ホーム  >  トコトン楽しむ欲張り旅《台湾》  >  欲張り台湾ブログ   >   保谷流~台湾の人と仲良くなれるかもしれない(?)ちょっとしたコツ」その3

台湾欲張りブログ

保谷流~台湾の人と仲良くなれるかもしれない(?)ちょっとしたコツ」その3

Apr. 10
Post on 2012年4月10日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 旅のコツ

台湾エキスパートの保谷です。

こんにちは。保谷早優怜です。

前回と前々回は台湾の人と仲良くなれるかもしれない(?)ちょっとしたコツをお話ししました。
今回は、そのコツ、3つめです。

保谷流
「台湾の人と仲良くなれるかもしれない(?)ちょっとしたコツ」その3。
それは……

九份に来たら絶対食べてほしい芋圓。モチモチっとした歯ごたえと優しい甘さがたまりません!

コツその3『もしも道に迷ったら、誰かに訊いてしまおう!』

それがコツ?!

ええ、それがコツなんです(笑)。

台湾の人は、外国人に優しい。

……留学の時に先生にそう聞いて最初は半信半疑でしたが、やがてその意味がわかりました。
台湾には英語を話せる人が多いので、コミュニケーションでは尻込みしないひとが多いんです。

それにもしもあなたが日本語しか話せなくて、とっても困ってたら、どこかから日本語ができる人を連れてきてくれるかもしれない……
それが台湾の良さであり、台湾の人情味です。

数年前、ミスタードーナツを探してたときに女子高生2人組に道を尋ねたら、彼女たちはその店まで道案内をしてくれたんです。
知ってる日本語を並べて「コンニチハ。ヨロシクオネガイシマス」なんて言ってくれたり、「ドウゾ」ってポッキーをくれたりして。
そしてポッキーを3人でぽりぽり食べて話してるうちに到着! そういう思い出って、ずっと憶えているんですよね。

ちなみに、このコツを伝授した友人Kさん夫妻、早速実践したんだそう。
「保谷さんの言う通り、迷った時、近くにいた人に道を訊いたら本当に親切にしてくれました!その店まで連れて行ってくれたんですよ。
台湾の人って本当に親切ですね……。」
との報告には、すごく嬉しかったです。
あ、でも「迷ったフリ」はだめですよ!ほんとに困った時限定、のコツとして覚えててくださいね。

さて、そんな台湾の温かさに触れる本がぴあMOOKから登場しました。

タイトルは「幸せめぐり旅 台湾」

http://www.elephant-farm.com/smartphone/detail.html?id=014003000010

台湾観光大使のイケメンアイドル・飛輪海がナビゲートしています。私は4人のインタビュー記事を書きました。

こちらのガイドブックはちょっと珍しい店やオシャレな店がいっぱい載ってます。
それもそのはず、現地の人が好きな店や台湾ブロガーの間で話題になってるようなお店を調査して取材したからなんです。
もし本屋さんで見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

 

ページトップへ