ホーム  >  トコトン楽しむ欲張り旅《台湾》  >  欲張り台湾ブログ   >   エキスパート保谷の気ままに台湾旅~真夏の台湾は○か×か?

台湾欲張りブログ

エキスパート保谷の気ままに台湾旅~真夏の台湾は○か×か?

Jul. 30
Post on 2012年7月30日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 旅のコツ, 現地情報

 

毎日暑いですね!

皆さんこんにちは。台湾エキスパート保谷早優怜です。

毎日暑いですね~!こんなに毎日暑いと、台湾はもっと暑いのでは?と、夏の台湾を敬遠する人多いですね。でも、ちょっと待って!

確かに気温や日差しは日本より暑いかもしれないのですが、真夏の他のアジア国を経験した私にとっては、実は台北はそれほどでもないというのが正直な感想です。台湾の夏はマンゴーが一番美味しい季節なので、行く価値ありです。

九ふんの阿妹茶館は8月でも窓が全開

 

真夏に九ふん、烏來、鶯歌、基隆などの台北近郊をあちこち回ったことがあります。
九ふんで有名な茶芸館(中国茶カフェ)の阿妹茶館は、真夏でもクーラーがありませんでした。大きな窓が開け放たれているだけ。その中で熱―い烏龍茶を飲むってどうなんだろう?そう思ったんですが……。

最初の1杯目は、店員さんが淹れてくれます

高台にある阿妹茶館には心地よい風が店内を吹き抜けていて、熱いお茶も美味しく感じます。とても気分が良くて……私は、時の経つのも忘れてひとりまったりとお茶の時間を楽しみました。

台北は確かに日差しは強いのですが、節電でクーラーの温度設定を緩めている日本より、クーラーを利かせる台北のほうが屋内は涼しいくらいです。それと、台北は街中に緑や街路樹があるので、そういう地域は暑さが和らぐ効果もあるんです。
それでは、ここで私、保谷が夏の台北旅行を楽しむコツを教えましょう。

 

・昼間は屋外を歩く時間を最小限に
昼間は故宮博物院とか、エステとか、台湾式シャンプー、茶藝館(中国茶カフェ)、ショッピングなどで過ごします。お寺などは早朝に出かけて、夜市が出るころは涼しくなりますから、屋台料理は夜の予定に入れれば問題なし。

 

 

・現地で強力な日傘を調達
暑いなと感じるのは大抵路上を歩いているときなので、日傘があるとだいぶ楽なんです。それも台湾で売られている、裏が銀色になっている折り畳み式UV日傘がベスト。これで日差しを遮ればだいぶ違うんですよ。現地のコンビニや駅地下などで購入できます。ただしこちらの傘、日本ではちょっと目立ちすぎて使えないかもしれません(笑)。夏はスコールが降ることもあるので、晴雨兼用傘になる傘は便利です。

 

・下着、Tシャツは多めに持参
真夏はやはり、街を歩けばぐっしょり背中に汗が……ホテルに洗濯機がある所に宿泊できればいいのですが、そんなホテルはまだまだ希少。特に、現地で買おうとするとなかなかいいものが見つからない下着は多めに持参するのがおすすめです。

ページトップへ