ホーム  >  トコトン楽しむ欲張り旅《台湾》  >  欲張り台湾ブログ   >   2012   >   9月

台湾欲張りブログ

エキスパート保谷の気ままに台湾旅~リッチな気分で☆W台北のアフタヌーンティー

Sep. 28
Post on 2012年9月28日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 現地情報, 食べ物

 

秋の気配ですね…!

 

皆さんこんにちは。台湾エキスパート保谷早優怜です。

 

海外でアフタヌーンティーと言えば、アジアですと香港やシンガポールが有名ですが、

台北にも素敵なアフタヌーンティーを楽しめるところがあります。

それは、台北で今一番ホットでおしゃれなホテル、W台北です。

眺めのいいレストランで素敵なティータイム

 

 

W台北の31階にあるチャイニーズレストラン・紫艶(YEN)では、

 とっても特別なアフタヌーンティーが楽しめます。

 なんと、入れ物が台北101の形になっているんです!

 色も紫とピンクという可愛さがなんとも言えません。

 中身はYENオリジナルのエッグタルトやジャスミンティー風味のマカロン、

サーモンとキャビアのサンドウィッチなど盛りだくさん!

 ときおり和っぽい器も使われていますが、基本は中華菓子と洋菓子のMIXスタイルです。

 YENはガラス張りで、すぐ近くに台北101も見えます。

 ですからお席によっては台北101を眺めつつ同じ形のタワーでティータイム、ということもできるんです。

 気になるお値段はというと……YENのアフタヌーンティーセットが1,800台湾元(約5,000円・2人分)+10%。高級ホテルなのに手の届く価格は台北ならでは。

 シャンパン付きのセットは2,800台湾元(約7,800円・2人分)+10%なので、記念日にもよさそう。

 黄色いインテリアがキュートな3階のTHE KITCHEN TABLEなら、

 モノトーンの棚にスイーツをたっぷり詰め込んだセットが2人で1,400台湾元(約3,900円・2人分)+10%と、さらにお安く楽しめます。

 詳しくは公式サイト、http://www.wtaipei.com/en/afternoonteaをご覧ください。

週末は込み合うので、ご予約をお忘れなく!

 

<DATA>
■W台北(ダブリュー・タイペイ)
住所:台北市忠孝東路5段10号
アクセス:MRT市政府駅2番出口すぐ
TEL:(02)7703-8888
料金:8,900台湾元(約25,000円)~

※1台湾元=2.8円で計算しています(2012.9)

 

【番外編】旅博での新生JALブース!

Sep. 24
Post on 2012年9月24日 カテゴリー: スタッフ

こんにちは、e旅スタッフです

こんにちは!e旅スタッフの渡辺です。

 

先週末の「旅博」皆様行かれましたか?

今回は台湾とは直接関係ない番外編ですが、昨日再上場した「新生JAL」の新しいビジネスクラス用フラットシート体験してきましたので、レポートさせていただきます!

 

まずは、最新鋭機ボ-イング787型機搭載のプレミアム・エコノミーのシートがお出迎え!

 

新生JALのブース

シェルタイプのシートで、通常のエコノミークラスシートより断然リラックスできそうです!

http://www.jal.co.jp/inflight/inter/premium_y/yp_seat/#rosen

 

その隣にいよいよ登場!「新ビジネスクラス 」コーナーです

 

B777搭載の新フルフラット ビジネスクラス

JAL初のビジネスクラス フルフラットシート
その名も「SKY SUITE」!  高級感&個室感高いです!
日本の航空会社らしく、大小の荷物収納スペースも十分できめ細かさを感じました~。

さらに、売りは、アイススケートの浅田真央ちゃんも愛用の高反発マットレス「エアウィーヴ」を導入、マットレスと枕でリラックスした機内での睡眠となるみたいです~♪
きめ細かいですね~♪

 

 

23インチの大画面!すいません足が写っちゃいました~

 

長距離路線でのお楽しみ!機内エンターテイメントも充実してます。
特に個人液晶モニターはクラス最大級の23インチ!!

 

今回の旅博会場でも多くの方が体験されていました。
食事は体験できませんでしたが、このきめ細やかさでしたら期待できますよね~

 

2013年1月のロンドン線からB777-300ERに搭載されるとのこと………。
残念ながら台湾線への導入は分かりませんが、ヨーロッパなどでご利用される機会がある方は
楽しみですね♪

 

詳しくは

http://www.jal.co.jp/newsky/ss7/business/

 

 

 

 

 

 

エキスパート保谷の気ままに台湾旅~この時期限定の月餅をおみやげに!

Sep. 24
Post on 2012年9月24日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 未分類, 現地情報, 現地特派員

 

今年の中秋節は9月30日です

 

かつて私が台南に留学していたころのこと……その日は、中秋節でした。

 

大学の中国語の先生に「バオグー(保谷)、今日は中秋節だけど、誰と過ごすの?」と。

え? 1人ですよ、と当然のように言う私。

すると先生は青くなって、周りの日本人にあわてて声をかけ始めたんです!

 

「ユエンシャン(丸山)、今夜バオグーと晩ご飯食べてよ。えっ、用事があるの?おーいシャンベン(山本)、ねぇ君はどう?」

 

……ちょ、ちょっと!老師(先生)!老師~っ!!

 

「何?」

「大丈夫です、先生。私は、1人で本当に大丈夫です。」

「でも……バオグー……」

 

そのときの先生の寂しそうな顔は、今でも憶えています。

 

中秋節は、日本でいう中秋の名月と同じ。満月を愛でることに変わりはないのですが、実はお正月と同じくらい台湾では大切な日!多くの人は実家に帰って家族で夕食を共にします。

 

まん丸のお月さまを眺めながら、家族円満を願う。

それが台湾のみならず、香港でも、上海でも、中華圏では大切な行事なんです。

ここ10年くらいの流行は気の合う仲間とバーベキューをしながらお月見すること。

つまりこの日、1人で過ごすなんてとても寂しいこと!でも当時の私は、そんなこと全く知りませんでした。

 

 

とても中身が月餅とは思えない!Wホテルの月餅

 

 

中秋節前はあちこちで月餅が売られるんですが、この間おしゃれなホテル・W台北に行ったときに、とてもスタイリッシュな月餅を見つけてしまいました。

 

なんと、紫のカクテルシェーカーと月餅5個がセットになっていて、エスプレッソマティーニなどのカクテル味の月餅も!あまりのかっこよさに思わず購入。

この時期に台湾へ行く人は、おみやげに月餅を買うのもおすすめですよ!

 

 

さて……あの留学の中秋節の後日談。

 

一緒にお月見しようとクラスメートが誘ってくれて、月餅を買い、成功大学の構内でお月見しました。豪華な晩餐はなかったけど台南で観る月は何だかきらきら輝いて……そして、一緒にいてくれる友達がいて、心が温まりました。

 

すると翌朝、何と台南でお世話になっていた蘇さんというおじいさんから怒りの電話が。

「昨日はどこに行ってたんだ!中秋節だからうちの家族と一緒にご飯を食べようと思って、何度も何度も部屋に電話したんだぞ!(当時私は台湾の携帯を持ってませんでした)」

 

……蘇さんは電話でとても怒っていたけれど、私はとても嬉しかったんです。

だって、外国人の私をまるで家族のように思ってくれたひとがいたんですから。

 

こんなことがあるから、とても好きなんです、台湾

旅博 2012 

Sep. 21
Post on 2012年9月21日 カテゴリー: スタッフ

e旅スタッフの渡辺です。
今日はツアーの情報収集に東京ビッグサイトで催されている≪旅博≫ にきています。

今日は業界関係者の解放日ですので一般の方は入れませんが、ものすごい人がきています。

 

 

台湾コーナーも大盛況♪茶芸館もあり、体験もできちゃいます♪
 
 
 
明日、明後日は一般解放日なので、ご家族、友人で是非来てみて下さい~
 
 
 
 

台湾母連れ旅5  ♪ 阿里賓館 ♪

Sep. 21
Post on 2012年9月21日 カテゴリー: スタッフ, 現地情報, 観光

 

阿里山には少なくない軒数のホテルがありますが、中でも阿里山賓館(英語名 Arishan House)はその歴史もあって別格の扱いです。

せっかくなのでちょっと贅沢してこのホテルに一泊する事にします。

阿里山のホテル随一の絶景。。。を期待できるはずでしたが、回りの状況は下の写真の通り。。。(泣

ドアボーイのお兄さんに『今の時期はいつもこんな天気なの?』

と聞くと、『午後から夕方は毎日だけど朝は毎日晴れてるよ~』と笑顔で答えてくれました♪

明日に期待して今日はホテル内の探検をする事にします。

 

 

 

今夜の宿泊は阿里山賓館。大正2年に建設された老舗です。

元は日本の森林開発会社幹部のサロンのような場所だったそうです。

写真は新館入り口。

 

 

 

 

新館のフロント。阿里山鉄道のスイッチバックをイメージしています。下の車両は阿里山登山鉄道。

上の車両はご来光見学用の祝山線の模型です。

 

 

オフシーズンを利用してプロモーション映像を撮影していました。

 

 

 

 

宿泊したフレグランススイート。新館のお部屋です。

 

 絶景を誇る空中庭園。。。のはずですがなにも見えません。

 

 

 

  

 

 

旧館のフロント。すべてヒノキ作りで年月を重ねた光沢が渋すぎます。

今はオフシーズンなのでクローズして新館のフロントに集約しています。

他の主要施設にもヒノキがふんだんに使われていて、なぜかほっとする雰囲気がたまりません。

 

 

明日はご来光を見に行くために早起きをしなければなりません。

母に移動の疲れも見えていたので早めに夕食を取って就寝しました。ドアボーイのお兄さんが笑顔で保証してくれたように晴れると良いなと願いつつ次回へ.

 

【基本情報】

阿里山賓館HP

http://www.alishanhouse.com.tw/index.asp

 

 

 

 

台湾母連れ旅4  台湾新幹線で阿里山へ

Sep. 20
Post on 2012年9月20日 カテゴリー: スタッフ, 現地情報

 

台湾高鉄嘉義駅(在来線と場所が違うのです)から阿里山行のバスは15人のりほどのマイクロバスでした。

ロータリーに入って来た大型バスと見比べてなぜかガッカリするK母。。

『山道登るんだから小さい方が早く着くんだよ!』と訳のわからない理屈で納得させてバスに乗り込みます。

ドライバーさんはちょっと鋭い目つきでタダモノでない雰囲気、さらにビンロウを噛みながらなので口の中が真っ赤な上にそれを袋に( ゚д゚)、ペッとやる姿が怖すぎです。

(タダジャスマナイ。。)と思わせるには十分な立ち姿でした(笑)

 

バスは高速道路を順調に飛ばして行きます。

ヒョロリとやせた椰子のような檳榔樹の姿が目立ち始めた頃、バスは山道を登り始めます。

車内では延々と日本の演歌が流されてまったりとした道行きになると思いきや、とうとうドライバーさんがその本性を表しはじめました。

前に車がいると左右に体をゆすり始めます。。。そして!短いカーブの連続でも仕掛け時と思ったら躊躇無くアクセルを踏み込んで一気に抜きさって行きます。

スピーカーから流れるまったり演歌とのミスマッチも甚だしいアグレッシブさで立て続けに前の車を抜いていきます。

乗客の体はその度に右に左に傾き、ドライバーさんの動きと同期していくのがわかります。

K母はよっぽど怖かったらしく、手に握り締めていたバンドの後がくっきりと(笑)

ちなみに流れていたのはこの曲でした。(笑)

三橋美智也 達者でナhttp://www.youtube.com/watch?v=8lOJu_YJX9M&feature=related&hd=1

 

標高が上がるに連れて雨が降り始め、周りにガスが立ちこめて視界が悪くなってきました。

途中の休憩をはさんで阿里山のバスターミナルに着く頃には、もう回り中真っ白になっていて風景なぞ見えない状態になっていました。テンションが下がりまくるK母、でも天気ばかりは仕方ないものね^^;

次回は宿泊した阿里山の老舗ホテル【阿里山賓館】をご紹介します。

 

 

追い抜きに夢中になって早く来すぎたらしく、途中の村でちょっと長めの休憩をとった村【石棹】

ここで栽培される烏龍茶は【石棹高山茶】というブランド茶です。 続く….

台湾母連れ旅3  ♪ 台湾新幹線で阿里山へ ♪

Sep. 19
Post on 2012年9月19日 カテゴリー: スタッフ, 現地情報

 

約三時間半のフライトで定刻どおり台北到着。

途中東シナ海に浮かぶイカ釣り漁船の明かりがきれいでした。

(K母は与那国の明かり?とか聞いていましたが。。。)

翌日は台湾新幹線(台湾高鉄)での移動なので台北市内のホテルには泊まらずに空港近くのホテルで

一泊し、高鉄の桃園駅から台湾中部の街、嘉義まで移動する事にします。

 

翌朝タクシーで桃園駅に向かい、インターネットで予約しておいた切符を受け取ります。

台湾高鉄はインターネットの予約・決済ページをもっていて、

そこで予約と支払いをすませれば切符はコンビニなどでも手に入れることができます。

さらに65歳以上ならばシニア割引で半額になります。さすが敬老の国ですね。

(シニア割利用には身分証明書が必要ですので受け取りは駅のみとなります)

 

 

 

 

 

 

切符表 桃園-嘉義間約260kmを一時間ほどで走りぬけます。自動改札を通すときは裏側の

矢印を上にして通さないといけません。

 

桃園駅のホームは地下ホームになります。

新幹線の写真を撮ろうとカメラを構えて待ちますが、どちらから来るのかわからず右を向いたり左を向いたり挙動不審なKとK母。ちょっとアヤシかったかな(汗

 

 

日本の700系新幹線をベースにした車体。トンネルが日本より広いのでノーズは短めなんだそうです。

 

 

 

台湾新幹線の車内。今回は奮発して商務車(グリーン車)にしました。

乗車するとお茶またはコーヒーとお菓子のサービスがあります。

お茶はかなり熱いので飲むときはご注意を!(K母は口の中をヤケドしていました^^;)

 

南に向かうにつれ車窓はどんどん南国度をアップしていきます。

バナナや細い椰子の木のような檳榔樹が目立ちはじめた頃に嘉義に到着しました。

ここが阿里山に向かう起点になります。

以前は阿里山へ登るにはスイッチバック式で有名な阿里山鉄道に乗るのが一般的でしたが、台風被害や事故防止の工事の遅れから運休したままになっています。

そのため嘉義から阿里山の移動は台湾好行という観光路線専用のバスを利用します。

 

 

 

嘉義駅に到着

おまけ

 

嘉義駅のセブンイレブンに入ったら日本のおでんらしきものが。。『関東煮』と書いてありました。

見た目は同じ感じですが、味が同じなのか気になるところです。

下側は台湾のおでんにあたるのかな?茶葉蛋です。ビールにぴったりの味♪

 

 

 

 

 

 

【基本情報】

 

台湾高速鉄道HP

http://www.thsrc.com.tw/jp/?lc=jp

 

台湾好行バスHP

http://www.taiwantrip.com.tw//Main/

 

 

 

 

 

 

 

 

台湾 母連れ旅2  ♪スカイラウンジでプチ贅沢♪

Sep. 18
Post on 2012年9月18日 カテゴリー: スタッフ, 空港

 

 

 

こんにちは!でるたび担当Kです。

 

海外旅行の始まりと言えば。。。やっぱり空港ですよね。

今回デルタ航空さんにお世話になる事になりましたので、成田空港からの出発です。

やっぱりデルタ航空の専門サイトでるたびの担当者としては当然でしょう!というのは建前で(笑)ゆっくり出発するのが楽チンだなあと思ったのが正直なところです(汗

 

そんな私にもデルタ航空さんは優しいのです。『せっかくなんでデルタ航空さん自慢のスカイラウンジを見学したいなぁ。。。』とお願いしたら、快くOKいただきました♪

せっかくのチャンス!とっととチェックインをすませてラウンジに向かいます。スカイラウンジは出発ターミナルからエレベーターで4階上がった所にありました。

 

 

スカイラウンジ入り口。セレブ感が漂います。左手のカウンターで手続きをします。

 

 

 

ソファーやチェアに坐って皆思い思いにくつろいでいます。

 

 

各所にマックが配置され自由に使うことができます。

SNSへの書き込みや旅行情報の確認などできるのがいいですね。

WiFiも完備しているので持参した端末も利用可能ですよ。

 

 

 

 

ドリンク&軽食コーナー。各種アルコールもありますので

お酒好きにはたまりません(笑)。でも飲みすぎには注意。

軽食はサンドイッチやサラダ、チョコレートケーキ、プレッツエル

などがあります。お粥!なんかもありました。

 

 

 

 

焼酎や日本酒まであります。向かって右側の

榮川はビジネスクラスでも提供されています。

 

 

 

 

見学もそこそこに飲み始めてしまいました(笑)

K母もワインを飲んでご満悦。

何を思ったか、『座席もビジネスクラス?』って(笑)

すみません。今回は無しです。^^;

 

 

 

 

窓の外には搭乗予定の飛行機が。

冬場になると搭乗時間帯にはライトアップされた機影を見ること

ができそうですね。

 

 

スカイラウンジで快適に過ごしていたらあっという間に搭乗時間になってしまいました。

二人とも無事機上の人に

次回はいよいよ台湾到着です。

 

エキスパート保谷の気ままに台湾旅~新しくなった士林夜市&夜市のおすすめ時間って?

Sep. 16
Post on 2012年9月16日 カテゴリー: ショッピング, 台湾エキスパート, 現地情報, 観光, 食べ物
 
夜市ではトマトのおやつ糖葫蘆が好きです

 

日本人が行きたい台北観光の人気ナンバー1、それが士林夜市(スーリンイエシー)。

食べ物の屋台がずらりと並び、別のエリアには洋服などがどっさり…毎日がお祭り気分のナイトマーケット。

最近、この士林夜市が移転して、美食街が地下に移ったのをご存知ですか?

 

以前は剣澤駅の向かい側に美食街がありましたが、こんどはそこから300mほど離れた場所に移動。基河路という大通りを人並みに沿って歩くと大きな建物が見えてきます。

 

1階がファッションと雑貨、おみやげ系。地下1階が食べ物の屋台です

 

1階の雑貨をぶらぶら。何だかアメフトのヘルメットみたいな形の傘が!

可愛いなぁ。これ、小さな男の子のおみやげにどうですか?5歳くらいの男の子がさしてたら絶対注目を集めそう!

 

どうですか? 可愛いでしょう!

 

さて、お目当ての地下美食街へ行きましょう。

22時を回ったころだからか、ちょっとすいてますね。

(画像22-03

 

思ったよりすいてる気がしたのは、地下だから?

 

 

ここでエキスパート保谷さゆりの、士林夜市を楽しむコツを教えましょう。

それは、夜市へ行くなら夜8時前後の混んでる時間帯に行くこと!

 

夜8時くらいの時間帯って、とっても混んでますし、

それが週末ならなおさら、ものすごい熱気!

でも混んでる時間のほうが行列や人だかりができてるから、

ぱっと見ておいしい店が見つかりやすいんです。

 

行列が出来ている店や、注文も聞かず次から次へと作り続けてる店

(それだけ商品が売れてる証拠)

があったら、そこは美味しい店である確率が高い。

その列に並んでみたら、きっと美味しいものに出会えます。

 

臭豆腐とオアジェン、そしてパパイヤミルク

 

ちなみに日本人にとっては必要で、台湾人の半数以上は気にしないもの……それは

食事中の水分補給。

日本人は食事中に何か飲みたくなる人が多いと思いますが、

台湾ではさほど気にする人がいないのか、屋台で食べ物を売る店には飲み物が売られていないことが多いんです。

周りを見ても、皆何も飲まずに食べています。

 

だから士林夜市での水分補給は、コンビニでお茶やミネラルウォーターを買って行くか、

夜市のジュース屋さんで調達してから席につきましょう。

もちろん、ここ士林夜市は持ち込みOKです。

 

台湾 母連れ旅

Sep. 13
Post on 2012年9月13日 カテゴリー: スタッフ, 現地情報, 観光

e旅スタッフです

欲張りブログ愛読者のみなさまはじめまして!e旅スタッフ でるたび担当のKと申します。

夏休みを利用して私の母を連れて台湾に旅行にいってきました。せっかくなので旅行記形式でみなさんに色々な情報をお伝えできればと思います。

 

第一回 旅行のはじまりは計画を立てはじめた時

 

って思いませんか?

行きたい場所を決めて、休みを取って、ガイドブックやインターネットで情報を集めて。。。これって楽しいものですよね。

今回は普段ほったらかしにしている母への罪滅ぼし(?)と海外旅行に連れていく事にしました。

行き先を選ぶにあたって考えたポイントは。。。

①    母は足が悪いので長時間のフライトは無理

②    Kの財布が耐えられるくらいの旅行費用

③    食べ物がおいしくて見所が多いところ

この三点を考えて台湾に決定~♪ また暑い盛りに行くので、なるべく街中をうろうろしないようなプランを考えてみました。

あれこれ悩んだ挙句に阿里山と鹿港(e旅特派員の王さんお勧めの街です)そしてローカル線の魅力満載の平渓線沿線と定番中の定番、九フンをまわる事にしました。

K母は昔から鉄道の旅が大好き(いわゆる鉄子?)なのでちゃんと鉄道にも乗ることにします。

この旅行の様子は順次このブログにアップしていきますので、最後までお付き合いいただけるとうれしいです。

では次回から旅行記の始まりです。楽しみにしていてくださいね♪

ページトップへ