ホーム  >  トコトン楽しむ欲張り旅《台湾》  >  欲張り台湾ブログ   >   平渓線十分駅で Stand by me

台湾欲張りブログ

平渓線十分駅で Stand by me

Jun. 22
Post on 2016年6月22日 カテゴリー: 台湾エキスパート, 観光

平渓線十分駅で Stand by me

台北から台鉄で東へ小一時間行くと、人気のローカル線、
『平渓線』に乗り継げる。それは三貂駅から菁桐駅をむす
んでいて、途中に十分駅があるのだけど、好きなんだ。

右側は田舎的商店街で、左側は線路。
線路の先に、さっき着いた十分駅のホームが見えてる。
て、なんかおかしいでしょ!? 撮ってるわたしの視点。
商店街の道からじゃなくて……

そうそう、ここから!
わたしは線路の上を歩いてる♬(記事最後、動画参照)

1時間に1本の電車
がくるだけの田舎路
線だから、堂々と線
路を歩いてるんだ。
まるで映画の『スタ
ンド・バイ・ミー』
でしょ~、ついつい
鼻歌でちゃう♬

日本だって田舎路線はいくら
でもある。とはいえ、こんな
のびのび、盛大に、ゴロゴロ
できなないでしょ(笑)。
だからわたしは十分が好き!
好きな理由その1。

くるっと回れ右。ホームを背にすると、
線路は単線に。そしてそこでは……

願い事を天燈に書いて
火をつけ飛ばす、お祈
りアクティビティが。
願いが叶うんだって。
わたしの数年前の
願い事はまだ
叶ってないけ
どね(笑)。


あ!     


電車来た。

逃げろ~。
てゆうか、だいぶ近づいてるけど、みんな平然(笑)。
あ、ココから撮ってる自分もか(笑)。

電車、近っっ! さわれそう!
この国、つくづく、ゆるいな~(笑)。
ていう情景が、十分を好きな理由その2。
ここにいたのは、3月頭の17 時半~18 時半くらい。
あっという間に暗くなったな~。青い空、夕焼け、うっすら闇
……いろんな様子を味わえるから、この時間帯がいいなぁ。

そろそろ戻ろうかな。
近くの『端芳』駅から
は、みんな大好き九份
へのバスが出ているか
ら、乗ろうかと思い。

いったん橋を渡って、川の向こうに、あのホームを拝んどこ。

再びの、十分駅。

先頭車両の1番前につったって。

商店街の灯りに吸い込まれてく。

十分は、毎日がお祭りみたいで、
毎日が祭の後。帰りの電車はどうも切ない。

 

 


ほんの一瞬の、十分の煌めきをぬけると、闇だった。

闇の中、闇なのに。真っ直ぐのびる線路が、かっこいい。

ちょっとくらい曲がってたって、バレないのにね。潔いな。

一瞬の村灯りから、闇へ。渋く走る平渓線を感じられるのが、
十分へのショートトリップ好きな理由のトリなんだ。

ページトップへ