ホーム  >  トコトン楽しむ欲張り旅《台湾》  >  欲張り台湾ブログ   >   2013   >   5月

台湾欲張りブログ

台湾エキスパート保谷の台湾ぶらり旅~スタイリッシュなカフェ、smith&hsu

May. 10
Post on 2013年5月10日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 食べ物

 

 

皆さんこんにちは!台湾エキスパート保谷早優怜です。

 

私は週末に、台北で大人気のカフェsmith&hsu(スミスアンドシュー)でアフタヌーンティーを楽しみました。

 

この3段トレー可愛いですよね!お家でも真似できそう

 

 

smith&hsuは英国のアフタヌーンティーに魅せられた台湾人、許(hsu)さんがオープンしたおしゃれなカフェ。

 

席に着くと店員さんが、50ものガラス瓶に入った紅茶をトレーに載せて持ってきてくれます。メニューと茶葉とを照らし合わせ、蓋をとって香りをかいで……皆さんそれぞれじっくりと紅茶を選んでいます。私はさんざん悩んで、アフタヌーンティーセット(英式花園下午茶)に合いそうなアッサムティーと、台湾のを。

 

 

とっても美味しいサンドイッチがつくからランチ代わりにも。2人でちょうどいいサイズ

 

 

それにしても驚いたのはsmith&hsuのパンのクオリティ。バンの美味しさとスコーンの美味しさは、もしかして日本以上?台湾もここまでレベルが上がったのかと感嘆する味なんです。

 

4種類のうち2つを選べるジャムは、ひとつはレモンカード(レモンクリーム)がおすすめ。イギリス特有のジャムなんですが、スコーンにとっても合うんです。ついてる白いクリームもきちんとクロテッドクリーム。このあたりのこだわりって、日本でもなかなかないんですよ。

 

お店の中はすっきりとしたイメージだから男性客も多いんです

 

 

さて…金萱茶とイギリス式スコーンを同時にいただくのって初めてでしたが、金萱茶の爽やかさがスコーンや濃厚なクロテッドクリームと好相性! これは大きな発見でした。この組み合わせははまりそうな予感……紅茶だけでなく台湾茶もあるので、茶芸館だとちょっと敷居が高いかな?っていうときに使えるカフェなんです。

 

この日は日曜日でたまたま席が空いてましたが、週末はほぼ予約でいっぱいに。予約可能なので到着日にホテルのコンシェルジュにお願いするといいですね。MRT直結の阪急デパートの中なので、台湾ビギナーさんでも迷わず行けちゃいますよ。

 

<DATA>

住所:台北市忠孝東路五段8號統一阪急百貨6樓

アクセス:MRT市政府2號出口直結

TEL:(02)8786-2877

営業時間:11:00~21:30 (日~木)/ ~22:00 (金、土)

定休日:なし

URL:www.smithandhsu.com

※他に忠孝市府店、民生東路店、南京東路店、天母中山店、衝陽店があります

台湾エキスパート保谷の台湾ぶらり旅~台北で一番混んでる朝ご飯店、阜杭豆漿に行きました

May. 8
Post on 2013年5月8日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 食べ物

 

皆さんこんにちは!台湾エキスパート保谷早優怜です。

 

私は週末、台北で一番混んでる朝ご飯店、阜杭豆漿(フーハンドウジャン)に行きました。

阜杭豆漿は台北の朝ご飯屋さんで唯一、發票(レシート)を発行するというくらい混んでる店。レシートを発行するということは、つまり税金を払うということ。政府から、儲けすぎてるからちゃんとレシートを発行するように!って言われたんだそう。

 

お店の並び方の図が書いてあるんです

この日私は、寝坊したので9時40分に到着!
でも、すごい行列は2階にあるお店をはみ出して外までぐるり!300人は並んでるという行列だけど並ぶ価値あり。並んでから食べるまでこの日は50分もかかったんですけれど…それだけ皆が食べたくなる味ってことなんですね。

 

以前はイートインの場所がとても狭かったんですが、数年前に拡大し、それからまた行列が伸びたんです。フードコート並みの広さのイートインスペースは、平日はそれほど混んでいませんが、週末は満席になるから席取りも争奪戦です。

 

 

おなかがグーってなりそうな、できたてほやほやの朝ごはん!

 

  

ここに来たらぜひ食べてほしいメニューは4つ!おなかをすかせて出かけましょう。

・鹹豆漿(シェントウジャン)

豆乳にお酢を入れて固めたもの。おぼろ豆腐みたいな食感と味わいは日本人好み。スープがしみこんだ油條(ヨウティアオ)がたまりません。

・焼餅夾蛋(ホウピンジアダン)

炭火焼きにした焼餅に卵をはさんだ焼餅夾蛋(シャオピンジアダン35台湾元・約100円)。さらに油條をはさんでもらうのが台北っ子流。

・冰豆漿(ビントウジャン)

冷たい豆乳に砂糖を入れたもの。意外と生臭さはなく飲みやすいのでこちらもぜひオーダーを。冷たいものもお碗にレンゲで出てくるのがまたいい感じ。

・蛋餅(ダンピン)……小麦粉の薄い皮にネギの入った溶き卵を重ねて鉄板で焼いたもの。オーダーしてから焼くにもかかわらず、あっという間に出来上がります。ソースはお好みでかけて。

 

……ここに来たら、ホテルの朝食が物足りなくなっちゃうかも?おすすめです!

 

<DATA>
■阜杭豆漿
住所:台北市忠孝東路1段108號2F28(華山市場2階)
アクセス:MRT善導寺5番出口すぐ
TEL:(02)2392-2175
営業時間:5:30~11:00
定休日:旧暦の年末年始5日間・端午節・中秋節
※週末は地元の人々で大変混み合い、40分くらい待つこともありますので、7時位に行くのがおすすめ。7時半頃からかなり混みます。

ページトップへ