ホーム  >  トコトン楽しむ欲張り旅《台湾》  >  欲張り台湾ブログ   >   食べ物

台湾欲張りブログ

夜市帰りにどうぞ駅近おしゃれな穴場カフェ★ By.とまこ

Mar. 14
Post on 2017年3月14日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 観光, 食べ物

通化街夜市で、ごはんやら買い物やらを楽しんだ帰り道、
駅前にとってもかわいいお店をみつけました。

『VERY GOOD CAFE』★ 看板からしておしゃれだな~。
満足し切ったはずなのに、急にお茶したくなるのが人情でしょう。
そうだ、ちょうど歩き疲れているし、最寄りのMRT 信義安和駅
はすぐそこだし、ちょっと寄って行こうっと。

奥行きのある、おしゃれな店舗!

文房具や本もなどの商品は、どれもこれもおしゃれ! 見出し
たら止まらない~。スマート感とほっこり感が両立したものば
かりで見ているだけで楽しいな~。お店のセンスが光ります★

コーヒー党のあなたには、イケメンバリスタ
が、心をこめて淹れてくれますよ

こういうところにガチャガチャが
あると、ついやりたくなっちゃう。

 

一番奥には、ほっこり感漂うカフェルームが
広がっていました。秘密基地みたい★

ティラミスかわいい! いかにも手作りで、ざっくり切り
ました感があふれる出で立ちがたまらない~。ココアパウ
ダーのふんわり具合も、お皿のチョイスもお店の雰囲気に
120%マッチして、見てるだけで幸せ.
食べると、ほわん、ゆるん、ザックリ~。甘さ控えめの大
人味でにうっとりです。

おしゃれだし、おいしいし、お客さん少なめだし、22 時
までオープンしてるから夜市帰りにほっと一息タイムでき
るし、BGM もここちいいし、Wi-Fi もばっちりあるし、駅
から近いし★ お宝的な穴場を発見した気分です♪
【VERRY GOOD CAFE】
通台北市安街7 號 11:00~22:00

台湾に行きたくなったらこちら

 

台湾ならでは最強ぷるるんデザート『愛玉』をどうぞ By.とまこ

Dec. 14
Post on 2016年12月14日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 未分類, 食べ物

台湾ならでは、愛して止まないぷるるんデザートがあります。
夏でも冬でも、見つければすぐ買っちゃうヤツ。こちら!

 

愛玉子!

ちなみに、西門の萬年商業大楼地下のお店では、楊桃
(スターフルーツジュース)ジュースに入ってました。
愛玉子は、甘酸っぱい味つけと相性抜群。

この透き通った輝き、たまりません。
頭の中でぷるるんぷるるんと揺らしてみて下さい。

(*´ 『`*)
崩すとこうですよ。宝石みたいでしょ。

愛玉は、イチジクの仲間で、ゴマのような種がいっぱいある
フルーツです。実物を、台北のスーパーや市場で見つけるの
は至難の業ですが、種だけだったら、迪化街ではありました。
愛玉子の原料となるのも、種のみなのです。
こちらのお店で、種を見せてもらえないか頼んでみたら、
「ほいきた!」とばかりに快く披露して下さいました。
この透き通った輝き、たまりません。
頭の中でぷるるんぷるるんと揺らしてみて下さい。

 

ところで、作業自体はシンプルだけど、熟練の技が必要なんですっ
て。強すぎると種が破れてしまうし、弱すぎても固まらない。いい
弾力にするための力加減が絶妙なのだとか。また、放っておくと、
液体化してしまうので管理も大変!
愛玉を販売するには手間と技が必須なので、最近では「愛玉子」と
いう名の寒天ゼリーがあちこちで出回っているそうですよ。ぷるん
とした弾力が落ちるので、なんとなくわかっちゃいます。
まぁ、本人がおいしく感じられば、問題ないのですけど(笑)。

【萬年商業大楼】台北市西寧南路70 號
月14:00~22:00 火~日11:30~22:00

リピート必至の小籠包 By.とまこ

Aug. 1
Post on 2016年8月1日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 食べ物

台湾とえば小籠包! 前回は餃子も忘れないでって書いたけど、
やっぱり、王道を外しちゃ前に進めないってものですよね(笑)。
さぁ、『おいしくってしあわせ?』と、『ミーハーで楽しい♪』
の両方を存分に満たしてくれる、台湾のスーパーヒーロー小籠
包を食べにいきましょ。

言っちゃいますと、わたしの永遠のNo.1は『明月湯包』ですよ。
むちむちつるんの皮と、ジューシィすぎる肉餡、口の中で爆発
するスープの三位一体感がヤバすぎて。ハッピーマックス!
ただ、常に1番に行ってたら芸が無いじゃないですか。なので
今回は、台湾取材歴うーーんと、めちゃくちゃ長いライターさ
んにお勧めしていただいた『斎南鮮湯包』へ行ってきました♪

MRT 忠孝新生駅から徒歩6番出口を出たら、そのままの方向に新生
南路一段を歩いて1つ目の角を左折。2分くらい歩くと、右手です。
人気店だから普段は並ぶそうですが、このとき17時ちょっと
過ぎ。夜の部スタートくらいの時間だったので、すぐ座れました。

席についたらすぐ注文、待ちきれなーい! このときひとり
だったので、小籠包は1籠しかムリでしょうねぇ。一番基本
の『圓籠鮮湯包』をお願いします。ちなみに8 個で180 元。

で、この小窓のお隣はおつまみ棚ですね♪


勝手に選んで、席に運び、店員さんに自己申告しますよ~。
台湾の食堂ではこういう形式のところ、多いです。

コリコリした食感が楽しくて.
……甘かったです(´;ω;`)
しょっぱいの狙いだったので、このときの口には残念だっ
たけど、甘め目指すなら、きっと美味しいと信じます。

で! 真打ち登場~♪

なんかもう、このてっぺんのねじねじ拝むだけで、
「台湾万歳!」って思いますよね。
なんて繊細な技でしょう。ありがとう台湾、
こんなココロを感じる手仕事を、ありがとう~。

では!
いっただっきまーす?

つやっ?
つるんっ?
じゅわぁぁぁぁ?

はぁぁぅ(*´°`*)

薄いんです、皮が薄いの、お上品!
台湾の高級小籠包店(『鼎泰豐』風のお店、値段だと120 元
以上だとそんな気分です)の皮は大抵薄いけど、ここのは,
また一段と薄いような。小さいのに、肉感パンチがあるのも
すごい、薄皮のなせる技でしょうか。パンチあるのに、のど
ごしサラリンッ、胃も軽く。何個でもいける感じがしちゃい
ます。それから、スープ量もハンパなくって! じゅわっと、
口いっぱいに肉餡とスープが弾け出るのは、もう、しあわせ
以外のなにものでもない~! 8 個なんて、ぺろり中のぺろ
り、2籠くらいはいけそうでした。
【斎南鮮湯包】
台北市濟南路三段20 号
11:00 ~ 14:30 17:00 ~ 21:00

台湾へ行きたくなったらこちら♪→

みんな大好き餃子の八方雲集  by.とまこ

Jul. 20
Post on 2016年7月20日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 観光, 食べ物

台湾グルメと言えば、『小籠包』を思い浮かべる方は多いですよね。
でもみなさん、同じ包みものの『餃子』も是非に!

わかります、日本でだって美味しい餃子には、より簡単に出逢えます
からね。台湾では小籠包びいきになるのは、よーくわかります。そう
さ、わたしもえこひいきしてきましたよ、小籠包ばっかり褒め称え。
でも、台湾の友だちは餃子の方が好きだったのです。それで意識して
いろいろ見聞きしていると、なんとまぁ、餃子専門店の多いこと。ど
うも餃子の方がより生活には密着している感覚を得ました。どっちも
好きだけど、よりカジュアルなのが餃子、的な感じね。日本と同じかな。
台湾では、餃子といえば水餃子をさすことが多く、漢字は『水餃』。
でも焼き餃子もどんどん一般化してきていて、『鍋貼』と言われてます。
さらにもうひとつ。台湾で餃子は主食です!
『餃子× 白飯』という概念は、ほぼ無いのですよー。そのかわり、
『餃子× 酸辣湯or 玉米濃湯(コーンスープ)』のセットはよくあるよ
うです。コーンスープねぇ……。

こういうお店、台湾に行かれたことある方なら、見覚えあるのでは?
これ、地元の人に大人気の餃子のチェーン店で、全国で300 店舗以上
あるそう。台北歩いてても、す~ぐ出逢います。大人気ですねぇ。
ただ、あまりにありすぎて、いっつも入るチャンスを失ってました。
また今度入ればいいや~って。それに、チェーンだしね。
どこか侮ってるところありました。

それが、ついに入ったのですよ、先日! やったー!
なんでかって、お腹がいっぱい過ぎて(笑)。
台湾にいると日々おいしいものにまみれてお腹いっぱいでしてね。
でも、せっかくいるし、なにか新しいものに出逢ってみたい、という
気持ちは常にあります。そんなときこの店舗が現れ……よーくメニュー
を見ると、1個から買えるじゃありませんか、しかも5元て! なん
となく、チェーン店の気軽さで、本当に頼む数が少なくても許される
気がするじゃないですか! ちょろっと味見気分で寄って行くことに。

頼んだのは、豚肉とキャベツの『招牌水餃』2つと、
豚肉とニラの『韮菜水餃』2つと、酸辣湯(25 元)。
ちなみに『招牌』って、看板メニューという意味です。

とろんとろ~ん。野菜がシャキシャキ、豆腐がほんわり、それ
にお肉がふわんふわん。口の中がきもちいい~、あぁしあわせ。
しかもかなりの具沢山で、さらにうれしくなっちゃう。これだ
けでも買いにきたくなるくらい、おいしいです!

さぁ、水餃!
皮がつるるんで
むっちむち!
あぁなるほど、
各店舗で皮を
手作りしてルト
聞いていたけど
なるほど納得の
しあわせ食感★

めいっぱい詰まった餡は、ジューシィで食べ応えたっ
ぷり。なのに、飲込んだあとの爽やか感はなに??
コレはキケン! いくつでもイケそうです、お腹いっ
ぱいとか、一瞬で忘れました(笑)。
ちなみに、鍋貼(焼き餃子)の方は、パリッと焼き
上がるように、皮はもっと薄く作っているそう。

店内のイートインコーナーで、せっせと餡を皮に包んでい
ましたよ。なるほど、包みたてを使っているとは、おいし
いはず! チェーンなのにここまで手間暇かけて、それで
1個5元なんて。どういうことでしょうか!

これは、
コーン入りの鍋貼。

鍋貼は、細長
く仕上げていて、
焼き上がると、
パリッパリだって。

カレー味の
肉餡。

ちゃーんと
皮も黄色く。

コーンとカレーは、
鍋貼も水餃もあります。
ベジタリアンやキムチ入り、
エビ入りなど色々あるから、
通いたくなっちゃうな~♪

店舗は「歩いてればあるよ」ですませたくなるくらいよく
見かけるけど、確実に行くには、こちらのホームページで
場所をチェックしてくださいな。
【八方雲集HP】http://tw.8way.com.tw/

台湾へ行きたくなったらこちら♪→

台湾たこ焼きレサピ味?! By.とまこ

Jul. 11
Post on 2016年7月11日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 食べ物

さぁさぁ、たこ焼きの時間だよー!
台湾にも、たこ焼きがあるんだよー!
代表的なたこ焼きチェーンは『日船章魚小丸子』。
日=ジャパニーズ 船=ボート(入れ物のこと?) 章魚=タコ
小子丸=たこ焼き(マンガのちびまるこちゃんも『小子丸』だよ)
って意味ね!

結論から言いましょう。

たこ焼きとは、別物です
( ・`ω・´)キリッ
別物としておいしいです、

お好み焼きを
丸めて揚げた感じです
( ・`ω・´)キリッ

でも、世界展開してます……やるなっ!
香港、マレーシア、アメリカなどなど。
大阪の人には、是非聞いていただきたく
ない情報ですねっ(笑)。
ともあれ、作ってるところウォッチング開始~。

油をしいた型に、生地を流し入れ、
タコをいれる……同じだわ、日本と。

と、思ったあなた、違いますよ!

キャベツも入ってますよ~。

 

 

めっちゃ揚げてるやん!!
油まみれやん!!
銀ダコの比じゃないやん!!
(思わずたこ焼き愛から関西人になってしまった……)

ともあれ、
できました.


2つのうちどっちの味か聴かれましたよ~。
オリジナルじゃない方にしました。

 

んんんん?? 甘い台湾マヨネーズと、おかかと、緑の……
わさび!

 

もりもりすぎちゃうん?
つーーーーーーーんって、きました。案の定。
でも、日本のほど刺激はないから、まだ助かりましたよ。
で、たこ焼き自体の味は……
外はカリカリ!
中もカリカリ!
中もかいっ!!!!
まぁ、これはこれ.揚げものの香ばしさと、お好み焼き
みたいなしっかり生地具合といい、うん、ハオチー!
ただ、生まれも育ちも関東のわたしすら別物の認識なの
だから、大阪の方から、たこ焼き認定をもらえるかって
……無理でしょうね~(笑)!

ところで、このお店は台北にももちろんあるけど、わたしは
台中で行きました。台中では、日船章魚の前は夜市の入り口。
夜市の中を歩いてたら……

眼科で食べるアイスが超絶おいしい By.とまこ

Jun. 15
Post on 2016年6月15日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 現地情報, 食べ物

わたしはコレが好きです!最強においしいです!! はぁぁぁ......(*´ο`*) 思い出してうっとり。 アイスですけど、ただのアイスじゃございませんよ。 最強おいしいアイスですよ(しつこい)。 ここ台中だけど、このためだけにでもぜひ行きたい! ていうか、『宮原眼科』で食べるアイスです~(謎)。 訳わかんないでしょ。 その昔、実際に『宮原眼科』として使われていたゴージャ ス優雅な建物を、おいしいスイーツショップが買い取り、 改装したのですね。それがそのまま『宮原眼科』と呼ばれ、 親しまれているということです。 ここのアイスは、素材の味わいが本当によく生きていて、 食感も豊か。とろ~りツブツブかりかりシャッキリ♪ しかも、バリエーション豊富で、迷うのが楽しくて★ チョコレートの欄なんて、ひどいですよ(笑)。 『67% グラシンダ』て、『62%サティリア』て...... どこやねん! 67 って、62 って(笑)。 『キーマン紅茶、マンネンロウ、ラベンダー』とか 随分ユニークな混ぜっぷりだし、 『パッションフルーツ、シトラス、ホワイトチョコレート、 ヨーグルト』とか......やるだけやったな! 的なね(笑)。 また、3つ選べるトッピングがたまらないのです。 これもほんっと色々ありますよ、数々のケーキ、 ドライフルーツ、しょっぱいお菓子までのっけるんだから。 で、トッピングのチーズケーキがやっばい! ねっとりまろやか、ふわわわ~ん(*´ο`*) チーズケーキそのものも、売ってるから、一本まるごと むさぼりたいなぁ。要冷蔵だから持ち帰れない......(;_;) で! さらにはこの迫力ですよ!! これ、トリプル。多少底上げあり(笑)。 それにしたって巨大すぎ......! けど、おいしくって、絶対ペロリです★ ちなみにトリプルで225 元。 ほとんどの人はもっと大きいのでした。 アイスだけではなく、 チョコやクッキーな ど、お土産も秀逸。 おいしい上に、 パッケージが おしゃれすぎます! いれてくれる 紙バックもかわいい♪ ところで。 アイスを食べるときは、ぜひこちらへどうぞ★ ここは『宮原眼科』の2号店『第四信用合作社』。 歩いてすぐそこです。眼科の2 号店が銀行とはねぇ(笑)。 どちらも同じアイスはありますが、眼科は売り場メイン。 こっちはカフェメインのつくりなのですよ。 あ~ぁ、見てるだけでいい気分~♪ アンティークでゴージャスでな空間で あの絶品にふれあえるなんて....... わたしは、このためだけにでも、ぜひ台中へいきたいです! 迷うことはありません、あなたも、さぁ、さぁ~.

【宮原眼科】台中市中区中山路20 号 10:00~22:00
【第四信用合作社】台中市中区中山路72 号 10:00~22:00

 台湾へ行きたくなったらこちら♪→

台湾の朝食はやっばい★ By.とまこ

Jan. 20
Post on 2016年1月20日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 観光, 食べ物

台湾は、朝っぱらからお楽しみがいっぱい! 朝食がおいしくってバラエティー豊かって、早起きの原動力ですよね。 夜中までお楽しみのつきない街だから、さんざん夜更かしするのに。 いったいいつ寝たらいいのやら~(笑)。ともあれ。 町のその辺によくある『豆漿(=豆乳)』屋さんは、たいてい朝食タイム からやってる食堂。大好きなメニューの一部はこんな感じです。 手前はもろもろした、食べる感覚の豆乳スープ『鹹豆漿(しぇんとうじゃん)』。 大すき朝食No.1!他の何にも例られない、もろふわっとくずれる食感が病みつきます。お店ごと、だいぶ味も違うから、きっと毎朝違うお店でトライしたくなりますよ~。これはネギたっぷりのお焼きもどき。中華系の味付けとぱりさく生地がたまらない~。 パン系は本当にバリエーション豊か。甘いのしょっぱいの、焼きたていっぱいそろってます♪ 紅芋パンもありました♪ みんな大好き小籠包だって朝ごはん♪  小籠包といえば、洗練された味の有名高級店はたくさんあるけれど、 別タイル感覚で大好きです~、朝食屋さんのも。 ちなみに価格は有名店の1/2 くらいだし、ね、別物でしょ。 庶民の小籠包は、むっちり皮で肉感たっぷり、旨味が爆発するんです! おかあさんの愛情爆弾ですよ~。ぜひ、有名店だけじゃなく、台北市民がより身近に感じて愛するこっちの小籠包も味わっていただきたいです。 餃子や焼き小籠包もありますよ~。 お値段はどこでもパン系が10 元くらいから、豆漿25 元くらいから。小籠包は60 元くらいでしょうか。 『豆漿』の看板を目印に、台北の朝食 トリップも楽しんでくださいな★ 作り立ての豆漿=豆乳に、大根餅も♪台湾の朝食はやっばい★

『千と千尋の神隠し』に出てくるおいしそうすぎるぷにぷに肉まんはこれ By.とまこ

Nov. 2
Post on 2015年11月2日 カテゴリー: 食べ物

『千と千尋の神隠し』に出てくるおいしそうすぎるぷにぷに肉まんはこれ このぷるんぷるん、なんでしょう~? 『千と千尋の神隠し』の冒頭シーンで、千尋のお父さんが食べていたアレ! お父さんが夢中になってむしゃぶりついてた、ぷるんとしてよくのび~る不思議なアレ! 台湾の人が愛して止まないB級グルメ『肉圓(バーワン)』です。 『肉丸(ヨウユン)』と中国語で書いてあることもありますよ。 皮はぷるんぷるんでもっちもち。 舌触りはツルッツル♪ 中の肉餡のベースはふわ~っとやさしく、タケノコがシャックシャクでいいアクセント。 かかったタレはなったりとろんで「きもちいい」食感を全て取り入れたしあわせ満載の肉団子♪ この写真は、中国南東の離島、緑島で食べたものだけど、台湾全土で食べられます。 ほんっとに愛されてるからね。 この個性抜群の食感の皮は、米粉やキャッサバ粉からできてます。 もちろん店に寄って違った工夫があるけど、みんながめざすのはもちもちぷるん! これは台南の『福記肉圓』 作り方には地域差もあるらしく。 南の方では、肉団子を蒸籠で蒸し揚げるのが主流で、より柔らかくやさしい印象です。 北の方は蒸し上げたのをさらに油で揚げるそう。より食べ応えがあってむっちりが強調されてます。 どっちも、本当においしい!! これは台北駅前の屋台系テイクアウトのお店がいっぱい並んでるところ。 道から見て目立つのは『阿人福州包』(これもおいしい)の看板で、その奥。 (台北市中正區許昌街26號之1) 揚げていない南の味なら、東門駅すぐの人気エリア永康街にある 『府城台南清蒸肉丸』(台北市大安區永康街8號1之) はいかがでしょ?おいしいし行きやすくオススメです。 近くには『鼎泰豐』もあるから、台湾人が愛してやまない肉団子料理代表の食べ比べもいいかもです。 『千と千尋の神隠し』の導入として大切な「食欲!!」を見せ付ける、という大役をみごとに果たした肉圓。 一口食べれば「そりゃむさぼるよね~」と千尋のお父さんに大賛成したくなるはず。あなたも是非、ご体感くださいませ~!

魯肉飯礼賛 By.とまこ

Oct. 7
Post on 2015年10月7日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 食べ物

魯肉飯礼賛  台湾ごはんといえば『魯肉飯』をあげる方も多いのでは? 醤油&スパイスベースで煮込んだ、大きめカットの豚そぼろをのっけたごはん、つゆだく! みんな大好き庶民ごはん、安くて早くてすんごいおいしい丼♪ 小腹がすいたら、さぁ迷わずどうぞ的存在でしょ。 魯肉飯の名店と言われるお店ももちろんあるけど、個人的には、ここが好き。双連駅前の道端店。  駅前の朝市からすぐそこだから、おさんぽからのココで朝ごはん、というのもオススメコース。 活気いっぱいの朝市で地元の人とふれあって、野菜や果物、お惣菜などなど物色して歩いて、お腹をすかせてからおいしい魯肉飯♪ きっと前の夜も夜市で食べすぎてるはずだからそのくらいが丁度いいはずです(笑)  双連駅の2番出口を上がると、前を走る大通りは民生西路。右手に進むとすぐマクドナルドがありまして。その手前のこんなとこ。おいいい香りと、幸せな顔して食べてるたくさんの人々、赤いテーブルが目印です。  このお店との出会いはなんとなく歩いてて。お客さんがどんどん来ては、ぱっぱか食べて、さっさと帰っていく躍動感溢れる様子が目に付いてトライしたというわけです。  小さいの20元、大きいの35元って、安すぎでしょ。  肉餡いーーーーっぱい。これが1日で売れてしまうなんて、えらいこっちゃです。  う~ん甘辛~いい香り。この照りもたまりません。  ちなみに小。っていっても充分すぎる量。お茶碗山盛り一杯分。 煮玉子もつけてみました。この組み合わせ、完璧すぎ…感涙!! 肉餡がほんっとジューシィで。複雑なスパイスが上品な奥行きを演出し、甘辛い醤油ダレがまるっと全部を包み込む…脱帽。ほんっとお箸が止まりません。特に日本男児の口には200%はまるでしょ~。 これなら3セットは朝飯前ですな。あ、朝飯だけどこれ。  通勤前の、おひとりさまの男性も女性もさらっと寄っていきます。たま~に、家族連れものんびりめで食べてます。おじいも優雅な空気を醸し出しつつやってきて、いつものよろしく的なベテランオーラで注文し、うれしそうに食べてました。 きっと日々食べてるのだろうけど、毎日おいしそうに、うれしそうに、食べてるんだろうなぁ。 おじいも魯肉飯も、お店もみんないい。  旅人の特権で朝からゆっくり観察。 地元の人に愛され続けてることが存分にわかりました。 こういうお店はほんと好きです。  どうでもいいけど、席から見えた柱の影のマネキンのチラ加減がなんかツボでした…。  【魯肉飯屋さん】 台北市民生西路53

臭豆腐村に行きました。 By.とまこ

Sep. 15
Post on 2015年9月15日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 食べ物

臭豆腐村に行きました。 台湾ならではの食べ物といえば、『臭豆腐』でしょう! くっさいんです、ほんとに(笑)。名前の通り~。 せっかく台湾に訪れたなら、ちょっと勇気を出してくさくさワールドにもぐってみるのはいかがでしょ。 しかも『豆腐村=深抗老街』でどっぷりつかるのもいいのでは?! 行き方は簡単。MRTの木柵駅からタクシー(10分ほど)か駅前から発車するバスでどうぞ。 「深抗老街」と書いてみせれば降りる所を教えてもらえるはず。 ここが豆腐村となったのは最近30年くらいのこと。街の活気が無くなっていたとき、すぐそこに流れる景美渓のきれいな水に目をつけ、豆腐造がはじめられたそう。すると、ほどなくおいしさが評判となり、豆腐村としての幕があけたとか。中でも個性抜群の臭豆腐はゆうめいになったようです。豆腐村でありながら、なぜか人々の頭では「臭豆腐村」に変換されている模様であります(笑) これが老街の入り口付近。赤煉瓦の、雰囲気のいい街並なんです。 それは次回にとっておき。今回は臭豆腐の数々をどうぞ~。 老街の入り口付近には、この串刺し臭豆腐焼きやさんが何軒か。 もちろん、ちょっぴり、かおってます(笑) 表面さくさく、中はもっちり…クサッ。でも、食感に気を取られているうちに、甘辛だれと白菜&パクチーがうまいこと臭みを包みこんで、三口目には普通においしくなっているというマジック! あ、パクチー苦手な方にとっては臭ダブルですね(笑) なんならとりのぞいてください。 道をまっすぐ進むと、左手にこの看板。名前がいいので入ってみようかと。 『豆腐娘』。普通の街にそれがあったら、絹のようにつるつるした色白お肌の娘さん、だけど。ここにあると…、臭いお肌の娘さん…?!

ページトップへ