッとした瞬間に気づきました。 お会計はこの場で。按摩師さんに直接わたすスタイルはきもちがいいな。このアメージングな1時間で660 元 (2300 円くらい)って、お得すぎる~。熱烈オススメです。揉んでる。手で物理的に外 観を捉えた上で、理論通りぴっちり揉みほぐしてる。 骨の筋の何センチ横のこの角度……みたいなね。 見えない分、感覚が優れて、そっちの力でよりうまい施術になるのかと思っていたけど。 見えない分、理論に忠実に従うことで、より的確な施術が生まれているみたい。 揉み方の規則性や安定性を感じているとブレがなすぎてびっくりするんだもの。 【按摩先生】新北市板橋區文化路一段320 號 月~金11:00~23:00 土日10:00~23:00

台湾に行くならはこちら♪ →

ページトップへ